市場ニュース|GameBusiness.jp

市場

『スマブラSP』国内初週販売本数は122万本―Twitterでトレンド入り果たす 画像
企業動向

『スマブラSP』国内初週販売本数は122万本―Twitterでトレンド入り果たす

メディアクリエイトは、任天堂のスイッチ向け『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(同梱版含む)』のパッケージ版が、国内初週(2018年12月3日~12月9日)で122万本の販売本数を記録したと発表しました。

中国で新たなゲーム審査機関が明らかに、既に20タイトルを審査―海外メディア報道 画像
市場

中国で新たなゲーム審査機関が明らかに、既に20タイトルを審査―海外メディア報道

中国で新たにオンラインゲームの審査機関が発足し、既に20タイトルを審査したことが判明しました。同機関の存在が公になったのは、これが初となります。

スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理 画像
企業動向

スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

マーケティングスタジオ「ONNE Marketing Studio」を運営するONNE LLPは、「スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)」を公開しました。

Epic Gamesストア登場に伴い3タイトルがSteamでの販売を中止、もしくは先延ばしに 画像
市場

Epic Gamesストア登場に伴い3タイトルがSteamでの販売を中止、もしくは先延ばしに

先日、売上の88%がデベロッパーの利益となる新たなゲームストアとして発表されたEpic Gamesストアですが、そこで販売を予定している3作品のデベロッパーおよびパブリッシャーがSteamなど他の販売プラットフォームでの販売を中止、見送ることを発表しました。

『パンツァードラグーン』『ツヴァイ』のリメイクが海外発表、初代は2019年末までに発売予定 画像
市場

『パンツァードラグーン』『ツヴァイ』のリメイクが海外発表、初代は2019年末までに発売予定

ポーランドのForever Entertainmentは、『Panzer Dragoon(パンツァードラグーン): Remake』及び『Panzer Dragoon II Zwei(パンツァードラグーン ツヴァイ): Remake』を発表しました。

『ニーア オートマタ』世界累計出荷&ダウンロード販売本数が350万本を突破 画像
企業動向

『ニーア オートマタ』世界累計出荷&ダウンロード販売本数が350万本を突破

スクウェア・エニックスは、アクションRPG『ニーア オートマタ』の世界累計出荷とダウンロード販売本数が350万本を突破したことを報告しました。

Epic Gamesが「Epic Gamesストア」を発表―売り上げの88%が開発者の収益になる新たな販売プラットフォーム 画像
企業動向

Epic Gamesが「Epic Gamesストア」を発表―売り上げの88%が開発者の収益になる新たな販売プラットフォーム

Epic Gamesは、新たな販売プラットフォーム「Epic Gamesストア」を発表しました。

20世紀フォックスが『AVATAR: PANDORA RISING』を商標登録―映画「AVATAR」のゲーム版か 画像
ゲーム開発

20世紀フォックスが『AVATAR: PANDORA RISING』を商標登録―映画「AVATAR」のゲーム版か

映画スタジオ20世紀フォックスは、『AVATAR: PANDORA RISING』をビデオゲーム向けタイトルとして商標登録していたことが判明しました。

THQ Nordicが残虐カーアクション『カーマゲドン』のIPを買収 画像
企業動向

THQ Nordicが残虐カーアクション『カーマゲドン』のIPを買収

THQ Nordicは、英国デベロッパーStainless Gamesが手がける残虐カーアクションゲーム『(カーマゲドン)』IPの買収を完了したと発表しました。

20代の金銭に関する意識調査―やってみたいeスポーツ1位は「シューティングゲーム(FPS)」、上達にかけられる金額は平均5,163円 画像
市場

20代の金銭に関する意識調査―やってみたいeスポーツ1位は「シューティングゲーム(FPS)」、上達にかけられる金額は平均5,163円

SMBCコンシューマーファイナンスは、ネットエイジアによる調査協力の下、「20代の金銭感覚についての意識調査2018」を実施し、その調査結果を公開しました。

Steamが一定の収益レベルに達したゲームの収益分配率を変更―ビッグタイトルとの利益一致を図る 画像
企業動向

Steamが一定の収益レベルに達したゲームの収益分配率を変更―ビッグタイトルとの利益一致を図る

Valveは、Steamにおけるゲーム配信契約に新しい収益分配率を設定し、その詳細について発表しました。

米国でビデオゲームへの消費者支出額が2018年第3四半期は約91億ドルに―日本円で1兆円以上 画像
市場

米国でビデオゲームへの消費者支出額が2018年第3四半期は約91億ドルに―日本円で1兆円以上

米国の市場調査会社NPDは、米国内でのビデオゲームへの消費者支出額が、2018年第3四半期(7~9月)において約91億ドルに達したことを報告しました。

中国版Steam「Steam China」に大きな進展、上海政府との協力を発表 画像
企業動向

中国版Steam「Steam China」に大きな進展、上海政府との協力を発表

Valveは、Perfect World(完美世界)と共に準備中の、ゲーム配信プラットフォームSteamの中国版「Steam China」について上海政府との協力を発表しました。

米連邦取引委員会が「ルートボックス」調査に乗り出す 画像
市場

米連邦取引委員会が「ルートボックス」調査に乗り出す

公正な取引を監督するための米公的機関「Federal Trade Commission(連邦取引委員会)」。同機関が昨今ゲーム業界で大きな議論を巻き起こす「ルートボックス」の調査を実施することが報道されました。

『フォートナイト』の登録ユーザー数が2億人を突破!、ブラジルの人口に匹敵 画像
市場

『フォートナイト』の登録ユーザー数が2億人を突破!、ブラジルの人口に匹敵

歴史的ビデオゲームアワード「2018 Golden Joystick Awards」では見事Game of the Yearに輝いた大ヒットバトルロイヤルゲーム『フォートナイト』ですが、本作の登録ユーザー数が2億人を突破したとBloombergが報じています。

スイッチ新作『ポケモン ピカ・ブイ』国内初週売上は66.1万本―『スプラトゥーン2』を上回る結果に 画像
企業動向

スイッチ新作『ポケモン ピカ・ブイ』国内初週売上は66.1万本―『スプラトゥーン2』を上回る結果に

メディアクリエイトは、2018年11月12日~11月18日にかけて販売されたパッケージソフト(ダウンロード版は含まず)の本数を発表しました。

イギリスにてルートボックスの最新調査結果が発表―一部メディアは「ギャンブルへの導入」を指摘 画像
産業政策

イギリスにてルートボックスの最新調査結果が発表―一部メディアは「ギャンブルへの導入」を指摘

昨今多くの議論を呼ぶ「ルートボックス」。イギリスにて公開された若者とギャンブルの関連の調査結果にもその名前が登場しました。

日本のモバイルゲームは中国市場に参入できるのか?第一線のマーケターが語る中国モバイルゲーム市場の光と闇 画像
市場

日本のモバイルゲームは中国市場に参入できるのか?第一線のマーケターが語る中国モバイルゲーム市場の光と闇

日本のモバイルゲームは中国市場に参入できるのか?AppLovinが主催したセミナー「中国市場を制する者はモバイル市場を制す! ~Droidhang、NetEaseに聞く中国市場の意味~」の聴講レポートをお届けします。

生産終了済みの「Steamリンク」在庫も全世界でほぼ完売ーハードウェアサポートとアプリ配信は継続 画像
市場

生産終了済みの「Steamリンク」在庫も全世界でほぼ完売ーハードウェアサポートとアプリ配信は継続

Valveは、Steamのゲームをスマートフォンやタブレットなどでプレイできるストリーミング機器「Steamリンク」の在庫が、ヨーロッパで完売、アメリカでもほとんど完売したことを報告しました。

イード、「ハローキティ」のファーウェイ社スマートフォン対応テーマを中国市場で独占配信開始 画像
市場

イード、「ハローキティ」のファーウェイ社スマートフォン対応テーマを中国市場で独占配信開始

イードは、ファーウェイが自社のスマートフォン向けに運営するテーマストアにて、サンリオが保有する、世界的人気キャラクター「ハローキティ」のテーマコンテンツを中国市場で配信開始しました。

もっと見る