GameBusiness.jp

トップニュース

HOT TOPICS

e-Sports

最新ニュース

もっと見る
GOG.com、『ひぐらしのなく頃に』など一部ノベル/美少女ゲームの取扱開始―「パッチ形式」も容認 画像
市場

GOG.com、『ひぐらしのなく頃に』など一部ノベル/美少女ゲームの取扱開始―「パッチ形式」も容認

CD Projektが運営する、様々なゲームのDRMフリー販売プラットフォーム、GOG.comは、MangaGamer及びSekai Projectとのパートナーシップを発表、両者のパブリッシングする美少女ゲームタイトルなどの取扱を開始しました。

VTuber用モデル制作をサポート!クラスター×Makuakeが始動する『サンジゲンカProject』を代表者2人が語る 画像
企業動向

VTuber用モデル制作をサポート!クラスター×Makuakeが始動する『サンジゲンカProject』を代表者2人が語る

2018年5月22日に日本最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ))を運営するマクアケが、バーチャルイベントプラットフォーム「cluster.」を運営するクラスターと連携を取り、クラウドファンディングを通じてバーチャルYouTuberの3Dモデル化をサポート…

Valve、美少女ゲームの一斉削除告知を一時保留“見直し”―果たして騒動の結末は 画像
市場

Valve、美少女ゲームの一斉削除告知を一時保留“見直し”―果たして騒動の結末は

先日お伝えした、Valveによる“美少女ゲーム”を中心としたタイトルのSteamからの一斉削除告知。対象となったデベロッパーにより、この決定が一旦見直しとなったことが報告されています。

『#コンパス』の世界観を陰で支えるダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart V」-本作のクリエイター二人にその重要度を訊いた! 画像
ゲーム開発

『#コンパス』の世界観を陰で支えるダイナフォント年間ライセンス「DynaSmart V」-本作のクリエイター二人にその重要度を訊いた!PR

ユーザーと情報の橋渡しとなる存在として、ゲーム制作に欠かすことのできない「フォント」。そのフォントの重要性を知るNHN PlayArtの現役クリエイターにインタビューを実施し、その選定方法やライセンス周りについて話してもらいました。

『Paladins Strike』スプラッシュアートに『オーバーウォッチ』の画像を使用? 海外ユーザーが指摘 画像
その他

『Paladins Strike』スプラッシュアートに『オーバーウォッチ』の画像を使用? 海外ユーザーが指摘

ヒーローシューター『Paladins』のモバイル版として開発されたMOBAゲーム『Paladins Strike』ですが、本作のスプラッシュアートに『オーバーウォッチ』の画像が使用されていることが海外ユーザーによって発見されました。

『#コンパス』の世界を陰で支える“ダイナフォント”とは 画像
特集

『#コンパス』の世界を陰で支える“ダイナフォント”とは

賞金総額約110億円の『フォートナイト バトルロイヤル』公式e-Sports大会が海外向けに発表 画像
文化

賞金総額約110億円の『フォートナイト バトルロイヤル』公式e-Sports大会が海外向けに発表

Epic Gamesは、賞金総額が1億ドルに上る『フォートナイト バトルロイヤル』公式e-Sportsイベントの開催をアナウンスしました。

『Call of Duty: Black Ops 4』キャンペーン非搭載は今後も同様とは限らない―海外インタビュー 画像
ゲーム開発

『Call of Duty: Black Ops 4』キャンペーン非搭載は今後も同様とは限らない―海外インタビュー

『Call of Duty』シリーズ最新作『Call of Duty: Black Ops 4』。同作に非搭載となるシングルプレイヤーキャンペーンについて、TreyarchのシニアプロデューサーYale Miller氏が海外インタビューに答えています。

いつでもどこでもWii U体験?海外ユーザーが“ウェアラブルWii U”を作成―フードにはプロジェクターが 画像
文化

いつでもどこでもWii U体験?海外ユーザーが“ウェアラブルWii U”を作成―フードにはプロジェクターが

任天堂のハード「Wii U」。すっかりスイッチへと移行した感もある同ハードですが、海外のあるユーザーが同機に驚くべき改造を施したようです。

テンセント、無料ハクスラ『Path of Exile』開発元の株式80%を取得―Pay to Win化は否定 画像
企業動向

テンセント、無料ハクスラ『Path of Exile』開発元の株式80%を取得―Pay to Win化は否定

中国の大手企業で、ゲームパブリッシャーとしても知られるテンセントは、『Path of Exile』などで知られるGrinding Gear Gamesの株式を取得しました。

DeToNatorの『オーバーウォッチ』部門が活動休止―代表・江尻氏が声明を発表 画像
文化

DeToNatorの『オーバーウォッチ』部門が活動休止―代表・江尻氏が声明を発表

プロゲーミングチーム・DETONATOR代表の江尻勝氏は、同チームのOverwatch部門の活動休止を発表しました。

圧倒的恐怖を手元に、手軽にースイッチ版『バイオハザード7』クラウドバージョン発表 画像
企業動向

圧倒的恐怖を手元に、手軽にースイッチ版『バイオハザード7』クラウドバージョン発表

カプコンは、『バイオハザード7 レジデント イービル』のクラウドバージョンをニンテンドースイッチ向けに発表しました。

PS4版発売日が遂に発表!『ファイヤープロレスリング ワールド』松本総監督に訊く
ゲーム開発

PS4版発売日が遂に発表!『ファイヤープロレスリング ワールド』松本総監督に訊く"4ヶ月近い沈黙の真実"とは……

ついに発売日が発表された、スパイク・チュンソフトの人気プロレスゲーム最新作『ファイヤープロレスリング ワールド』PS4版。Game*Sparkでは総監督である松本朋幸氏にインタビューを再び実施。その様子をお届け致します。

『白き鋼鉄のX』『Bloodstained』2大発表を行ったインティ・クリエイツ會津社長インタビュー!『ガンヴォルト3』の話題も?【BitSummit Vol.6】 画像
ゲーム開発

『白き鋼鉄のX』『Bloodstained』2大発表を行ったインティ・クリエイツ會津社長インタビュー!『ガンヴォルト3』の話題も?【BitSummit Vol.6】

2018年5月12日から13日にかけて京都市勧業館・みやこめっせにて開催された「BitSummit Vol.6」。Game*Sparkでは、『白き鋼鉄のイクス』、『Bloodstained: Curse of the Moon』の発表を行ったインティ・クリエイツにインタビューを実施しました。

アーケード版『Halo: Fireteam Raven』が海外発表ー130インチの4Kスクリーンで迫力の4人協力プレイ! 画像
ゲーム開発

アーケード版『Halo: Fireteam Raven』が海外発表ー130インチの4Kスクリーンで迫力の4人協力プレイ!

343 Industriesは、『Halo』シリーズのアーケード版作品『Halo: Fireteam Raven』を海外向けに発表しています。

『オーバーウォッチ』ピンクマーシーに大反響!乳がん募金の総額が約11億円に到達 画像
文化

『オーバーウォッチ』ピンクマーシーに大反響!乳がん募金の総額が約11億円に到達

Blizzard Entertainmentが先日『オーバーウォッチ』にて開催した募金キャンペーンの寄付金総額が公式SNSから報告されています。

マイクロソフトは「GDC 2018」でなぜ“Azure”を推したのか 画像
特集

マイクロソフトは「GDC 2018」でなぜ“Azure”を推したのか

NDCを続ける理由と、ゲーム開発にかける想い―ネクソンCEO・オーウェン氏インタビュー 画像
ゲーム開発

NDCを続ける理由と、ゲーム開発にかける想い―ネクソンCEO・オーウェン氏インタビュー

ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー氏にインタビューを実施。オーウェン氏、そしてネクソンが常に意識している「業界にイノベーションをもたらす」という目標。そのうえで、NDCというイベントはどの様に機能しているのか、ネクソンのトップに直接伺います。

復活の『S.T.A.L.K.E.R. 2』偽公式サイトにご用心…GSC Game Worldが注意喚起 画像
その他

復活の『S.T.A.L.K.E.R. 2』偽公式サイトにご用心…GSC Game Worldが注意喚起

ついに開発再開が発表されたFPS『S.T.A.L.K.E.R. 2』の偽サイトが登場しているとGSC Game Worldが注意喚起を行っています。

「BitSummit Volume 6」総来場者数が発表―10,740人と過去最高に! 画像
その他

「BitSummit Volume 6」総来場者数が発表―10,740人と過去最高に!

JIGAは、5月12日~13日に、京都市勧業館「みやこめっせ」にて行われたインディーゲームの祭典「BitSummit Volume 6」の総来場者数を発表しました。

AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来 画像
その他

AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

BitSummit 2日目、『がんばれ森川君2号』でもお馴染みの森川幸人氏に“ゲームとAIの未来”についてインタビューを行いました。プレイステーション初期からAIを活用したゲームを世に送り出してきた森川氏の頭の中にはどのような未来が広がっているのでしょうか。

Valve、3マッチパズル『HuniePop』に対しSteamからの削除を告知―「ポルノコンテンツのガイドラインに反しているため」【UPDATE】 画像
市場

Valve、3マッチパズル『HuniePop』に対しSteamからの削除を告知―「ポルノコンテンツのガイドラインに反しているため」【UPDATE】

3マッチパズル『HuniePop』などで知られるインディーデベロッパーHuniePotは、同作がValveよりストアからの削除を行う旨の告知を受けたと発表しました。

最新ニュースをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら