業績のニュース記事一覧 | 企業動向 | GameBusiness.jp

企業動向 業績ニュース記事一覧

デジタル売上高の好調は“DL専用ソフトの充実”・“追加コンテンツの販売”・“オンラインサービスの収益”─任天堂、決算説明会の質疑応答を公開 画像
企業動向

デジタル売上高の好調は“DL専用ソフトの充実”・“追加コンテンツの販売”・“オンラインサービスの収益”─任天堂、決算説明会の質疑応答を公開

任天堂は、2019年度 第80期(2020年3月期) 第2四半期決算説明会の質疑応答を公開しました。

任天堂、2020年3月期 第2四半期決算を公開─『夢をみる島』313万本に『風花雪月』229万本などミリオン連発、為替差損の影響で経常利益・純利益は減少 画像
企業動向

任天堂、2020年3月期 第2四半期決算を公開─『夢をみる島』313万本に『風花雪月』229万本などミリオン連発、為替差損の影響で経常利益・純利益は減少

任天堂は、2020年3月期 第2四半期決算を発表しました。

『バトルフィールド』新作は2021年4月以降に―投資家向け資料より 画像
企業動向

『バトルフィールド』新作は2021年4月以降に―投資家向け資料より

しばらくは太平洋での戦いが続きそうです。

カプコン、2020年3月期第2四半期決算を発表―『モンハン:アイスボーン』が全世界280万本を出荷し、収益向上のけん引役を果たす 画像
企業動向

カプコン、2020年3月期第2四半期決算を発表―『モンハン:アイスボーン』が全世界280万本を出荷し、収益向上のけん引役を果たす

カプコンは、2020年3月期第2四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年9月30日)を公開しました。

『ゴーストリコン ブレイクポイント』はなぜ想定を下回る収益だったのか?投資家向け資料で要因を分析 画像
ゲーム開発

『ゴーストリコン ブレイクポイント』はなぜ想定を下回る収益だったのか?投資家向け資料で要因を分析

以後、ライブサービス型タイトルの続編はもっとリリース間隔を空けるとのこと。

ユービーアイソフト、『ウォッチドッグス レギオン』含む3タイトルをリリース延期へ―2019年度財務目標の下方修正発表にて 画像
企業動向

ユービーアイソフト、『ウォッチドッグス レギオン』含む3タイトルをリリース延期へ―2019年度財務目標の下方修正発表にて

ユービーアイソフトが『ウォッチドッグス レギオン』など複数タイトルの延期を発表。『ゴーストリコン ブレイクポイント』などの業績下方修正に伴うもの。

カプコン、2020年3月期第1四半期決算を発表―リピートタイトルの貢献により第1四半期決算として過去最高を記録 画像
企業動向

カプコン、2020年3月期第1四半期決算を発表―リピートタイトルの貢献により第1四半期決算として過去最高を記録

カプコンは、2020年3月期第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)を、本日8月1日に発表しました。

PS4の販売台数が1億台を突破!ソフトのDL販売がパッケージを上回る―ソニー20年1Q決算は減益で通期も減収予想 画像
企業動向

PS4の販売台数が1億台を突破!ソフトのDL販売がパッケージを上回る―ソニー20年1Q決算は減益で通期も減収予想

ゲーム&ネットワークサービス分野は、為替の影響もあり減収減益となりました。PS4の販売予想も引き下げられたものの、決算資料から1億台の大台を突破していることが明らかになっています。

任天堂、2020年3月期 第1四半期決算を公開─スイッチのハード・ソフト販売数が前年同期を上回るも、純利益などは減少 画像
企業動向

任天堂、2020年3月期 第1四半期決算を公開─スイッチのハード・ソフト販売数が前年同期を上回るも、純利益などは減少

任天堂は、2020年3月期 第1四半期決算を発表しました。

任天堂、株主総会の質疑応答を公開─噂になったニンテンドースイッチの新型や、ゲーム業界に参入する企業との提携方針などについて回答 画像
企業動向

任天堂、株主総会の質疑応答を公開─噂になったニンテンドースイッチの新型や、ゲーム業界に参入する企業との提携方針などについて回答

任天堂は、第79期定時株主総会を6月27日に実施。その際に行われた質疑応答の要旨を、このたび公開しました。

PS4『ゴッド・オブ・ウォー』販売本数1,000万本突破! 画像
企業動向

PS4『ゴッド・オブ・ウォー』販売本数1,000万本突破!

ソニーは2019年5月21日に行った経営方針説明会および「IR DAY」の発表においてPlayStation 4で発売された『ゴッド・オブ・ウォー』が1,000万本を売り上げたことを明らかにしました。

コーエーテクモホールディングス、2019年3月期は過去最高の業績に―『DOA6』売上は35万本以上 画像
企業動向

コーエーテクモホールディングス、2019年3月期は過去最高の業績に―『DOA6』売上は35万本以上

コーエーテクモホールディングスは、2019年3月期の決算概要を公開しました。

enish、2019年第1四半期の決算は3億9800万円の純損失…売上高27%減の減収減益 画像
企業動向

enish、2019年第1四半期の決算は3億9800万円の純損失…売上高27%減の減収減益

enishは、2019年12月期1Qの決算を発表しました。

アカツキ、2019年3月期決算は売上28%増、営業利益29%増の増収増益 画像
企業動向

アカツキ、2019年3月期決算は売上28%増、営業利益29%増の増収増益

アカツキは、2019年3月期の決算を発表しました。

任天堂、2019年3月期決算も好調に推移─『スマブラSP』1,381万本などハード・ソフト共に順調、当期のミリオンセラーは16本 画像
企業動向

任天堂、2019年3月期決算も好調に推移─『スマブラSP』1,381万本などハード・ソフト共に順調、当期のミリオンセラーは16本

任天堂は、2019年3月期決算を発表しました。

LINE、2019年第1四半期決算は純損失103億円…ゲーム関連売上は前年比で増収 画像
企業動向

LINE、2019年第1四半期決算は純損失103億円…ゲーム関連売上は前年比で増収

LINEは、2019年第1四半期の連結決算を発表しました。売上高は553億2300万円(前年同期比13.5%増)、営業利益は78億9200万円の赤字(前年同期12億円の黒字)、純損失103億1400万円(同44億の赤字)となっています。

サイバーエージェント、2019年第2四半期決算は純利益74%減…ゲーム事業は増収減益 画像
企業動向

サイバーエージェント、2019年第2四半期決算は純利益74%減…ゲーム事業は増収減益

サイバーエージェントは、2019年第2四半期の連結決算を発表しました。売上高は2,281億8400万円(前年同期比10%増)、営業利益は139億4900万円(同29.3%減)、最終利益は10億8700万円(同74.4%減)となっています。

Twitter Japan、2018年12月期の決算は3億3600万の純利益 画像
企業動向

Twitter Japan、2018年12月期の決算は3億3600万の純利益

Twitter Japanは、2018年12月期の決算公告を官報を通じて発表しました。

ミラティブ、第1期となる2018年12月期決算は5億6700万円の純損失 画像
企業動向

ミラティブ、第1期となる2018年12月期決算は5億6700万円の純損失

ミラティブは、第1期の決算公告を官報を通じて発表しました。決算公告によると、第1期となる2018年12月期決算は、当期純損失が5億6700万円となっています。

CDPRがオフィシャルストアの展開を予告!詳細は近日 画像
企業動向

CDPRがオフィシャルストアの展開を予告!詳細は近日

『サイバーパンク2077』や『ウィッチャー』シリーズなどで知られるCD Projekt Redは、Twitterアカウントから公式グッズなどを扱うオフィシャルストアをオープンすると予告しました。

  • 124件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ