ゲーム開発ニュース|GameBusiness.jp

ゲーム開発

「A 5th of BitSummit」ステージタイムテーブル/追加ステージ情報発表! 画像
その他

「A 5th of BitSummit」ステージタイムテーブル/追加ステージ情報発表!

日本インディペンデント・ゲーム協会は、5月20日から21日まで、京都市勧業館みやこめっせにて行われるインディーゲームの祭典「A 5th of BitSummit」のタイムテーブルと追加ステージ情報を発表しました。

MSが『スケイルバウンド』の商標更新―開発再開の噂 画像
ゲーム開発

MSが『スケイルバウンド』の商標更新―開発再開の噂

今年1月に開発中止が伝えられたプラチナゲームズのXbox One/Windows 10向けアクションRPG『Scalebound(スケイルバウンド)』ですが、Microsoftが5月初めに本作の商標を更新していたことが明らかとなりました。

Vive新型ヘッドセットが発表、「Daydream」採用の完全ワイヤレス仕様 画像
ゲーム開発

Vive新型ヘッドセットが発表、「Daydream」採用の完全ワイヤレス仕様

Googleは自社カンファレンスイベント「Google I/O 2017」を通して、VRプラットフォーム「Daydream」を利用したVive開発の新型スタンドアローンヘッドセットを発表しました。

「A 5th of BitSummit」会場情報&追加登壇者が公開―SUDA51氏、吉田修平氏、乃一文香氏など 画像
ゲーム開発

「A 5th of BitSummit」会場情報&追加登壇者が公開―SUDA51氏、吉田修平氏、乃一文香氏など

一般社団法人日本インディペンデント・ゲーム協会は、2017年5月20日~21日にかけて京都市勧業館「みやこめっせ」にて開催されるインディーゲームの祭典「A 5th of BitSummit」の会場レイアウトと追加ステージ情報を発表しました。

特撮体感VR 大怪獣カプドンの開発に見る、カジュアルなアトラクション系VRとカプコンが目指すアトラクション系VRの今後の展望―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第47回 画像
ゲーム開発

特撮体感VR 大怪獣カプドンの開発に見る、カジュアルなアトラクション系VRとカプコンが目指すアトラクション系VRの今後の展望―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第47回

2016年からアーケードシーンにVR設備が続々と投入されるようになりましたが、その中でも往年の怪獣モノのワンシーンを彷彿とさせるような作品が話題となりました。それがカプコンによる『特撮体感VR 大怪獣カプドン』(以下、『カプドン』)です。

マイクロソフト、VR/MR向けコントローラーを発表―本体セットで399ドルの低価格、開発キット予約も開始 画像
市場

マイクロソフト、VR/MR向けコントローラーを発表―本体セットで399ドルの低価格、開発キット予約も開始

マイクロソフトは、2017年5月10日より開催中の“Microsoft Build 2017”にて、2017年のホリデーシーズンに発売予定のAcer社VR/MRヘッドセット向けのコントローラーを発表しました。

「Project Scorpio」発売スケジュールは問題無し―MSスペンサー氏語る 画像
ゲーム開発

「Project Scorpio」発売スケジュールは問題無し―MSスペンサー氏語る

Microsoftより2017年ホリデーシーズンに発売予定のハイエンド機「Project Scorpio」。Xbox部門のトップ、フィル・スペンサー氏は、同機の発売スケジュールについて言及しています。

「手と指」でゲームが操作できるウェアラブルグローブが登場! PC/iOS/Androidに対応 画像
ゲーム開発

「手と指」でゲームが操作できるウェアラブルグローブが登場! PC/iOS/Androidに対応

DISCOVER株式会社は、CaptoGlove社の「手と指」で、ゲームをリモートコントロールできるウェアラブルグローブ「CaptoGlove」を、動画ショッピングサイトDISCOVERにて発売を開始しました。

「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定 画像
ゲーム開発

「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

5月10日から14日にかけて開催予定の大型複合ゲームイベント「TOKYO SANDBOX 2017」ですが、開催期間中に行われる基調講演に、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇決定が新たに発表されました。

【NDC2017】『オーバーウォッチ』ヒーローの制作過程とテクニカルアートが明かされた大人気セッション 画像
ゲーム開発

【NDC2017】『オーバーウォッチ』ヒーローの制作過程とテクニカルアートが明かされた大人気セッション

Blizzard Entertainmentのテクニカルアーティスト、イ・ハクソン氏による「『オーバーウォッチ』のヒーロー制作過程及びテクニカルアート」のセッションのレポートをお届けします。

「ゲームクラウドアワード2017」結果発表―「GMOアプリクラウド」が6年連続最優秀賞、「IBM Bluemix Infrastructure」にも高い評価 画像
ゲーム開発

「ゲームクラウドアワード2017」結果発表―「GMOアプリクラウド」が6年連続最優秀賞、「IBM Bluemix Infrastructure」にも高い評価

ゲームや関連アプリの運用に最適なホスティングサービスを表彰するために、株式会社イードの運営するゲームメディア「GameBusiness.jp」などで調査を実施した「ゲームクラウドアワード2017」。その受賞結果を発表いたします。

次世代ゲームエンジン「Xenko」リリース―上位モデル無料キャンペーンも 画像
ゲーム開発

次世代ゲームエンジン「Xenko」リリース―上位モデル無料キャンペーンも

シリコンスタジオは、ゲームエンジン「Xenko」を4月25日にリリースしたと発表しました。

家庭用ゲームとVRコンテンツの臨界点【Re:エンタメ創世記】 画像
ゲーム開発

家庭用ゲームとVRコンテンツの臨界点【Re:エンタメ創世記】

3月29日から31日までカリフォルニア州サンノゼ市にてSVVR2017というイベントに出展と見学をしてきました。

そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定 画像
ゲーム開発

そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

5月10日~5月14日に開催されるTOKYO SANDBOX 2017にて、エルシャダイの生みの親である竹安佐和記氏が登壇することが決定しました。

ユービーアイ、仏/独に新スタジオ設立―未発表大作にも参加か 画像
企業動向

ユービーアイ、仏/独に新スタジオ設立―未発表大作にも参加か

Ubisoftは、フランス・ボルドーと、ドイツ・ベルリンに新スタジオを設立した、と海外向けに発表しました。

【VRLA2017】取り上げきれなかった注目株なVRタイトル、ソリューションを一挙に紹介 画像
ゲーム開発

【VRLA2017】取り上げきれなかった注目株なVRタイトル、ソリューションを一挙に紹介

14日、15日とロサンゼルスのコンベンションセンターで開催されたVirtual Reality Los Angeles(VRLA)は今年で3回目ながら、170を超える多数の出展者が集まりました。既に幾つか紹介してきましたが、本記事では取り上げきれなかったブースを少しずつ紹介します。

【VRLA2017】Radiant Imagesのブースでは360度映像の撮影機材が多数展示 画像
ゲーム開発

【VRLA2017】Radiant Imagesのブースでは360度映像の撮影機材が多数展示

ロサンゼルスを拠点とし、同地の映画産業のデジタル化を支えてきた、映像制作技術や環境の提供者であり、カメラのレンタルハウスであるRadiant Imagesは、VRの撮影機材やリグの提供でも先駆けています。

VR内で触感を再現する新デバイス研究が公開―電気筋肉刺激で触れる感覚を再現 画像
ゲーム開発

VR内で触感を再現する新デバイス研究が公開―電気筋肉刺激で触れる感覚を再現

様々な企業や関係機関により研究が進むVR内の触覚再現システム。新たにドイツ・ポツダムのHasso Plattner Instituteによって電気筋肉刺激(EMS)を用いたデバイスの研究が発表されています。

【VRLA2017】本物さながらのATVを操るVRモーションライド『Iron Torq』を体験 画像
ゲーム開発

【VRLA2017】本物さながらのATVを操るVRモーションライド『Iron Torq』を体験

会場でひときわ目立つド派手なブース、3D Live Axo社が開発した『Ion Torq』というVRモーションライドシューターは、フルサイズのATVが2台置かれており、2人プレイヤー同士でロケットランチャーを打ち合いながら、障害を乗り越えていき、先にゴールを目指すという内容。

【VRLA2017】スミソニアン美術館をVRで再現したら? 世界の知を進化させるインテルとの取り組み 画像
ゲーム開発

【VRLA2017】スミソニアン美術館をVRで再現したら? 世界の知を進化させるインテルとの取り組み

スミソニアンアメリカ美術館(SAAM)とインテルが共同で展開した、同美術館の東棟2階をVRならでの表現で再現しようという意欲的なプロジェクトをVRLAの会場でも体験することができましたのでレポートします。

もっと見る