EmergentとKrome Studioの統合は中止に―Kromeは閉鎖の可能性も | GameBusiness.jp

EmergentとKrome Studioの統合は中止に―Kromeは閉鎖の可能性も

その他 その他

苦境が伝えられているオーストラリア最大のデベロッパー、Krome Studiosは今年9月、ゲームエンジン「Gamebryo」を提供する米国のEmergent Game Technologyとミドルウェア技術やコアなエンジニアリングチームを統合することで合意していましたが、どうやら破談になるようです。

EmergentのScott Johnson CEOが明らかにしたもので「突然、予期せず中止となった」ということです。

Kromeは不振から財政的に困難な状態になっていると伝えられ、閉鎖されたとも噂されました。しかしCEOのRobert Walsh氏は「少なくとも40名が現在のプロジェクトに従事している」とコメント。ただし最盛期には400名を超える開発者を抱えており同氏も「以前よりは非常に小さい規模となっている」と認めています。

IGNは匿名のKromeの元従業員のコメントとして、Kromeは財政的な困難から非常に短い期間でのゲーム開発を強いられ、資金稼ぎのためのライセンスタイトルに注力する方針からゲームへの情熱が失われてしまったと伝えています。

EmergentのScott Johnson氏はKromeに直接言及はしませんでしたが、Gamasutraに対して「我々の産業で必要とされるクリエイティブで才能ある人材は、一度離れてしまうと昔のように戻るのは困難だ」とコメントしています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら