ゲームエンジンのEmergent、カジュアルやダウンロード向けゲームを強化 | GameBusiness.jp

ゲームエンジンのEmergent、カジュアルやダウンロード向けゲームを強化

その他 その他

ゲームエンジンの「Gamebryo LightSpeed」を提供するEmergent Game Technologyと日本の専属代理店であるアイ・ジー・エムはGTMF2010にて、カジュアルゲームやダウンロードゲーム向けにライセンス契約を複数締結したと発表しました。

ライセンスを結んだのはウェブゲーム『Slam Bold Scrappers』を開発中のFire Hose Games、PSN/Xbox Live向けタイトルを開発中のTornado Studios、Wi向け『Busy Scissors』を開発中のManifest、PSN向け『Kung-Fu LIVE』を開発中のVirtual Air Guiter COmpany、PSN向けタイトルを開発中のPerpetual FX、PSN/XboxLIVE/PC向けに『Jam Party: Be the Music』を開発中のZivixの計6社。

また、先日発売されたWii向け『Dance on Broadway』(Longtail Studios)や、Wiiウェア『Last Flight』を開発中のポーランドのデベロッパー、Bloober Teamともライセンス契約を締結しています。

GTMFの会場では実際に『Dance on Broadway』は体験することができましたが、非常にカジュアルなダンスゲームです。開発期間は10カ月未満だそうです。比較的カジュアルなゲームでも、Emergentを採用することで開発期間を圧縮することができる事を実証し、かつ低コストのプロジェクトでも利用できるライセンス形態を用意している事を証明する例と言えそうです。

Emergentのヴァイスプレジデント・オブ・セールス&マーケティング、ケイティ・モーガン氏は「エマージェントのテクノロジーと柔軟なライセンス契約モデルが、スタジオがダウンローダブルタイトルの特長やゲームプレイを損なうことなく非常に短いプロダクションサイクルや予算の削減を実現する手助けとなっていることを、われわれはうれしく思います。ますます増える多様なスタジオが、あらゆるプラットフォーム向けのデジタルタイトルにわれわれの技術を使用しているということは、デジタルでダウンロードできるカジュアルゲームの制作における Gamebryoおよび LightSpeedの柔軟かつ最適化されたパフォーマンスを証明しています」とコメントしています。。

また、Tornade Studiosのトム・クディルカ社長は「われわれのチームは、長年にわたってさまざまなゲームエンジンを使用してきましたが、Gamebryo を使ってビデオゲームの『Project Runway』を開発して以来、われわれが行う幅広いプロジェクトに Gamebryo が適していることが分かりました。エマージェント社の中に、彼らの開発技術をわれわれが今後のダウンローダブルタイトルに使用し続けられるよう、その技術を柔軟にわれわれのスタジオのロードマップと共に成長するよう進化させてくれるパートナーがいることを、われわれはうれしく思います。彼らの技術により、われわれのプロジェクトは当初可能だと考えたよりもずっと迅速に実現しました」とコメントしています。

アイ・ジー・エムでは「Gamebryo Lightspeed」の無料評価ライセンスを提供中ということですので、詳しくは以下のリンクからお問い合わせ下さい。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら