地方のニュース記事一覧 | 産業政策 | GameBusiness.jp

産業政策 地方ニュース記事一覧

いま生まれ変わる“仙台のゲーム業界”―地元に根差した企業代表者5人による座談会 画像
産業政策

いま生まれ変わる“仙台のゲーム業界”―地元に根差した企業代表者5人による座談会

大都市圏と地方との間にあらゆる“格差”が存在するゲーム業界。そんななかで“地方を盛り上げよう”という動きが活発化しています。本稿では仙台のゲーム会社から5人のキーマンをお呼びし、仙台ゲーム業界の変化を語ってもらいました。

バンダイナムコアミューズメントが地域密着型の人事制度を開始ー23都道府県から33名が新たに正社員登用済み 画像
企業動向

バンダイナムコアミューズメントが地域密着型の人事制度を開始ー23都道府県から33名が新たに正社員登用済み

バンダイナムコアミューズメントは新しい人事制度を新設し、初年度となる2018年4月1日付で23都道府県から33名の正社員を登用したと発表しました。

高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す 画像
産業政策

高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す

3月22日、高知県は歴史を中心とした観光博覧会「志国高知 幕末維新博」の第二幕として、地域活性プロジェクト「平成の海援隊」を記者会見にて発表。ゲーム、玩具など多様なジャンルの企業・団体と連携し、新たな地域活性につなげていくというもの。

佐賀県「ピカチュウの巨大人文字」がギネス世界記録に認定―ダイジェスト映像を公開 画像
産業政策

佐賀県「ピカチュウの巨大人文字」がギネス世界記録に認定―ダイジェスト映像を公開

佐賀県は、地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の一環として「ニャース気球佐賀襲来!~気球の街でサガせ!ロケット団員1000万人!!~」を実施しました。

鳥取の『ポケモンGO』、経済効果18億円、参加者は約9万人に 画像
産業政策

鳥取の『ポケモンGO』、経済効果18億円、参加者は約9万人に

鳥取県は30日、鳥取砂丘などで11月24~26日に開催したスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の成果や課題を話し合う会議を開き、経済効果が約18億円に上ったと明らかにしました。

位置情報ビッグデータを分析、観光事業へ利用―コロプラ、KDDI、ANA総研 画像
産業政策

位置情報ビッグデータを分析、観光事業へ利用―コロプラ、KDDI、ANA総研

コロプラは、KDDI、ANA総合研究所(以下ANA総研)と共同で、位置情報ビッグデータを用いた多摩地域の観光動態調査および観光地域づくりの検討を開始したと発表しました。

初のリアルタイムVR企業訪問で働き方改革―OFF TOKYO MEETUP2017 画像
産業政策

初のリアルタイムVR企業訪問で働き方改革―OFF TOKYO MEETUP2017

11月11日開催予定の「OFF TOKYO MEETUP2017」にてシビレは、NTTドコモが研究開発するVRライブ配信を利用し「リアルタイムVR企業訪問」を国内史上初の実証実験を行うと発表しました。

「行政事業レビュー」参考人にナイアンティック日本法人社長が起用 画像
産業政策

「行政事業レビュー」参考人にナイアンティック日本法人社長が起用

政府は、『ポケモンGO』の開発・運営会社であるナイアンティック日本法人の村井説人社長を、国家予算・国家事業の成果・事業資金の流れなどを点検する、「行政事業レビュー」の公開検証の参考人に起用する方針を決めました。読売新聞などが報じています。

神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など 画像
産業政策

神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

神戸市は、日本全国で爆発的にユーザーが増加しているスマートフォンゲーム『ポケモンGO』の対応について発表しました。

タイトー、VR観光体験ができるバーチャルトリップページ 「アイラブオオサキ」リリース 画像
産業政策

タイトー、VR観光体験ができるバーチャルトリップページ 「アイラブオオサキ」リリース

株式会社タイトーは、宮城県大崎地域との「大崎地域の観光振興を目的とする相互連携に関する協定」に基づき、VRを用いた360度映像・画像により、臨場感あふれる観光体験ができるバーチャル トリップサイト「アイラブオオサキ」を本日リリースしました。

仙台市ら、東北の学生を対象にアプリ開発コンテスト「第2回仙台アプリコンテストDA・TE・APPS! 2016」を開催 画像
産業政策

仙台市ら、東北の学生を対象にアプリ開発コンテスト「第2回仙台アプリコンテストDA・TE・APPS! 2016」を開催

宮城県仙台市とグローバルラボ仙台、仙台アプリコンテストDA・TE・APPS!実行委員会が、東北の学生を対象にアプリ開発コンテスト「第2回仙台アプリコンテストDA・TE・APPS! 2016」を開催する。

フロム・ソフトウェア、新たな開発拠点として「福岡スタジオ」を開設 画像
企業動向

フロム・ソフトウェア、新たな開発拠点として「福岡スタジオ」を開設

フロム・ソフトウェアは、新たな開発拠点の一つとなる「フロム・ソフトウェア 福岡スタジオ」の開設を発表しました。

「Ingressで地域振興」、成功のカギを握るのは? 画像
産業政策

「Ingressで地域振興」、成功のカギを握るのは?

米Googleの社内スタートアップであったNiantic Labs(ナイアンティックラボ)が開発・運営してきたスマホ向け位置情報ゲーム『Ingress』(以下、イングレス)。2012年11月にベータ版の運用を開始し、2013年10月から誰でもが遊べるゲームとして正式公開された。

北海道美唄市、VRを活用した観光情報を提供開始 画像
産業政策

北海道美唄市、VRを活用した観光情報を提供開始

北海道美唄市が、VRで同市の観光情報を案内する簡易VRゴーグル用アプリ「VR観光体験~北海道美唄市~」をリリースした。開発はタオソフトウェア株式会社が担当している。ダウンロードは無料。

  • 14件中 1 - 14 件を表示