インディーのニュース記事一覧 | ゲーム開発 | GameBusiness.jp

ゲーム開発 インディーニュース記事一覧

インディーゲームアワード「IGF Awards」第20回ファイナリスト発表! 画像
その他

インディーゲームアワード「IGF Awards」第20回ファイナリスト発表!

インディゲームの祭典「Independent Games Festival」にて選出されるアワードの第20回ファイナリスト作品が発表されました。各部門のノミネート作品は以下の通り。

業界人が選ぶゲームアワード「GDC Awards」第18回ノミネート作品が発表 画像
その他

業界人が選ぶゲームアワード「GDC Awards」第18回ノミネート作品が発表

ゲーム業界のプロフェッショナルが選出するゲームアワード「Game Developers Choice Awards(GDC Awards)」の第18回ノミネート作品が発表されました。

『Cuphead』はまだまだ終わらない!開発会社に聞いた「2017年」と「2018年」 画像
ゲーム開発

『Cuphead』はまだまだ終わらない!開発会社に聞いた「2017年」と「2018年」

前回はポーランドの中小開発会社に「2017年はどんな年だったのか?」「2018年はどんな年になりそうか?」を聞いてみた本企画。今回は今年最も話題となったゲームの一つ、『Cuphead』を製作した StudioMDHR に同じ質問をしてみました。

日本のクリエイターにラブコール?欧州デベロッパーに聞いた「2017年」と「2018年」 画像
ゲーム開発

日本のクリエイターにラブコール?欧州デベロッパーに聞いた「2017年」と「2018年」

ゲーム開発会社に「2017年はどんな年だったのか?」「2018年はどんな年になりそうか?」を聞く本企画。今回は欧州の西から東まで、様々な国の声を集めてみました。今では世界中で行われているゲーム開発。気になるあの作品も、実は意外な国で作られていたりして?

注目のインディー作品ずらり!「2017 Indie of the Year Awards」の結果が発表 画像
その他

注目のインディー作品ずらり!「2017 Indie of the Year Awards」の結果が発表

インディーゲームの情報を扱う大手海外サイトIndieDBにて行われた、「2017 Indie of the Year Awards」の結果が発表されました。

インディペンデントゲームの祭典「BitSummit Volume 6」2018年5月に開催決定! 画像
その他

インディペンデントゲームの祭典「BitSummit Volume 6」2018年5月に開催決定!

一般社団法人 日本インディペンデント・ゲーム協会(略称:JIGA)は、2018年5月12日(土)、13日(日)に、インディーゲームの展示会「BitSummit Volume 6」を京都市勧業館「みやこめっせ」において開催することを決定しました。

Take-Two、インディーレーベル「Private Division」海外発表―Obsidian Entertainmentも参加 画像
ゲーム開発

Take-Two、インディーレーベル「Private Division」海外発表―Obsidian Entertainmentも参加

Take-Two Interactiveは、インディータイトルのパブリッシングを行う新レーベル「Private Division」を海外向けに発表しています。

個人開発ゲーム『どうぶつタワーバトル』がSNSで話題沸騰、一時は『ポケ森』を超す勢いに 画像
ゲーム開発

個人開発ゲーム『どうぶつタワーバトル』がSNSで話題沸騰、一時は『ポケ森』を超す勢いに

今、対戦型パズルゲーム『どうぶつタワーバトル』がSNSを中心に話題になっています。

複数のインディー開発がニンテンドースイッチでの成功を報告―「他のすべてのプラットフォーム合計を超えた」 画像
ゲーム開発

複数のインディー開発がニンテンドースイッチでの成功を報告―「他のすべてのプラットフォーム合計を超えた」

複数の海外インディーゲーム開発元より、ニンテンドースイッチに向けてリリースした作品のセールス動向が報告されています。

『PUBG』早期アクセス版発売以降、15万人以上のチーターをBANしたことが明らかに 画像
ゲーム開発

『PUBG』早期アクセス版発売以降、15万人以上のチーターをBANしたことが明らかに

『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のクリエイティブディレクターBrendan Greene氏は、本作中のチーターを15万人以上BANした、と報告しました。

【GC 2017】『シェンムー3』開発者インタビュー「動画のキャラはほとんど仮」 画像
ゲーム開発

【GC 2017】『シェンムー3』開発者インタビュー「動画のキャラはほとんど仮」

Game*Spark編集部は『シェンムー』シリーズでディレクターを務める鈴木裕氏と、エグゼクティブプロデューサーを務める森下英昭氏に、現在の開発状況や公開されたトレイラーに関することなど、『シェンムー3』にまつわるお話を聞きました。

『メトロイドII』ファンリメイククリエイターがオリジナル新作及び『Ori』続編に参加 画像
ゲーム開発

『メトロイドII』ファンリメイククリエイターがオリジナル新作及び『Ori』続編に参加

2016年に公開されたファンメイドの『メトロイドII』リメイク『Another Metroid 2 Remake』。公開直後に警告を受け、公開・開発を停止した同作のメインクリエイターは新たな、そしてオリジナルのメトロヴァニアを手がけることになるようです。

ファンリメイク『TimeSplitters: Rewind』開発停滞―CRYENGINEの問題が指摘 画像
ゲーム開発

ファンリメイク『TimeSplitters: Rewind』開発停滞―CRYENGINEの問題が指摘

2000年代に発売された『TimeSplitters』シリーズ3作のファンメイドリメイクとして、公式公認で開発中のスタンドアロンマルチプレイヤーゲーム『TimeSplitters: Rewind』ですが、デベロッパーCinder Interactive Artsが開発の停滞を明らかにしました。

『Rust』Steam返金の総利用数は約32万本、総額約440万ドル(約4.9億円)に 画像
ゲーム開発

『Rust』Steam返金の総利用数は約32万本、総額約440万ドル(約4.9億円)に

『Rust』を開発した、Facepunch StudiosのGarry Newman氏は自身のTwitterで本作が約32万本分ー総額約430万ドル(約4.9億円)の返金処置をしたことを明らかにしました。

【特集】『PUBG』の起源と、目指す先―BlueholeのChanghan Kim氏インタビュー 画像
ゲーム開発

【特集】『PUBG』の起源と、目指す先―BlueholeのChanghan Kim氏インタビュー

早期アクセスタイトルでありながら、400万本以上を販売するなどPCゲーマーの間でブームを巻き起こしている、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』。

【特集】Valve担当者を取材―Steamはどう進化し、この先どこへ向かっていくのか 画像
その他

【特集】Valve担当者を取材―Steamはどう進化し、この先どこへ向かっていくのか

Steamは一体にどのような成長を遂げたのでしょうか?今回は、E3 2017にあわせて、ロサンゼルスに滞在中だったVavle、Steam担当のRicky Uy氏、並びにBusiness DevelopmentのDJ Powers氏を直撃。お話を伺いました。

「SteamVR Home」に他Steamゲームとのコラボアイテム導入が発表!―仮想空間の装飾などに利用可能 画像
ゲーム開発

「SteamVR Home」に他Steamゲームとのコラボアイテム導入が発表!―仮想空間の装飾などに利用可能

先日ベータが開始されたSteamVR向け仮想空間機能「SteamVR Home」ですが、ValveはいくつかのSteam配信VRゲームとコラボした、コレクティブルアイテムの導入を発表しました。

「Steam Direct」が導入開始、ゲーム販売がさらに容易に 画像
ゲーム開発

「Steam Direct」が導入開始、ゲーム販売がさらに容易に

Valveはゲーム配信サービスSteamにて、新たなゲーム販売申請システム「Steam Direct」を開始しています。

「A 5th of BitSummit」総来場者数は過去最高、前年比45%増―インディー人気を反映か 画像
ゲーム開発

「A 5th of BitSummit」総来場者数は過去最高、前年比45%増―インディー人気を反映か

一般社団法人日本インディペンデント・ゲーム協会(略称:JIGA)は、2017年5月20日から21日にかけて、京都市勧業館“みやこめっせ”にて行われたインディーゲームの祭典「A 5th of BitSummit」の総来場者数とノミネート作品、アワード受賞作品を発表しています。

【特集】SIE吉田修平氏が語る、これからのインディーとVRの形「供給体制は整えている」 画像
ゲーム開発

【特集】SIE吉田修平氏が語る、これからのインディーとVRの形「供給体制は整えている」

今年も京都・みやこめっせで行われたインディーゲームの祭典「A 5th of BitSummit」。今回、SIEワールドワイド・スタジオの吉田修平プレジデントにインタビューを実施、これからの「インディー」の在り方とPlayStation VRの未来について話を伺いました。

  • 53件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ