ID@Xbox経由のXbox One向けインディーゲーム第1弾は2014年3月までにも登場予定、ディレクターがコメント | GameBusiness.jp

ID@Xbox経由のXbox One向けインディーゲーム第1弾は2014年3月までにも登場予定、ディレクターがコメント

その他 その他

先日にもプログラムへと参加する32のスタジオが明らかにされたIndependent Developers @ Xboxこと通称「ID@Xbox」ですが、新たにこのID@XboxのディレクターであるChris Charla氏が海外メディアEdgeのインタビューに応え、同プログラム経由のインディータイトル第1弾が2014年Q1(1月から3月)の終わりにも登場することを明らかにしました。

マイクロソフトの認証を受けたデベロッパーが参加できる「ID@Xbox」は、Xbox One上にてセルフパブリッシングが行えるインディーデベロッパー向けのプログラムで、開発機2台が無償で提供されるなどの支援も行われます。

Charla氏は「新年の初めだと思うよ、最初の3ヶ月以内だな。私は3ヶ月前後だと考えている。どれほどのゲームが存在しているのか言うのは難しい、まだ開発中だ」とコメント。「いくつかのデベロおパーはXbox Oneで開発を始めたところで、他のデベロッパーはすでにゲームを開発しXbox One版に着手している。彼ら全員が開発中のステージだ、正直に言えばね」と、Xbox One向けインディーゲームの完成にもうしばらくの時間が必要であることを伝えています。

Capybara Gamesの『Below』やMojangの『Cobalt』といったインディータイトルがすでに発表されているXbox Oneですが、Xbox 360で展開されたXbox LIVE インディーズとは異なりMicrosoftの認証制となったID@Xbox経由で登場するタイトルが一体どのようなクオリティとなるのか、インディー界隈からはそのラインナップに今後注目が集まりそうです。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら