アクセスランキング | GameBusiness.jp

ニュースアクセスランキング

最新ランキング1〜10位

  1. PS4版『マインクラフト』が遂にクロスプレイ対応へ! Bedrockバージョンがまもなく配信 画像
    1

    PS4版『マインクラフト』が遂にクロスプレイ対応へ! Bedrockバージョンがまもなく配信

    ゲーム開発

    PS4版『マインクラフト』がまもなくBedrockバージョンとなり、他機種版とのクロスプレイが可能となります。

  2. 仮想土地のプリセールだけで販売額8000万円!?GPSブロックチェーンゲーム『MAGIC LAND』の狙いについて聞く【インタビュー】 画像
    2

    仮想土地のプリセールだけで販売額8000万円!?GPSブロックチェーンゲーム『MAGIC LAND』の狙いについて聞く【インタビュー】

    ゲーム開発

    ブロックチェーンゲーム『MAGIC LAND』を開発中のプラチナエッグ竹村也哉氏に、ゲームの概要や狙いなどについて伺いました。

  3. 『ポケモン ソード・シールド』初週販売本数が全世界600万本を記録!スイッチ対応ソフトとして史上最速・最多に 画像
    3

    『ポケモン ソード・シールド』初週販売本数が全世界600万本を記録!スイッチ対応ソフトとして史上最速・最多に

    市場

    国内における初週販売本数も200万本を記録し、全世界・国内共に、ニンテンドースイッチソフトとして初週における販売本数の最速・最多記録を更新しました。

  4. Epic Games、ダンサーに苦情申し立て―同氏からの『フォートナイト』エモート使用中止要請に対し 画像
    4

    Epic Games、ダンサーに苦情申し立て―同氏からの『フォートナイト』エモート使用中止要請に対し

    その他

    問題となったのはハロウィンテーマの「Pump It Up」エモート。

  5. 『機動戦士ガンダムオンライン』ユーザーイベントが「犯罪行為をほのめかすSNS上の投稿」により中止に 画像
    5

    『機動戦士ガンダムオンライン』ユーザーイベントが「犯罪行為をほのめかすSNS上の投稿」により中止に

    その他

    犯罪行為をほのめかすSNS上の投稿により、イベントが中止に。

  6. 『FF7 リメイク』PS4版は1年の時限独占―海外公式ストアにて掲載 画像
    6

    『FF7 リメイク』PS4版は1年の時限独占―海外公式ストアにて掲載

    市場

    スクウェア・エニックスの名作RPGリメイク版『FINAL FANTASY VII REMAKE』。PS4にて2020年3月3日発売予定の同作が、1年間の時限独占になる旨が海外ストアにて掲載されました。

  7. 米コメディアンが『フォートナイト』開発元など複数を提訴―ダンスエモートの権利巡り 画像
    7

    米コメディアンが『フォートナイト』開発元など複数を提訴―ダンスエモートの権利巡り

    その他

    90年代の米コメディ・ドラマなどで知られるコメディアン、アルフォンソ・リベイロ氏。同氏がドラマ内で演じたダンスをモチーフとしたと思しきエモートを搭載した複数のゲームを提訴したと報道されました。

  8. Win 10、DirectXリアルタイムレイトレーシングに正式対応!10月度アップデート配信開始 画像
    8

    Win 10、DirectXリアルタイムレイトレーシングに正式対応!10月度アップデート配信開始

    ゲーム開発

    マイクロソフトは、Windows 10の10月度アップデートを実施し、DirectXリアルタイムレイトレーシングに正式対応したことを明らかにしました。

  9. 『GUNGRAVE G.O.R.E』発売時期が2020年へ延期―さらなる品質向上を目指すため 画像
    9

    『GUNGRAVE G.O.R.E』発売時期が2020年へ延期―さらなる品質向上を目指すため

    ゲーム開発

    ジェネラルディレクター・Kay氏、プロデューサー・JUN氏のコメントも公開されていますので、ご確認ください。

  10. オスカー・アイザックがハリウッド映画版「メタルギアソリッド」スネーク役に意欲―ゲーム原作映画、苦戦の理由も分析 画像
    10

    オスカー・アイザックがハリウッド映画版「メタルギアソリッド」スネーク役に意欲―ゲーム原作映画、苦戦の理由も分析

    文化

    俳優のオスカー・アイザックは、海外IGNに対してハリウッド版『メタルギアソリッド』のスネーク役に意欲があることを語りました。

最新ランキング11〜20位

  1. 複数のゲームランチャーを一括管理できる「GOG GALAXY 2.0」のオープンベータが開始 画像
    11

    複数のゲームランチャーを一括管理できる「GOG GALAXY 2.0」のオープンベータが開始

    ゲーム開発

    GOG.comは複数のゲームランチャーを一括管理できるアプリケーション「GOG GALAXY 2.0」のオープンベータ開始を発表しました。

  2. 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』容量とビルド時間圧縮に立ち向う方法が語られたCEDECセッションレポ【CEDEC 2019】 画像
    12

    『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』容量とビルド時間圧縮に立ち向う方法が語られたCEDECセッションレポ【CEDEC 2019】

    ゲーム開発

    神奈川パシフィコ横浜にて9月4日から9月6日まで開催されたCEDEC 2019。「『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』~膨大なアセットのビルド時間&容量との戦い」セッションレポをお届けします。

  3. PC版『MGSV:TPP』ほぼ閲覧不可能とされた「核廃絶」イベントがトラブルで公開に 画像
    13

    PC版『MGSV:TPP』ほぼ閲覧不可能とされた「核廃絶」イベントがトラブルで公開に

    ゲーム開発

    コナミの人気ステルスアクション『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』。同作PC版において、ある非常に困難な条件を持つイベントがトラブルのため一時解放されてしまっていた模様です。

  4. ブロックチェーンゲームの仕組みとは?『0xUniverse』を手掛けたセルゲイ・コーパフ氏に訊く 画像
    14

    ブロックチェーンゲームの仕組みとは?『0xUniverse』を手掛けたセルゲイ・コーパフ氏に訊く

    ゲーム開発

    最近耳にすることが増えてきたブロックチェーンゲームとは一体どんなものなのか―。『0xUniverse』を手掛けたSunday Gamesの創始者セルゲイ・コーパフ氏にゲームの仕組みや、現在の市場、そして課題についてインタビューしました。

  5. 「ディライトワークス肉会Vol.8」2019年1月11日に開催…塩川洋介氏が在籍するスタジオのキャリア相談会を実施 画像
    15

    「ディライトワークス肉会Vol.8」2019年1月11日に開催…塩川洋介氏が在籍するスタジオのキャリア相談会を実施

    人材育成

    ディライトワークスは、「肉会(MEAT MEETUP)Vol.8 DELiGHTWORKS SWALLOWTAIL Studios キャリア相談会」を、2019年1月11日に開催します。

  6. X+Reality――
    16

    X+Reality――"XR"に待つ未来とは? Plug and Play Japanが業界の現状と展望を語り合うレクチャーを開催

    市場

    8月30日、Plug and Play Japan株式会社は、東京・渋谷の同社オフィスにて「"XR"が創るエンタープライズの未来」を開催しました。レクチャーで語られたVR、AR、MR、SRの現状と、今後の展望についてのレポートをお届けします。

  7. 「ゲームを遊ぶ側から作る側に意識を変える」―専門学校・大学・企業はどうクリエイターに育てるのか?その議論の模様 画像
    17

    「ゲームを遊ぶ側から作る側に意識を変える」―専門学校・大学・企業はどうクリエイターに育てるのか?その議論の模様

    人材育成

    ビデオゲームの価値が高まるなか、いかにして学生たちをゲーム業界で活躍できる人材に育成すればよいのでしょうか?専門学校、大学、そして企業それぞれの立場から、議論が行われました。

  8. “ゲーム制作をより気軽に”の想いから生まれたコラボレーション・『アクションゲームツクールMV』でのSpriteStudio採用事例 画像
    18

    “ゲーム制作をより気軽に”の想いから生まれたコラボレーション・『アクションゲームツクールMV』でのSpriteStudio採用事例PR

    ゲーム開発

    本稿では、『アクションゲームツクールMV』の主要開発メンバーおよび、「SpriteStudio」開発元のウェブテクノロジ社のスタッフにお話を伺います。

  9. TOKYO MXを全国でリアルタイム視聴できる無料アプリ「エムキャス」実証実験スタート 画像
    19

    TOKYO MXを全国でリアルタイム視聴できる無料アプリ「エムキャス」実証実験スタート

    その他

    東京メトロポリタンテレビジョンは、リクルートホールディングスと業務提携し、「TOKYO MX」の一部番組を全国でリアルタイム視聴できる無料のiOS/Androidアプリ「エムキャス」を配信開始しました。

  10. 【CEDEC 2015】シームレスマップが実現したゲーム史上最大級のオープンワールド/モノリスソフト『ゼノブレイドクロス』の開発秘話 画像
    20

    【CEDEC 2015】シームレスマップが実現したゲーム史上最大級のオープンワールド/モノリスソフト『ゼノブレイドクロス』の開発秘話

    ゲーム開発

    真に新しいモノを作るときは、初心にもどってトライ&エラーを続けるしかない・・・。CEDEC2015「ゼノブレイドクロスのシームレスマップのワークフロー」で、モノリスソフトの稲葉道彦氏は、開発をこのように振り返りました。

最新ランキング21〜30位

  1. 21

    ベンチャーキャピタル、ゲーム業界への投資を大幅減

    その他

    コンサルティングファームPwCが報告したところによれば、ベンチャーキャピタルが投資した北米のゲームプロジェクトや企業は2008年の35件、2億1400万ドルから、2009年には25件、1億5400万ドルに減少したということです。

  2. 22

    【China Joy 2014】モバイルゲームの次のトレンドは「eスポーツ」か?

    その他

    日本に居ると実感が湧きませんが、eスポーツ(ゲームを用いた競技)の市場規模は年々拡大しています。中国の大手モバイルゲームパブリッシャーの一角、CMGE(China Mobile Games & Entertainemt)は、モバイルゲームの次の大きなトレンドはeスポーツであると述べました。

  3. 23

    PS2ホラー『サイレントヒル2』で新たな裏技見つかる…17年越しに発掘されたのは「ミニマップ&どこでもセーブ機能」

    文化

    海外ゲーマーの報告より、2001年にコナミデジタルエンタテインメントから発売されたホラーアドベンチャー『サイレントヒル2』に「ミニマップ表示」や「どこでもセーブできる機能」を利用する裏技が存在したことが明らかになりました。

  4. 24

    新しいApple Watchと過ごした1週間-使いごこちはいかに?

    その他

    Apple Watch Series 3が発売されて1週間が経った。単体で4G LTE通信ができる「GPS+Cellularモデル」を約1週間使って見えてきた、セルラー通信機能が活きる場面やSeries 2との違いをまとめてみよう。

  5. 25

    PS3のデジタルサイネージシステム「MITENE」を用いた「ライトオンARミラー」

    その他

    ソニー・ミュージックコミュニケーションズは、プレイステーション3の能力を生かしたショップ向けAR体験型デジタルサイネージ(デジタルの看板)「ライトオンARミラー」のサービスを開始すると発表しました。

  6. 26

    終息に向かうソーシャルバブル・・・横山法典「転職コンサルタントが見たゲーム業界のいま」第4回

    その他

    12月のゲーム業界の転職マーケットは、引き続きソーシャル業界が牽引する形で活況を呈しました。大手パブリッシャーや中堅パブリッシャーから、WEB系エンジニアはもちろんWEBディレクターやデザイナーといったWEB系人材の求人が相次いだことが、これまでにない特徴的な

  7. 27

    『マインクラフト』バチカン公式サーバー、早くも苛烈な攻撃に遭うも……実は想定内―攻撃者はBAN

    文化

    バチカン公式サーバーが攻撃にさらされましたが、実はまだ運用前のテストサーバーだったことが判明。神父は攻撃を行ったユーザーをBAN、本サーバーをスタートさせることを報告しています。

  8. 28

    『ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団』2020年春に発売延期―より高い品質に仕上げるため

    企業動向

    日本一ソフトウェアは、7月25日発売予定のPS4/PS Vita対応ソフト『ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団』に関して、発売日を2020年春に延期すると発表しました。

  9. 29

    【台北ゲームショウ2016】『Crush of Kings』のElex Wireless社にミニインタビュー

    その他

    ここ数日、土砂降りの雨が続いていた台湾・台北。気温の上昇とともに熱気も上昇している台北ゲームショウ2016。3日目を迎えた30日は、土曜日ということもあり尋常ではない数の人が会場に訪れていました。

  10. 30

    Steamで大量のDLCをリリースし続けた開発者が取引拒否……Valve曰く「通常は100個まで」

    ゲーム開発

    Steamで1つのゲームに対し100を超えるDLCを販売していた開発者がBANされたことが明らかになりました。