『ディアブロ』シリーズを生んだ開発者による新パブリッシャー「Skystone Games」設立―インディー開発者の支援と販売業務が目的 | GameBusiness.jp

『ディアブロ』シリーズを生んだ開発者による新パブリッシャー「Skystone Games」設立―インディー開発者の支援と販売業務が目的

親子の絆を描いたゾンビサバイバル『Undying』と、宇宙船経営アクション『Spaceline Crew』を発表しています。

企業動向 発表
『ディアブロ』シリーズを生んだ開発者による新パブリッシャー「Skystone Games」設立―インディー開発者の支援と販売業務が目的
  • 『ディアブロ』シリーズを生んだ開発者による新パブリッシャー「Skystone Games」設立―インディー開発者の支援と販売業務が目的
  • 『ディアブロ』シリーズを生んだ開発者による新パブリッシャー「Skystone Games」設立―インディー開発者の支援と販売業務が目的
  • 『ディアブロ』シリーズを生んだ開発者による新パブリッシャー「Skystone Games」設立―インディー開発者の支援と販売業務が目的
  • 『ディアブロ』シリーズを生んだ開発者による新パブリッシャー「Skystone Games」設立―インディー開発者の支援と販売業務が目的
  • 『ディアブロ』シリーズを生んだ開発者による新パブリッシャー「Skystone Games」設立―インディー開発者の支援と販売業務が目的

ディアブロ』シリーズを生み出したことで知られるDavid Brevik氏は、新規パブリッシャー「Skystone Games」の設立を発表しました。

同社は、インディー開発者やスタジオの生み出したゲームのパブリッシングと開発支援を目的として設立されたもの。かつてBlizzard Northの社長を務めて『ディアブロ』『ディアブロ2』などを制作したほか、さまざまなスタジオでゲーム開発や販売拡大の業務に携わってきたBrevik氏が社長に就任します。また、中国の大手パブリッシャー「Perfect World Games」マネージャーなどの経歴を持つBill Weizheng Wang氏が、CEOを務めることが発表されています。

Brevik氏は海外メディアVentureBeatのインタビューに対し、「開発資金提供だけではなく開発者と密接に協力した支援を行い、素晴らしい作品を作り上げられるようにする」とコメント。同社は会社設立に合わせ、親子の絆を描いたゾンビサバイバル『Undying』と、宇宙船経営パーティーアクション『Spaceline Crew』の2つのゲームのパブリッシングを発表しています。




《Mr.Katoh@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら