リストラのニュース記事一覧 | 企業動向 | GameBusiness.jp

企業動向 リストラニュース記事一覧

Runic Gamesが親会社意向で閉鎖へ―「ゲームをサービスとして運営するため」 画像
企業動向

Runic Gamesが親会社意向で閉鎖へ―「ゲームをサービスとして運営するため」

中国のパブリッシャーPerfect Worldは、同社傘下のデベロッパーで『Torchlight』、『Hob』で知られるRunic Gamesを閉鎖したことを発表しています。

Visceral元開発者『Dead Space 2』の失敗を語る―400万本販売も「十分ではなかった」 画像
ゲーム開発

Visceral元開発者『Dead Space 2』の失敗を語る―400万本販売も「十分ではなかった」

先日、閉鎖が明らかとなったElectronic Artsの開発スタジオVisceral Gamesですが、元スタッフのZach Wilson氏が2011年に発売された『Dead Space 2』の失敗を語りました。

エレクトロニック・アーツ、Visceral Gamesスタジオを閉鎖―『Dead Space』シリーズなど開発 画像
企業動向

エレクトロニック・アーツ、Visceral Gamesスタジオを閉鎖―『Dead Space』シリーズなど開発

エレクトロニック・アーツは、Visceral Gamesによって開発が進行していた、『スター・ウォーズ』関連の新作未発表タイトルについてのアナウンスの中で、同スタジオが閉鎖したことを発表しています。

『セインツロウ』『エージェンツ オブ メイヘム』開発のVolitionが大幅レイオフ―セールス不振が背景か…海外報道 画像
企業動向

『セインツロウ』『エージェンツ オブ メイヘム』開発のVolitionが大幅レイオフ―セールス不振が背景か…海外報道

海外メディアKotakuは、オープンワールドアクション『エージェンツ オブ メイヘム(Agents of Mayhem)』『セインツロウ』などで知られるVolitionが、従業員200人中30人ほどのレイオフを実施したと報じています。

スクエニ、『Hitman』『ケイン&リンチ』開発元IO Interactiveから撤退方針 画像
企業動向

スクエニ、『Hitman』『ケイン&リンチ』開発元IO Interactiveから撤退方針

スクウェア・エニックスは、5月11日付で公開した平成29年3月期連結決算にて、同社完全子会社のデベロッパーIO Interactiveの事業から撤退すると発表しました。

Crytek上海スタジオが閉鎖か、数ヶ月間の「給与未払い」に従業員から激しいコメントも 画像
企業動向

Crytek上海スタジオが閉鎖か、数ヶ月間の「給与未払い」に従業員から激しいコメントも

海外アナリストより、Crytek上海スタジオの危機的な経営状況にまつわる新たな報告が届いています。

ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中 画像
企業動向

ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

3億4,000万円の負債をかかえて、倒産していたことが明らかになった、ゲーム開発会社のディンゴ。

株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』 画像
企業動向

株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

株式会社ディンゴが倒産したと東京データバンクが報じました。

Crytekにて更なるレイオフが実施―ゲームとテクノロジーの開発に注力するため 画像
企業動向

Crytekにて更なるレイオフが実施―ゲームとテクノロジーの開発に注力するため

『Crysis』シリーズや「CRYENGINE」で知られるCrytekは、12月に発表されたビジネス戦略の変更を受けて、フランクフルトスタジオの15名の従業員をレイオフしたことを発表しています。

Guerrilla Cambridgeが閉鎖へ―『RIGS』『Killzone: Mercenary』手がけたSIE子会社 画像
企業動向

Guerrilla Cambridgeが閉鎖へ―『RIGS』『Killzone: Mercenary』手がけたSIE子会社

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、『RIGS Machine Combat League(リグス マシン・コンバット・リーグ)』や『Killzone: Mercenary』を手掛けた欧州スタジオGuerrilla Cambridgeを閉鎖することを、複数の海外サイトを通して発表しています。

Crytekが次々スタジオを閉鎖―『Warface』IP売却の噂も 画像
企業動向

Crytekが次々スタジオを閉鎖―『Warface』IP売却の噂も

『Crysis』や初代『Far Cry』の開発、そして『Star Citizen』などに用いられているミドルウェア“CRYENGINE”で知られるCrytekが、経営するスタジオの内、フランクフルトとキエフ以外のスタジオを閉鎖した、と発表しています。

マイクロソフト、フィーチャーフォン事業を鴻海の子会社などに売却 画像
企業動向

マイクロソフト、フィーチャーフォン事業を鴻海の子会社などに売却

マイクロソフトは現地時間18日、フィーチャーフォン事業をFIH MobileとHMD Globalに売却する契約を結んだと発表した。売却額は3億5,000万米ドルで、2016年下半期に取引は完了する見通し。

SCE、『DRIVECLUB』のEvolution Studiosを閉鎖―17年の歴史に幕 画像
企業動向

SCE、『DRIVECLUB』のEvolution Studiosを閉鎖―17年の歴史に幕

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PS4向けレーシングゲーム『DRIVECLUB』や『MotorStorm』シリーズの開発を手掛けた英国のゲーム開発会社Evolution Studiosの閉鎖をアナウンスしました。

『スーパーロボット大戦』『魔装機神』を手がけたウィンキーソフトが自己破産申請、負債額は2億5千万円 画像
企業動向

『スーパーロボット大戦』『魔装機神』を手がけたウィンキーソフトが自己破産申請、負債額は2億5千万円

ウィンキーソフトが、11月10日に事業を停止して自己破産申請の準備に入っていたと帝国データバンクが報じました。

『Overlord: Fellowship of Evil』の開発を手掛けたコードマスターズのマルタスタジオが閉鎖 画像
企業動向

『Overlord: Fellowship of Evil』の開発を手掛けたコードマスターズのマルタスタジオが閉鎖

『DiRT』や『GRiD』などレースゲームを中心に展開している英国のCodemasters。海外メディアEurogamerの報告から、Codemastersのマルタスタジオが閉鎖されたことが明らかとなりました。

『Angry Birds』のRovioが人員削減へ―業務スリム化を狙い最大39%解雇予定 画像
企業動向

『Angry Birds』のRovioが人員削減へ―業務スリム化を狙い最大39%解雇予定

人気モバイル向けパズルゲーム『Angry Birds』で知られるRovioは、世界各地に在籍する全従業員のうち最大260人を解雇する方針であると明かしました。全体の39%に及ぶ人員削減になる可能性があるようです。

復讐の赤ずきん『Woolfe』を手がけたGriNが破産―Kickstarter報酬の切手代も払えず 画像
企業動向

復讐の赤ずきん『Woolfe』を手がけたGriNが破産―Kickstarter報酬の切手代も払えず

童話「赤ずきんちゃん」をベースにダークな復讐劇を描くアクションゲームとして、今年3月にリリースされた『Woolfe - The Red Hood Diaries』ですが、デベロッパーのGriN Gamestudioは公式ブログにおいて、資金難による破産とスタジオの閉鎖を発表しました。

グリー、米国法人で30%のスタッフをレイオフ 画像
企業動向

グリー、米国法人で30%のスタッフをレイオフ

VentureBeatは、グリーの米国法人GREE Internationalが30%のスタッフをレイオフしたと報じました。同社COOのAndrew Sheppard氏もこの報道を確認したとのこと。

米マイクロソフトが7800人の大規模レイオフ・・・携帯事業のスマート化狙いか 画像
企業動向

米マイクロソフトが7800人の大規模レイオフ・・・携帯事業のスマート化狙いか

米マイクロソフトが、7800人にものぼる大規模なレイオフを行うと海外メディアが報じています。

ゲームロフト、ニューヨークスタジオを閉鎖し約100名をレイオフ 画像
企業動向

ゲームロフト、ニューヨークスタジオを閉鎖し約100名をレイオフ

Gamesutraなどが報じたところによれば、モバイルゲームパブリッシャーのゲームロフトはニューヨークのスタジオを閉鎖し、約100名のスタッフをレイオフしたとのこと。同スタジオでは『Siegefall & Dungeon Hunter』などのゲームが開発されてきたとのこと。

  • 20件中 1 - 20 件を表示