Steamで大量のDLCをリリースし続けた開発者が取引拒否……Valve曰く「通常は100個まで」 | GameBusiness.jp

Steamで大量のDLCをリリースし続けた開発者が取引拒否……Valve曰く「通常は100個まで」

Steamで1つのゲームに対し100を超えるDLCを販売していた開発者がBANされたことが明らかになりました。

ゲーム開発 インディー
Valveが運営するゲーム配信プラットフォームSteamで独特の販売戦略を取っていた開発者が取引拒否(BAN)されたことを報告しました。

問題となった開発者は成人向け格闘アクション『Boobs'em up』などを配信していたCool Girls Games。同作は全裸の女性が戦う基本無料のアクションゲームで、使用キャラクターをDLCとして有料販売する形式でした。Valveが問題視したのはそのDLCの量です。

当該ゲームのDLCアイコン例。目にしたことのあるユーザーは少なくないかも知れない

同作は比較的短期間に、毎回大量のDLCの配信を複数回行っていたため、成人向け作品やDLCをフィルタせずにSteamの新着リストを覗いたことのあるユーザーであれば目にしたことがある方も多いかもしれません。また、同社は同様の戦略により他のゲームでも多数のDLCをリリースしていました。(こちらも共にBAN)

『Boobs'em up』に関しては、最終的にBAN直前では100以上のDLCが登録されていました。開発者はSteamフォーラムにて、Valveから伝えられたBANの理由が「通常1つのAppID(Steamのゲーム登録の単位のようなもの)に対し、DLCは100個までが認められており、連絡無しでその制限を遥かに超えるDLCを作成したこと」であるとコメント。また、そのような制限を見たことがなく、またValveが警告しないまま計100以上のDLCの申請を承認・販売したことや、BAN直前にも更に20個のDLCの申請を承認したことを述べ、このような判断は不服だとしています。

なお、ValveはBAN理由通達内で、同社が許容する「例外」について触れており、記事執筆時点で153個のDLCを持つ『Dead or Alive 6』や530個のDLCを持つ『Train Simulator 2019』などはその「例外」にあたっているものと推測されます。

いずれにしても、一度の大量のDLCリリースはSteamの新着リストでは良くも悪くも目立ちすぎてしまうもの。不当なプロモーションなどに悪用されないためにも何らかの対応が考慮されるべきなのかもしれません。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら