ミドルウェアのニュース記事一覧 | ゲーム開発 | GameBusiness.jp

ゲーム開発 ミドルウェアニュース記事一覧

賞金総額100万円! OPTPiX SpriteStudio コンテストの開催背景とは? 画像
ゲーム開発

賞金総額100万円! OPTPiX SpriteStudio コンテストの開催背景とは?PR

『クリエイター創作活動支援プロジェクト』と冠して開催告知されたOPTPiX SpriteStudioコンテスト。突然告知された本プロジェクト、運営の皆さんに開催の背景と、その思惑を伺いました。

Genvid、インタラクティブ・ストリーミング機能搭載の新作5タイトルを発表…Huyaやドコモ・ベンチャーズなどからの資金調達も明らかに 画像
ゲーム開発

Genvid、インタラクティブ・ストリーミング機能搭載の新作5タイトルを発表…Huyaやドコモ・ベンチャーズなどからの資金調達も明らかに

Genvid Technologiesは、GDC 2020で発表予定だった新作タイトル5作品を発表しました。またHuyaなどからの資金調達も明らかになっています。

「CRI ADX LipSync」がスマホアプリ『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトスポット』に採用 画像
ゲーム開発

「CRI ADX LipSync」がスマホアプリ『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトスポット』に採用

音声データから自然なリップシンクを再現するCRI・ミドルウェアの「ADX LipSync」がバンダイナムコエンターテインメントのスマホアプリ『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトスポット』に採用されたことが明らかになりました。

カスタムシェーダーで上がる「SpriteStudio Ver.6.4」の『表現力』と『汎用性』 画像
ゲーム開発

カスタムシェーダーで上がる「SpriteStudio Ver.6.4」の『表現力』と『汎用性』PR

「SpriteStudio Ver.6.4」のカスタムシェーダーによる、表現力と汎用性の広がりについてインタビューを実施しました。

NVIDIAが物理演算エンジン新バージョン「PhysX 5.0」を発表―2020年リリース予定 画像
ゲーム開発

NVIDIAが物理演算エンジン新バージョン「PhysX 5.0」を発表―2020年リリース予定

NVIDIAはリアルタイム物理演算エンジン「PhysX」の最新バージョンとなる「PhysX 5.0」を発表しました。

音声解析ミドルウェア「CRI ADX LipSync」提供開始!CRIWAREユーザーには無償提供 画像
ゲーム開発

音声解析ミドルウェア「CRI ADX LipSync」提供開始!CRIWAREユーザーには無償提供

CRI・ミドルウェアは、音声解析リップシンクミドルウェア『CRI ADX LipSync』の提供を11月29日より開始、その詳細な提供形態を公開しました。

ShurikenとSpriteStudioを繋ぐ内製ツール!?『社長、バトルの時間です!』でのSpriteStudio採用事例 画像
ゲーム開発

ShurikenとSpriteStudioを繋ぐ内製ツール!?『社長、バトルの時間です!』でのSpriteStudio採用事例PR

プリアップパートナーズ開発の『社長、バトルの時間です!』におけるSpriteStudio採用事例に関するインタビューです。

高品質アセット制作のQuixelがEpic Gamesの一員に! ツールの無料化も予定 画像
ゲーム開発

高品質アセット制作のQuixelがEpic Gamesの一員に! ツールの無料化も予定

Epic Gamesは高品質アセットの制作で知られるスウェーデンの企業QuixelがEpic Gamesの一員となったことを発表しました。

言語や性別が変わってもリアルタイムに動く!? 最新口パク技術のスゴさに迫る【CEDEC 2019】 画像
ゲーム開発

言語や性別が変わってもリアルタイムに動く!? 最新口パク技術のスゴさに迫る【CEDEC 2019】

3Dや2Dのキャラクターに口パクをつける需要が増えています。最新のリップシンク技術はどのようになっているのか、CEDEC2019で「株式会社CRI・ミドルウェア」の技術者が解説しました。

リップシンクミドルウェア「CRI ADX LipSync」が今秋リリース―ディープラーニング活用で「CRIWARE」の新たな柱に 画像
ゲーム開発

リップシンクミドルウェア「CRI ADX LipSync」が今秋リリース―ディープラーニング活用で「CRIWARE」の新たな柱に

かけるリソースをおさえつつも、高品質なものたりえるか? VTuberや映像・アニメ業界などからも注目されています。

「OPTPiX ImageStudio 8」正式版のユーザーフィードバック~今後の展望 画像
ゲーム開発

「OPTPiX ImageStudio 8」正式版のユーザーフィードバック~今後の展望PR

画像最適化ソフトウェア「OPTPiX imésta」シリーズの最新版、「OPTPiX ImageStudio 8」が2019年8月末にリリースされました。今回は、「OPTPiX ImageStudio 8」が、どういう方針をもってアップデートしていくのか、開発者の皆さんに伺いました。

安定性は高く、コストは低く―「Alibaba Cloud」が提供するゲームソリューションの魅力【CEDEC 2019】 画像
ゲーム開発

安定性は高く、コストは低く―「Alibaba Cloud」が提供するゲームソリューションの魅力【CEDEC 2019】PR

世界最大の流通総額を誇る中国のEコマースカンパニー、アリババグループ。同社が注力しているクラウドサービス「Alibaba Cloud」が今、ゲーム業界に熱い視線を向けています。中国最大のパブリッククラウドによるゲームソリューションの魅力とは?

「SpriteStudio」ワークショップにほぼ初心者が参加してみた―最新バージョン6.4体験記【CEDEC2019】 画像
ゲーム開発

「SpriteStudio」ワークショップにほぼ初心者が参加してみた―最新バージョン6.4体験記【CEDEC2019】

SpriteStudio最新バージョン6.4が体験ワーキングショップに登場したので取材を敢行しました。ほぼ初心者の筆者はうまく操作できるのでしょうか?

CRIの楽曲解析ミドルウェア「BEATWIZ」に大型アップデート―高精度な自動採譜など実現 画像
ゲーム開発

CRIの楽曲解析ミドルウェア「BEATWIZ」に大型アップデート―高精度な自動採譜など実現

CRI・ミドルウェアの楽曲解析ミドルウェア「BEATWIZ(ビートウィズ)」が大型アップデートを実施。「高精度な自動採譜」「情感あふれる楽譜の出力」等の機能が新たに追加されました。

「Live2D」って何なんですか?何ができるんですか?率直な疑問に答えてもらいました 画像
ゲーム開発

「Live2D」って何なんですか?何ができるんですか?率直な疑問に答えてもらいましたPR

我々がよく目にする「Live2D」について、もっと知ってみましょう!

汎用グラフィック拡張DLL「ReShade」向けレイトレーシングシェーダーのベータ版が登場!より容易にアクセス可能に 画像
ゲーム開発

汎用グラフィック拡張DLL「ReShade」向けレイトレーシングシェーダーのベータ版が登場!より容易にアクセス可能に

グラフィック拡張DLL「ReShade」向けのレイトレーシングシェーダーのベータ版が登場。あのゲームもこれで簡単にレイトレーシング対応!?

“ゲーム制作をより気軽に”の想いから生まれたコラボレーション・『アクションゲームツクールMV』でのSpriteStudio採用事例 画像
ゲーム開発

“ゲーム制作をより気軽に”の想いから生まれたコラボレーション・『アクションゲームツクールMV』でのSpriteStudio採用事例PR

本稿では、『アクションゲームツクールMV』の主要開発メンバーおよび、「SpriteStudio」開発元のウェブテクノロジ社のスタッフにお話を伺います。

CRI、自然な口の動き方を自動生成するリップシンクミドルウェア「CRI ADX LipSync」をCEDECセッションにて紹介 画像
その他

CRI、自然な口の動き方を自動生成するリップシンクミドルウェア「CRI ADX LipSync」をCEDECセッションにて紹介

CRI・ミドルウェアは「CEDEC 2019」で音声データから自動で自然な口の動きを生成する音声解析リップシンクミドルウェア「CRI ADX LipSync」についてのセッションを行うと発表しました。

『テトリス エフェクト』の感動的なサウンド演出はいかにして生み出されたか?共感覚体験の創出を目指すエンハンスを支えるWwiseの技術 画像
ゲーム開発

『テトリス エフェクト』の感動的なサウンド演出はいかにして生み出されたか?共感覚体験の創出を目指すエンハンスを支えるWwiseの技術PR

『テトリス エフェクト』のサウンド演出を題材としながら、制作コンセプトやWwiseによる実装手法について、CEDEC 2019基調講演も務める水口哲也氏とサウンドディレクター武藤昇氏にそのこだわりと制作の裏側をお聞きしました。

これからは4Kがスタンダードになる―シリコンスタジオが語る「Stadia」へのミドルウェア対応【GTMF 2019】 画像
ゲーム開発

これからは4Kがスタンダードになる―シリコンスタジオが語る「Stadia」へのミドルウェア対応【GTMF 2019】PR

本稿では、シリコンスタジオのミドルウェア技術部部長・辻俊晶氏によるセッション「ミドルウェアのGoogle Stadia対応について」のレポートをお届けします。

  • 161件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ