ミドルウェアのニュース記事一覧 | ゲーム開発 | GameBusiness.jp

ゲーム開発 ミドルウェアニュース記事一覧

ブラウザゲームで転送量削減!「enza」でのSmartJPEG導入事例 画像
ゲーム開発

ブラウザゲームで転送量削減!「enza」でのSmartJPEG導入事例PR

ブラウザだけでゲームが遊べる注目のプラットフォーム「enza」で株式会社バンダイナムコエンターテインメントが提供するブラウザゲーム『クイーンズブレイド WHITE TRIANGLE』。本作に、『OPTPiX SmartJPEG』が活用されているとのことで、お話をお伺いしました。

ゲーム開発者の力は「面白さ」を高めるためにある―「サーバー開発・運用をしないゲーム開発」セッションレポ【GTMF 2019】 画像
ゲーム開発

ゲーム開発者の力は「面白さ」を高めるためにある―「サーバー開発・運用をしないゲーム開発」セッションレポ【GTMF 2019】

Game Server Servicesは、7月12日に都内の秋葉原で開催された「GTMF 2019」のセッション「Game Server Services ではじめる サーバー開発運用しないゲーム開発」のレポートをお届けします。

Azureとモノビットエンジンによるクラウド活用―「マイクロソフト×モノビット」合同セッションレポ【GTMF 2019】 画像
ゲーム開発

Azureとモノビットエンジンによるクラウド活用―「マイクロソフト×モノビット」合同セッションレポ【GTMF 2019】

モノビットエンジンと日本マイクロソフトは、都内の秋葉原で開催されたGTMF 2019にて共同セッションを行いました。このセッションは、マイクロソフトとモノビットエンジンの合同もの。セッションのレポートをお届けします。

「UE4 Editor」と「ADX2」で拡がるサウンドデザインの可能性…新機能も語られたセッションレポ【GTMF 2019】 画像
ゲーム開発

「UE4 Editor」と「ADX2」で拡がるサウンドデザインの可能性…新機能も語られたセッションレポ【GTMF 2019】

CRI・ミドルウェアは、都内の秋葉原で開催された「Game Tools & Middleware Forum」にて「CRIWARE 最新情報 ~UE4 Editor × ADX2で加速するサウンドデザイン~」のセッションを実施しました。最新版が語られたセッションのレポートをお届けします。

jsonスクリプトでユーザーデータを活用。『なめこシリーズ』でのSpriteStudio利用事例 画像
ゲーム開発

jsonスクリプトでユーザーデータを活用。『なめこシリーズ』でのSpriteStudio利用事例PR

『なめこ』シリーズにOPTPiX SpriteStudio が採用されているのをご存知でしょうか。今回は、『なめこシリーズ』のアニメータのお二方に、SpriteStudioとの出会い、そして現在の関係についてお話を伺います。

UnityがニンテンドースイッチのVRゴーグルToy-Conに対応―Unityで対応ゲームが開発可能に 画像
ゲーム開発

UnityがニンテンドースイッチのVRゴーグルToy-Conに対応―Unityで対応ゲームが開発可能に

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、ニンテンドースイッチの「Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit」のVRゴーグルToy-Conをゲームエンジン「Unity」でサポートすると発表しました。

「GTMF2019」事前登録受付スタート―アプリ・ゲーム業界向け開発&運営ソリューションイベントが今年も開催 画像
その他

「GTMF2019」事前登録受付スタート―アプリ・ゲーム業界向け開発&運営ソリューションイベントが今年も開催

アプリ・ゲーム業界向け開発&運営ソリューション総合イベント「Game Tools & Middleware Forum」(以下、GTMF)を運営するGTMF運営委員会は、「GTMF2019」の事前来場者登録受付を本日5月27日より開始しました。

サーヴァント総数240騎、音源数約40,000個!『FGO』のサウンドを支える「CRI ADX2」と効果音収録スタジオを初公開 画像
ゲーム開発

サーヴァント総数240騎、音源数約40,000個!『FGO』のサウンドを支える「CRI ADX2」と効果音収録スタジオを初公開PR

『FGO』のサウンドを形作るフォーリースタジオを本稿にて初公開。更に、ディライトワークス サウンド部にて活用されるミドルウェア「(*)CRI ADX2」の使用感を訊きました。

惚れ込んだアートをSpriteStudioで!東方Project二次創作『3rd eye』 画像
ゲーム開発

惚れ込んだアートをSpriteStudioで!東方Project二次創作『3rd eye』PR

インディーズゲームの原点、同人ゲームとして最も歴史あるムーブメント『東方Project』。今回は、SpriteStudioの採用事例として、その『東方』を題材にしたモチーフにした、ちょっとコミカルな2Dホラーゲーム『3rd eye』を、SpriteStudio採用事例としてご紹介します。

CRI、東京工科大学で「CRI ADX2」の実践演習を取り入れたゲーム開発授業を開講 画像
ゲーム開発

CRI、東京工科大学で「CRI ADX2」の実践演習を取り入れたゲーム開発授業を開講

CRI・ミドルウェアは、学校法人片柳学園 東京工科大学において、サウンドミドルウェア「CRI ADXR2」の実践演習を取り入れたゲーム開発の授業を開講することを発表しました。同学校のメディア学部の授業として開講し、CRI社員が講師を務めます。

CRI、企画からマルチ展開までサポートする「ゲーム開発支援ワンストップソリューション」にミドルウェアを提供 画像
ゲーム開発

CRI、企画からマルチ展開までサポートする「ゲーム開発支援ワンストップソリューション」にミドルウェアを提供

CRI、「ゲーム開発支援ワンストップソリューション」にミドルウェアの提供を行います。

CRI Sofdec2とOPTPiX imestaの併用で容量半分!『マギアレコード』の導入事例 画像
ゲーム開発

CRI Sofdec2とOPTPiX imestaの併用で容量半分!『マギアレコード』の導入事例PR

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』は2019年1月の大幅アップデートにおいて、アプリケーションサイズと転送量の大幅な削減に成功。その成功を陰ながら支えることができた CRI Sofdec(R)2 、OPTPiX imesta(R)7 の導入レポートをお送りいたします。

OPTPiX SpriteStudio で作るユニークな試合演出 …『ビーナスイレブンびびっど!』における導入事例 画像
ゲーム開発

OPTPiX SpriteStudio で作るユニークな試合演出 …『ビーナスイレブンびびっど!』における導入事例PR

『ビーナスイレブンびびっど!』のサッカーという枠ではとらえきれない時もあるユニークな演出の数々が「OPTPiX SpriteStudio」でどのように生み出されているのか、アメージングの皆さんにお話を伺いました。

「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く 画像
ゲーム開発

「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊くPR

今回は、アトラスとINSPIONに、 『キャサリン』サウンドの目指したコンセプトと到達地点、そしてサウンド実装の根幹を 支えたミドルウェア「CRI ADX2」について訊いていきます。

『Bloodstained: Ritual of the Night』Mac/Linux版の発売が中止、ミドルウェア/オンラインの対応難しく 画像
マネタイズ

『Bloodstained: Ritual of the Night』Mac/Linux版の発売が中止、ミドルウェア/オンラインの対応難しく

五十嵐孝司氏が手がける新作アクションゲーム『Bloodstained: Ritual of the Night』の開発報告にて、Mac/Linuxへの対応が中止となったことが発表されました。

After EffectsからSpriteStudioへコンバート!? 映像制作会社ならではの SpriteStudio利用事例 画像
ゲーム開発

After EffectsからSpriteStudioへコンバート!? 映像制作会社ならではの SpriteStudio利用事例PR

IMAGICA Lab.は、言わずと知れた映像ポストプロダクションスタジオ。モバイルゲーム向けのエフェクト制作に「Adobe After Effects」と「OPTPiX SpriteStudio」の合わせ技のワークフローを開発したと聞き、開発体制とAEのゲーム事業での活用方法についてお話を伺いました。

インディーズでもスムーズなネットワーク環境を―『モグモグガンガン』の8人同時対戦を支えるモノビットエンジン開発事例 画像
ゲーム開発

インディーズでもスムーズなネットワーク環境を―『モグモグガンガン』の8人同時対戦を支えるモノビットエンジン開発事例PR

12月14日発売『モグモグガンガン』を事例に、マルチプレイにおけるネットワーク周りを「モノビットエンジン」でどう実装したのか伺うべく、アロービットゲームスタジオ代表 奥谷氏とプログラマを務める伊藤氏にインタビューを行いました。

NVIDIA、物理シミュレーションエンジン「PhysX」をオープンソース化ー小規模ゲームでの採用にも期待 画像
ゲーム開発

NVIDIA、物理シミュレーションエンジン「PhysX」をオープンソース化ー小規模ゲームでの採用にも期待

NVIDIAは、同社の制作する、物理シミュレーションエンジン「PhysX」の4.0を高知し、SDKバージョン3.4をオープンソース化したことを発表しました。

Unity、ハイクオリティなマルチプレイヤーFPSのサンプルを無料公開 画像
ゲーム開発

Unity、ハイクオリティなマルチプレイヤーFPSのサンプルを無料公開

ゲームエンジン「Unity」で知られるUnity Technologiesは、同エンジン向けのサンプルプロジェクトとして、マルチプレイヤーFPSのサンプルを無料公開しました。

「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に 画像
ゲーム開発

「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開にPR

CRI・ミドルウェアが提供している技術や製品、サービスの総称として知られている「CRIWARE(シーアールアイウェア)」。同社のソフトウェアを採用しているゲームやアプリが今年6月の時点で4,400件を突破するなど、その影響の大きさは計り知れません。

  • 140件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ