アクセスランキング | GameBusiness.jp

ニュースアクセスランキング

最新ランキング1〜10位

  1. カプコンとバンダイナムコ、オンラインマッチングの特許クロスライセンスを締結 画像
    1

    カプコンとバンダイナムコ、オンラインマッチングの特許クロスライセンスを締結

    ゲーム開発

    カプコンとバンダイナムコエンターテインメントは、『ストリートファイター』シリーズなどのオンラインマッチングに関する特許クロスライセンス契約を締結しました。

  2. 「SteamVR Home」に他Steamゲームとのコラボアイテム導入が発表!―仮想空間の装飾などに利用可能 画像
    2

    「SteamVR Home」に他Steamゲームとのコラボアイテム導入が発表!―仮想空間の装飾などに利用可能

    ゲーム開発

    先日ベータが開始されたSteamVR向け仮想空間機能「SteamVR Home」ですが、ValveはいくつかのSteam配信VRゲームとコラボした、コレクティブルアイテムの導入を発表しました。

  3. 『GTA V』Modツール配布差し止めについてRockstarが説明―「『GTAオンライン』の体験を妨害していたため」 画像
    3

    『GTA V』Modツール配布差し止めについてRockstarが説明―「『GTAオンライン』の体験を妨害していたため」

    ゲーム開発

    Rockstar Gamesが手がける人気オープンワールド型クライムアクション『Grand Theft Auto V』。先日お伝えした、同作のユーザーMod制作・導入ツール「OpenIV」の差し止めについて、Rockstar Gamesは海外メディアPC Gamerを通じて声明を発表しています。

  4. ゲームデベロッパーが「LTV」を最大化する6つの方法 画像
    4

    ゲームデベロッパーが「LTV」を最大化する6つの方法

    ゲーム開発

    LTV(Lifetime Value:顧客生涯価値)は、ゲームの収益性を正しく判断するための指標であり、予算の使い方やリテンションマーケティング(ユーザーの継続率向上)の方法、リエンゲージメント戦略(休眠ユーザーの復帰)などを考える際の参考になります。

  5. ゲームショウ初出展のAmazon、ゲーム開発者にとって見逃せない存在に成長した「Amazon Androidアプリストア」をアピール 画像
    5

    ゲームショウ初出展のAmazon、ゲーム開発者にとって見逃せない存在に成長した「Amazon Androidアプリストア」をアピール

    企業動向

    アプリストアとしての存在感を高めているAmazon。今年の東京ゲームショウでは大規模なブースを初出展したほか、「TwitchとAmazonの切り開くゲーム実況とアプリビジネス拡大の新しい戦略」と題した基調講演も行い、ゲーム開発者から大きな注目を集めました。

  6. ギズモード、コタクなどを運営するGawker Mediaが破産申請、プライバシー侵害で150億円の訴訟 画像
    6

    ギズモード、コタクなどを運営するGawker Mediaが破産申請、プライバシー侵害で150億円の訴訟

    企業動向

    ギズモード、コタクなどを運営するGawker Mediaが連邦破産法11条の適用申請を行い、再建手続きに入ることになりました。

  7. グリー、FlashをUnityやHTML5化するライブラリ「Lightweight SWF」をOSSとして公開・・・『どうぶつフレンズ』で採用 画像
    7

    グリー、FlashをUnityやHTML5化するライブラリ「Lightweight SWF」をOSSとして公開・・・『どうぶつフレンズ』で採用

    その他

    グリーは18日、UnityおよびHTML5に対応したスマートフォンアプリの開発支援ソリューション「Lightweight SWF」(LWF)を、オープンソースソフトウェアとして公開した。

  8. 【特集】Nexon Americaの新CEOが語る展望―「KPIはゲームの売上ではない」 画像
    8

    【特集】Nexon Americaの新CEOが語る展望―「KPIはゲームの売上ではない」

    その他

    E3 2017では、欧米市場向けに、Cliffy Bが手がける新作対戦FPS『LawBreakers』などを大きく出展している、Nexon America。開催初日となる6月13日、同社CEOを務めるJungsoo Lee氏から直接お話を伺うことが出来ました。

  9. スクエニの海外向けスマホゲーム『Mini Ninjas』、600万ダウンロードを突破 画像
    9

    スクエニの海外向けスマホゲーム『Mini Ninjas』、600万ダウンロードを突破

    その他

    株式会社スクウェア・エニックス が海外市場向けに配信しているスマートフォン向けアクションゲーム『Mini Ninjas』が600万ダウンロードを突破した。

  10. 『Minecraft』で大英博物館を再現する計画を広報担当者が公表 画像
    10

    『Minecraft』で大英博物館を再現する計画を広報担当者が公表

    その他

    ロンドンにある世界最大級の博物館である大英博物館を、サンドボックスゲーム『Minecraft』を使用して再現する計画があることを、同博物館の広報担当者が明らかにしました。

最新ランキング11〜20位

  1. 小島監督は『メタルギア』シリーズの監督に変わりない―コナミ広報担当が回答 画像
    11

    小島監督は『メタルギア』シリーズの監督に変わりない―コナミ広報担当が回答

    その他

    コナミの公式サイト上からスタジオロゴや文字が削除され、フォロワー10万人を超えるTwitterアカウントも突如「メタルギア」公式アカウント(@metalgear_jp)に移行されるなど、社内体制変更の動きが注目されている小島プロダクション。

  2. Xbox Liveが進化!eSports特化のトーナメント機能、BGM機能、音声アシスタント機能「コルタナ」などが登場 画像
    12

    Xbox Liveが進化!eSports特化のトーナメント機能、BGM機能、音声アシスタント機能「コルタナ」などが登場

    企業動向

    マイクロソフトが日本時間の早朝開催したXbox E3 Briefing。本イベントにて、「Xbox Live」に今後導入される機能が発表されました。

  3. テレビ番組が書籍化「NHKスペシャル 世界ゲーム革命」 画像
    13

    テレビ番組が書籍化「NHKスペシャル 世界ゲーム革命」

    その他

    NHK出版から、昨年11月に放送されたNHKスペシャル「世界ゲーム革命」と、3月に「BSハイビジョン特集」で放送された、拡張増補版「ゲームレボリューション?王国ジパングの逆襲」と、水口哲也さんがナビゲーターになってインタビューをする形式で構成される「ゲームレボリ

  4. 任天堂×コーエーテクモ、Wii向けに『零』シリーズ最新作を共同開発 画像
    14

    任天堂×コーエーテクモ、Wii向けに『零』シリーズ最新作を共同開発

    その他

    任天堂とコーエーテクモゲームスは、ホラーアドベンチャー『零』シリーズの新作を共同で開発してWii向けに発売することを発表しました。

  5. 【PR】煩わしいネットワーク構築からゲーム開発を解放する「VSPEX BLUE」 画像
    15

    【PR】煩わしいネットワーク構築からゲーム開発を解放する「VSPEX BLUE」

    ゲーム開発

    ここ数年、エンドユーザーの間で認知度が急増しているVMware。中でも非営利目的であれば無償でつかえる個人向けの「VMware Workstation Player」は、PC内で手軽に仮想化環境を構築できるツールとして、幅広いエンジニアに愛用されています。

  6. ゲームロフト&グリー『ギャングドミネーション』配信開始 ― GREE Platform初の6言語で 画像
    16

    ゲームロフト&グリー『ギャングドミネーション』配信開始 ― GREE Platform初の6言語で

    その他

    ゲームロフトとグリーは、ソーシャルカードゲーム『ギャングドミネーション』をGREE Platform向けに配信開始しました。

  7. PAUI、九州初のドローン専用飛行場を福岡県にオープン 画像
    17

    PAUI、九州初のドローン専用飛行場を福岡県にオープン

    その他

    <![CDATA[

  8. 【E3 2017】SIE吉田修平氏にインタビュー「日本のゲームが世界で見直されている」 画像
    18

    【E3 2017】SIE吉田修平氏にインタビュー「日本のゲームが世界で見直されている」

    その他

    吉田修平プレジデントに、プレスカンファレンスの狙いや、北米市場におけるプラットフォーム戦略、PS VRの供給体制について詳しい話を聞きました。

  9. 「黒川塾(49)」7月13日にGTMF内で開催―テーマは「『うつヌケ』というあなたの生き方」 画像
    19

    「黒川塾(49)」7月13日にGTMF内で開催―テーマは「『うつヌケ』というあなたの生き方」

    その他

    「すべてのエンタテインメントの原点を見つめなおし、来るべき未来へのエンタテインメントのあるべき姿をポジティブに考える会」として、テーマに即した著名人をゲストを招き、あるべきエンタメ像の創造に臨む「黒川塾」。その49回目の開催が明らかとなりました。

  10. ガンホー、ミクシィ、クルーズらが語るクラウドの活用〜「AWS Summit Tokyo 2014」レポート 画像
    20

    ガンホー、ミクシィ、クルーズらが語るクラウドの活用〜「AWS Summit Tokyo 2014」レポート

    その他

    アマゾンが展開するクラウドサービス、Amazon Web Services。クラウド市場のナンバーワンサービスとしてオンプレミスからクラウドへの移行を強力に推し進める原動力にもなっています。先般開催された「AWS Summit Tokyo 2014」ではゲーム関連企業も登壇し、クラウドの「

最新ランキング21〜30位

  1. 21

    【E3 2017】ゲーム最大の見本市、大盛況のまま閉幕!来場者数は68,400人に

    その他

    アメリカ、ロサンゼルスで現地時間6月13日から6月15日まで行われたゲーム最大の見本市「E3 2017」。同イベントが閉幕し、来場者数が発表されました。

  2. 22

    ゲームも舞台も好調のマーベラスが打つ次の一手・・・マーベラス中山晴喜会長インタビュー

    企業動向

    ゲームや音楽・映像事業だけでなく、ミュージカル『テニスの王子様』をはじめとした漫画やアニメ、ゲームを原作とした2.5次元ミュージカルでライブ・エンターテイメントの世界でも躍進を続けるマーベラス。

  3. 23

    今なぜ?HTML5なのか…!【Re:エンタメ創世記】

    市場

    5月22日に更新したコラム「ゲーム会社が倒産する理由」は、おかげさまでたくさんのかたに読んでいただけたようです。なかにはディンゴ社が倒産したことすら知らなかったという声もあり、ゲームビジネス業界の移り変わりのスピードの速さや、

  4. 24

    コナミ、同社の全アミューズメントゲーム機に電子マネー「PASELI」を導入 ― 増税への対応策

    その他

    コナミは、電子マネー「PASELI(パセリ)」の新たな展開を「ジャパン アミューズメント エキスポ 2014」で紹介すると発表しました。

  5. 25

    【GDC 2016】GDCエキスポ会場をフォトレポート―最新技術が盛り沢山

    ゲーム開発

    3月14日から18日にわたって開催された世界最大の開発者向けイベントGDC。16日から解放されたエキスポ会場では、プラットフォームを抱える企業やゲームエンジンの開発会社らによるブースが多く出展されていました。

  6. 26

    オーディオミドルウェア「Wwise」を用いた技能検定、及び新機能のアップデート

    その他

    オーディオミドルウェア「Wwise」を展開するAudiokinetic株式会社はカナダ大使館で開催されたWwise Tour Asia 2015セミナーで2月13日、既にオンラインで実施中の「Wwise101ユーザー技能検定」を日本でも4月から本格的に開始することを発表しました。また、あわせて最新

  7. 27

    ゲーム会社が倒産する理由【Re:エンタメ創世記】

    連載

    私自身も雇用されたサラリーマン経験があるので、一概にサラリーマンは楽だと言うつもりは無いが、会社を経営している代表取締役(一般に言うところの社長)の苦労は並大抵ではないだろう。

  8. 28

    「DS保有率は9割」子供とゲームに関する調査結果を発表・・・イード/ゲームリサーチセンター

    その他

    インサイド/GameBusiness.jpを運営する株式会社イードでは、ゲームプレイヤーとゲーム業界とのインターフェイスを提供するべく、「ゲームリサーチセンター」を発足しました。ゲームリサーチセンターでは、各種オフライン及びオンラインでの調査手法と分析手法を組み合わ

  9. 29

    ソーシャルゲームにおけるリワード広告についてドリコムさんに聞きました

    その他

    激しい競争が続くソーシャルゲーム市場。各社はラインナップの拡充を急ぐとともに、各タイトルの収益性向上に心血を注いでいます。現状、主な収益源はアイテム課金および広告です。

  10. 30

    スクエニ、自社の決済課金システム「Crysta」をスタート

    その他

    スクウェア・エニックスは、自社が運営する各種オンラインコンテンツやサービスの決済に利用するための決済課金システム「スクウェア・エニックス Crysta」(クリスタ)の運用を14日より開始しました。