Steamを運営するValveに対し集団告訴―「競争排除」とユーザー1,400万人への過大請求をしたとして | GameBusiness.jp

Steamを運営するValveに対し集団告訴―「競争排除」とユーザー1,400万人への過大請求をしたとして

ゲームをダウンロード販売するプラットフォームがパブリッシャーに課するロイヤリティの適性値はどこにあるのでしょうか。

市場 デジタル流通
(Steam 公式HPより)
  • (Steam 公式HPより)

世界最大のPCゲームダウンロード販売プラットフォーム・Steamを展開するValve Corporationが、イギリスにおいて6億5,600万ポンドの集団訴訟を受けていると、BBCが報じています。

原告であるデジタル権利運動家のVicki Shotbolt氏がロンドンの競争審判所に提出したこの訴訟は、Valveがゲームのパブリッシャーに対して他のプラットフォームでより安い価格で販売できないようにする、いわゆるプライス・パリティ義務に同意するよう「強制」し、英国の競争法に反していると主張するものです。

さらに、Steamがそれを盾にしてパブリッシャーから最大30%という大きなロイヤリティを徴収している構図が、販売されるゲームやアドオンコンテンツの高額な料金設定につながっている(英国1,400万人のSteamユーザーへの過大請求になっている)と訴えています。

Steamのロイヤリティ設定は、今回にかぎらずしばしば批判にさらされてきました。そうした声を受けてのものか、Epic Gamesが2018年から展開しているPCゲーム販売プラットフォームのEpic Gamesストアはロイヤリティが12%に設定されています。

しかし、詳細な数字は不明ながら、PCゲーム市場は今もSteamが圧倒的なシェアを誇っていると見られています。

《蚩尤》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら