アクセスランキング | GameBusiness.jp

ニュースアクセスランキング

最新ランキング1〜10位

  1. ゲームも舞台も好調のマーベラスが打つ次の一手・・・マーベラス中山晴喜会長インタビュー 画像
    1

    ゲームも舞台も好調のマーベラスが打つ次の一手・・・マーベラス中山晴喜会長インタビュー

    企業動向

    ゲームや音楽・映像事業だけでなく、ミュージカル『テニスの王子様』をはじめとした漫画やアニメ、ゲームを原作とした2.5次元ミュージカルでライブ・エンターテイメントの世界でも躍進を続けるマーベラス。

  2. イラストがそのまま動く「Live2D」―その誕生のきっかけや話題の「FaceRig」に迫る 画像
    2

    イラストがそのまま動く「Live2D」―その誕生のきっかけや話題の「FaceRig」に迫る

    ゲーム開発

    2Dのイラストが自由自在に動く。それは、まさに魔法のような言葉です。イラストや漫画を描いた経験がある方ならば、自分のキャラクターがイキイキと動く様を見てみたいと思ったことがあっても何ら不思議ではありません。

  3. 【CEDEC 2009】入力デバイスの革新〜タッチインターフェイスの未来 画像
    3

    【CEDEC 2009】入力デバイスの革新〜タッチインターフェイスの未来

    その他

    タッチインターフェースの先には、何があるのでしょうか?

  4. レベルファイブ主催のゲームコンテスト「ゲーコン2000」、企画部門を新設 画像
    4

    レベルファイブ主催のゲームコンテスト「ゲーコン2000」、企画部門を新設

    その他

    レベルファイブが開催するゲームコンテスト「ゲーコン2000」は、新たに「ゲーム企画部門」を開設したことを発表しました。

  5. ゲームの再生事業を手掛けるマイネット、東証マザーズへ新規上場 画像
    5

    ゲームの再生事業を手掛けるマイネット、東証マザーズへ新規上場

    企業動向

    東京証券取引所はマイネットの東証マザーズへの上場を承認したと発表しました。上場日は12月21日。

  6. Steamコントローラ、非Steamゲームを正式サポートへ 画像
    6

    Steamコントローラ、非Steamゲームを正式サポートへ

    ゲーム開発

    11月に北米で発売されたValve製ゲームパッド「Steamコントローラ」。12月10日にSteamストアページが更新され、非Steamゲームを正式にサポートすることが明らかになりました。

  7. 『Game of War』を開発するMachine Zoneの元社員、同社の企業秘密を盗み国外へ 画像
    7

    『Game of War』を開発するMachine Zoneの元社員、同社の企業秘密を盗み国外へ

    その他

    Machine Zoneが手がけるiOS/Android向けの人気ストラテジーゲーム『Game of War』。本作の企業秘密を盗み、国外に持ち出そうとした罪で、同社の元従業員が逮捕されたと複数の海外メディアが伝えています。

  8. ゲームデベロッパーが「LTV」を最大化する6つの方法 画像
    8

    ゲームデベロッパーが「LTV」を最大化する6つの方法

    ゲーム開発

    LTV(Lifetime Value:顧客生涯価値)は、ゲームの収益性を正しく判断するための指標であり、予算の使い方やリテンションマーケティング(ユーザーの継続率向上)の方法、リエンゲージメント戦略(休眠ユーザーの復帰)などを考える際の参考になります。

  9. RovioがCEO交代を発表 日本カントリーディレクターも及川克己氏に交代 画像
    9

    RovioがCEO交代を発表 日本カントリーディレクターも及川克己氏に交代

    その他

    人気ゲームアプリ「 Angry Birds 」シリーズを提供するフィンランドの Rovio が、同社CEOのMikael Hed氏が来年1月に辞任すると発表した。後任には同社現CCOのPekka Rantala氏が就任する。

  10. Intel、韓国のAR企業Olaworksを買収 画像
    10

    Intel、韓国のAR企業Olaworksを買収

    その他

    韓国のIT系ニュースサイト「 bloter.net 」が伝えるところによれば、米Intelが韓国のAR(拡張現実)企業「 Olaworks 」を買収したという。

最新ランキング11〜20位

  1. 「SteamVR Home」に他Steamゲームとのコラボアイテム導入が発表!―仮想空間の装飾などに利用可能 画像
    11

    「SteamVR Home」に他Steamゲームとのコラボアイテム導入が発表!―仮想空間の装飾などに利用可能

    ゲーム開発

    先日ベータが開始されたSteamVR向け仮想空間機能「SteamVR Home」ですが、ValveはいくつかのSteam配信VRゲームとコラボした、コレクティブルアイテムの導入を発表しました。

  2. ナムコ、米国シカゴ郊外に『パックマン』モチーフの大型複合エンタメ施設「Level 257」をオープン 画像
    12

    ナムコ、米国シカゴ郊外に『パックマン』モチーフの大型複合エンタメ施設「Level 257」をオープン

    その他

    ナムコは、米国イリノイ州のシャンバーグに『パックマン』をモチーフにした複合エンターテインメント施設「Level 257(Two Fifty Seven)」を、2015年初頭にオープンすると発表しました。

  3. Rocksteady Studios、アイドスも引き続き25.1%の株式を保持・・・『Batman Arkham Asylum』開発元 画像
    13

    Rocksteady Studios、アイドスも引き続き25.1%の株式を保持・・・『Batman Arkham Asylum』開発元

    その他

    本日午前中に、ワーナーブロスが『Batman Arkham Asylum』の開発元であるRocksteady Studiosを買収したとお伝えしましたが、 Develop が報じたところによれば、スクウェア・エニックス傘下のアイドス・インタラクティブも同社の株式を25.1%取得したということです。

  4. 【CEDEC 2015】シームレスマップが実現したゲーム史上最大級のオープンワールド/モノリスソフト『ゼノブレイドクロス』の開発秘話 画像
    14

    【CEDEC 2015】シームレスマップが実現したゲーム史上最大級のオープンワールド/モノリスソフト『ゼノブレイドクロス』の開発秘話

    ゲーム開発

    真に新しいモノを作るときは、初心にもどってトライ&エラーを続けるしかない・・・。CEDEC2015「ゼノブレイドクロスのシームレスマップのワークフロー」で、モノリスソフトの稲葉道彦氏は、開発をこのように振り返りました。

  5. nanapiの投稿を促す仕組み・・・「世界を面白くするGamification」第62回 画像
    15

    nanapiの投稿を促す仕組み・・・「世界を面白くするGamification」第62回

    その他

    先日、 Webマーケティングリレーセミナー にて 株式会社nanapi代表取締役のけんすうこと古川さん とパネルディスカッションの機会を頂きました。最初に僕の方からゲーミフィケーションに関する概要説明をした後にパネルディスカッションという流れだったのですが、古川

  6. 『Angry Birds 2』、早くも1000万ダウンロードを突破 画像
    16

    『Angry Birds 2』、早くも1000万ダウンロードを突破

    市場

    フィンランドのRovio Entertainmentが、同社の看板タイトルである人気ゲームアプリ「Angry Birds」シリーズの最新作『Angry Birds 2』のダウンロード数が早くも1000万件を突破したと発表した。リリースからわずか3日での達成となった。

  7. RPG開発を掲げ人材を募集するトイロジック―その社風に迫る 画像
    17

    RPG開発を掲げ人材を募集するトイロジック―その社風に迫る

    企業動向

    公式サイトで「大作RPGや次世代マルチプレイアクションを手がける開発スタッフ」を募集中というトイロジック。業界をあげてスマホシフトが進む中で、同社は『Happy Wars』をはじめコンソールに注力する数少ない開発会社です。

  8. マーケティングに次世代のソリューションを―ネクストマーケティングがスマホゲームに特化した2つの新サービスを発表 画像
    18

    マーケティングに次世代のソリューションを―ネクストマーケティングがスマホゲームに特化した2つの新サービスを発表

    市場

    4月26日、株式会社ネクストマーケティングは「Next Marketing Summit 2017 Spring」を開催。スマートフォンゲームのマーケティングをテーマに取り上げた様々な講演が行われ、マーケッターを中心に800人以上が集まりました。

  9. USJの任天堂エリアには『マリオカート』のアトラクションが登場!イメージ映像も公開 画像
    19

    USJの任天堂エリアには『マリオカート』のアトラクションが登場!イメージ映像も公開

    その他

    株式会社ユー・エス・ジェイは、テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」に開設する「SUPER NINTENDO WORLD」の情報を公開しています。

  10. 国内学生向け『LoL』コミュニティ支援プログラム「LeagueU」を新たにスタート 画像
    20

    国内学生向け『LoL』コミュニティ支援プログラム「LeagueU」を新たにスタート

    文化

    人気MOBA『リーグ・オブ・レジェンド』の運営元であるライアットゲームズは、国内学生向けのLoLコミュニティ支援プログラムを一新し、新たなプログラムとして「LeagueU」を3月21日よりスタートしました。

最新ランキング21〜30位

  1. 21

    eSportsドキュメンタリー番組「格闘ゲームに生きる」5月放送・・・WOWOWで

    文化

    WOWOWは、世界規模で人気が拡大している、ビデオゲームの対戦によるスポーツ競技“e-Sports”(エレクトロニック・スポーツ)のプロ選手に迫ったドキュメンタリー「格闘ゲームに生きる」を、5月14日にWOWOWプライムで放送します。

  2. 22

    ハムスターがUPLの権利を取得、『忍者くん』『ぺんぎんくんWARS』『宇宙戦艦ゴモラ』など

    企業動向

    株式会社ハムスターは、UPLのゲームなどに関する権利を取得したと発表しました。

  3. 23

    ヒューマンアカデミー東京・大阪で『ストリートファイターV』クリエイターが開発秘話を語る

    その他

    ヒューマンアカデミーは、『ストリートファイターV』をテーマとしたスペシャルイベントを開催します。

  4. 24

    スマートアプリ、豊橋技術科学大学と産学共同研究を開始

    その他

    スマートフォン向けのアプリ・コンテンツのアグリゲーション事業を展開する 株式会社スマートアプリ が、愛知県豊橋市の 豊橋技術科学大学 と共同で機械学習や自然言語処理などを活用した人工知能型アグリゲーション技術の研究を開始すると発表した。

  5. 25

    Scaleform4.1で可能になるユニティとの連携とは ― オートデスク社インタビュー

    その他

    FlashでUIを作成できるソリューションとして赤丸急上昇中の「Schaleform」。本紙でも何度か機能をレポートしています。そのSchaleformが近く4.1にバージョンアップし、ユニティと連携することが発表されました。

  6. 26

    ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

    その他

    アークシステムワークスとヒューマンアカデミーは、『GUILTY GEAR』シリーズ開発者によるスペシャルセミナーを開催しました。本講演では、ゲーム業界への就職・転職を目指す人に向け、同社の2D対戦格闘ゲーム『GULTY GEAR Xrd -SIGN-』の企画立ち上げからアーケード版の

  7. 27

    【CEDEC 2014】『艦これ』「Unreal Engine 4」「Softimage」「PS4シェア」など今年のCEDECアワードが発表

    その他

    CEDECの恒例行事となっているのが、優れた技術を表彰する「CEDEC AWARDS」。

  8. 28

    Amazon、ゲームキャラの3Dプリンタ製フィギュアを販売開始 カスタマイズも可能

    文化

    米Amazonが、同社サイト内の3Dプリント関連専門ストア「3D Printed Products store」にてゲームキャラの3Dプリンタ製フィギュアの販売を開始した。その第一弾として「Infinity Blade III」「Primal Carnage」「Smite」のフィギュアを販売する。

  9. 29

    カプコンとバンダイナムコ、オンラインマッチングの特許クロスライセンスを締結

    ゲーム開発

    カプコンとバンダイナムコエンターテインメントは、『ストリートファイター』シリーズなどのオンラインマッチングに関する特許クロスライセンス契約を締結しました。

  10. 30

    TwitchとT-モバイル、E3格闘ゲーム大会「Twitch Esports Arena」開催

    その他

    今年も6月13日より米国ロサンゼルスで開催される、大規模ゲーム見本市「E3 2017」。新作ゲームや新製品の発表がメインであるにもかかわらず、TwitchとスポンサーのT-モバイルより、e-Sports大会の開催が発表されました。