GameBusiness.jp

トップニュース

HOT TOPICS

e-Sports

最新ニュース

もっと見る
いま生まれ変わる“仙台のゲーム業界”―地元に根差した企業代表者5人による座談会 画像
産業政策

いま生まれ変わる“仙台のゲーム業界”―地元に根差した企業代表者5人による座談会

大都市圏と地方との間にあらゆる“格差”が存在するゲーム業界。そんななかで“地方を盛り上げよう”という動きが活発化しています。本稿では仙台のゲーム会社から5人のキーマンをお呼びし、仙台ゲーム業界の変化を語ってもらいました。

コナミと欧州サッカー連盟のライセンス契約が終了へ―『ウイニングイレブン』に影響か 画像
企業動向

コナミと欧州サッカー連盟のライセンス契約が終了へ―『ウイニングイレブン』に影響か

UEFA(欧州サッカー連盟)は、コナミと10年間に渡り行っていたライセンス契約を終了することを発表しています。

PC版『マインクラフト』マルウェア入りスキン問題にアップデート対応、メタデータが予め削除されるように 画像
その他

PC版『マインクラフト』マルウェア入りスキン問題にアップデート対応、メタデータが予め削除されるように

Mojangは、先日報道された『マインクラフト』ユーザーを狙ったマルウェア問題についてコメントを発表し、アップデートによる対策を施したことを伝えました。

ロシアでTwitch/Steam/Twitterなど一部がアクセス遮断対象に―暗号化チャットの禁止余波か 画像
産業政策

ロシアでTwitch/Steam/Twitterなど一部がアクセス遮断対象に―暗号化チャットの禁止余波か

ロシアにて大規模に行われたIPブロッキングの余波を受け、ストリーミング配信大手のTwitchや、ゲーム販売サービスSteam、有名SNSのTwitterなどが大きな影響を受けているとユーザーによって報告されています。

「BitSummit Volume 6」全出展者86組が決定―世界から252組もの応募 画像
ゲーム開発

「BitSummit Volume 6」全出展者86組が決定―世界から252組もの応募

日本インディペンデント・ゲーム協会は、5月12日(土)、13日(日)に、京都市勧業館「みやこめっせ」にて行われるインディーゲームの祭典「BitSummit Volume 6」の出展者を決定しました。

マイクロソフトは「GDC 2018」でなぜ“Azure”を推したのか 画像
特集

マイクロソフトは「GDC 2018」でなぜ“Azure”を推したのか

「ダンジョンズ&ドラゴンズ」ゲイリー・ガイギャックス未発表作品のビデオゲーム化計画が進行中 画像
ゲーム開発

「ダンジョンズ&ドラゴンズ」ゲイリー・ガイギャックス未発表作品のビデオゲーム化計画が進行中

「ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)」クリエイター ゲイリー・ガイギャックス氏の子息であるアレックス・ガイギャックス氏は、「D&D」のビデオゲーム化を目指したクラウドファンディングキャンペーンを実施予定であると明かしました。

米Amazonの商品が日本円購入/国内配送可能になる新サービス、専用アプリに追加 画像
企業動向

米Amazonの商品が日本円購入/国内配送可能になる新サービス、専用アプリに追加

Amazonは、同社が配信するiOS/Android向けモバイルアプリにおいて、各国の通貨で米Amazonの商品を購入、自国へ配送可能になるアップデートを配信したことを発表しました。

SNK、“新たなゲーム機”の登場を予告! NEOGEOの人気タイトルを収録 画像
企業動向

SNK、“新たなゲーム機”の登場を予告! NEOGEOの人気タイトルを収録

SNKの公式Twitterアカウントにて、新たなゲーム機に関する発表が行われました。

LINEがビデオ通話を用いた対戦ゲームサービス「Face Play」を提供スタート 画像
ゲーム開発

LINEがビデオ通話を用いた対戦ゲームサービス「Face Play」を提供スタート

LINEは4月18日、コミュニケーションアプリLINE上でビデオ通話時に利用できる対戦ゲーム「Face Play」を無料で提供開始したと発表しました。

ゲームジャーナリスト小野憲史氏が「ゲームクリエイター育成会議」シリーズを刊行 画像
市場

ゲームジャーナリスト小野憲史氏が「ゲームクリエイター育成会議」シリーズを刊行

ゲーム専門学校非常勤講師でもある小野憲史氏は、今後のゲーム開発者教育の手引きとなるような冊子「ゲームクリエイター育成会議」をシリーズで刊行すると発表しました。

モノビット、「バーチャルキャスト」に「モノビットエンジン」を提供…通信エンジンや「VR Voice Chat」など 画像
ゲーム開発

モノビット、「バーチャルキャスト」に「モノビットエンジン」を提供…通信エンジンや「VR Voice Chat」など

4月16日、モノビットはVRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」にリアルタイム通信エンジン「Monobit Unity Networking 2.0」と「VR Voice Chat 2.0」を提供していることを発表しました。

PC版『マインクラフト』にPNG形式のスキンを装ったマルウェアが流行中ー既に約5万人の感染が確認済 画像
その他

PC版『マインクラフト』にPNG形式のスキンを装ったマルウェアが流行中ー既に約5万人の感染が確認済

コンピュータウィルス対策ソフトを開発するAvastは、Mojang開発の『マインクラフト』ユーザーを狙ったマルウェアが流行中であることを明らかにしました。

発売間近の新作『BATTLETECH』機体デザイン訴訟に決着―原作ゲームへの訴訟は継続 画像
その他

発売間近の新作『BATTLETECH』機体デザイン訴訟に決着―原作ゲームへの訴訟は継続

Paradox Interactiveから発売予定の、Harebrained Schemesが手がける有名ボードゲームを原作としたシミュレーションRPG『BATTLETECH』。同作の機体デザインを巡り提起されていた訴訟が棄却されました。

Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊く 画像
ゲーム開発

Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊くPR

「GDC 2018」にて、3つのブースを出展したマイクロソフト。中でも異彩を放ったのは、クラウドサービスである「Azure」のブースでした。なぜ、Xboxではなくクラウドを推したのか。その裏側に迫ります。

エクシヴィ近藤義仁氏とGugenka(R)三上昌史氏が語るバーチャルSHOWROOMER「東雲めぐ」爆誕のうらがわ―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第50回 画像
ゲーム開発

エクシヴィ近藤義仁氏とGugenka(R)三上昌史氏が語るバーチャルSHOWROOMER「東雲めぐ」爆誕のうらがわ―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第50回

昨年末あたりから、急激に話題になり、現在まで様々なシーンを沸かしているバーチャルYoutuber。

膨大なキャラデータを一括管理―ミクシィ・XFLAGスタジオが「SHOTGUN」を使う理由 画像
特集

膨大なキャラデータを一括管理―ミクシィ・XFLAGスタジオが「SHOTGUN」を使う理由

ドワンゴ、VR向け3Dアバターファイル形式「VRM」をオープンソースで公開 画像
ゲーム開発

ドワンゴ、VR向け3Dアバターファイル形式「VRM」をオープンソースで公開

ドワンゴは4月16日、VR向け3Dアバターファイル形式「VRM」の提供を開始しました。「VRM」はプラットフォーム共通のファイル形式で、対応している全てのアプリケーション上で同じ3Dモデル・アバターを利用することができます。

PS4版『CoD: WWII』賞金総額1,000万円のプロ対抗戦が開催決定―JeSU認定のプロライセンス所有チームが激突 画像
文化

PS4版『CoD: WWII』賞金総額1,000万円のプロ対抗戦が開催決定―JeSU認定のプロライセンス所有チームが激突

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、PS4『コール オブ デューティ ワールドウォーII』のプロ対抗戦を4月21日より半年間に渡り開催すると発表しました。

【インタビュー】シリコンスタジオが魅了させるハイエンドなユーザー体験とは 画像
ゲーム開発

【インタビュー】シリコンスタジオが魅了させるハイエンドなユーザー体験とは

大阪(6月27日)と東京(7月13日)で、今年も開催を予定しているGTMF2018(Game Tools & Middleware Forum 2018)では、多くのアプリ・ゲーム業界向け開発・運営ソリューションの会社が一堂に会し、ブースの展示やさまざまなセッションが予定されています。

元Crystal Dynamics代表がMicrosoft Studiosに移籍、E3 2018で詳細を発表へ 画像
企業動向

元Crystal Dynamics代表がMicrosoft Studiosに移籍、E3 2018で詳細を発表へ

Crystal Dynamicsの代表やActivisionのシニアVP/開発部門代表として活動していたDarrell Gallagher氏が、Microsoft Studiosに移籍したことが明らかになりました。

GoogleとCyArkが協力、複数の歴史的建造物の3Dスキャンデータを公開へ―非営利のデータ利用も可能 画像
企業動向

GoogleとCyArkが協力、複数の歴史的建造物の3Dスキャンデータを公開へ―非営利のデータ利用も可能

Googleは、世界の遺跡の3Dライブラリー化を行う非営利団体CyArkと協力して、18カ国にまたがる27遺跡の3Dデータコレクション「Open Heritage」を公開開始しています。

最新ニュースをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら