シリコンスタジオの「OROCHI 4」、レンダリングエンジン「Mizuchi」がPS4向けアクションRPG『ブイブイブイテューヌ』へ採用 | GameBusiness.jp

シリコンスタジオの「OROCHI 4」、レンダリングエンジン「Mizuchi」がPS4向けアクションRPG『ブイブイブイテューヌ』へ採用

シリコンスタジオは、自社が提供しているゲームエンジン「OROCHI 4(オロチ 4)」およびレンダリングエンジン「Mizuchi(ミズチ)」が、アイディアファクトリー/コンパイルハート開発のPS4向け新作タイトル『ブイブイブイテューヌ』に採用されたと発表しました。

企業動向 発表
シリコンスタジオの「OROCHI 4」、レンダリングエンジン「Mizuchi」がPS4向けアクションRPG『ブイブイブイテューヌ』へ採用
  • シリコンスタジオの「OROCHI 4」、レンダリングエンジン「Mizuchi」がPS4向けアクションRPG『ブイブイブイテューヌ』へ採用
  • シリコンスタジオの「OROCHI 4」、レンダリングエンジン「Mizuchi」がPS4向けアクションRPG『ブイブイブイテューヌ』へ採用
  • シリコンスタジオの「OROCHI 4」、レンダリングエンジン「Mizuchi」がPS4向けアクションRPG『ブイブイブイテューヌ』へ採用
シリコンスタジオは、自社が提供しているオールインワンゲームエンジン「OROCHI 4(オロチ 4)」およびリアルタイムレンダリングエンジン「Mizuchi(ミズチ)」が、アイディアファクトリー/コンパイルハート開発・2020年8月6日発売のPlayStation 4向け新作タイトル『ブイブイブイテューヌ』に採用されたと発表しました。

シリコンスタジオは、アイディアファクトリー/コンパイルハートへ2017年3月より全面的な技術支援を行っており、今回のPS4向けアクションRPG『ブイブイブイテューヌ』への「OROCHI 4」「Mizuchi」採用は、その第6弾になるとのことです。

PS4向けアクションRPG『ブイブイブイテューヌ』へ「OROCHI 4」「Mizuchi」採用



当社は、アイディアファクトリーおよびコンパイルハートに対する全面的な技術支援の実施を、2017年3月に発表いたしました。そしてこのたび、第1弾の『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』、第2弾の『Death end re;Quest』、第3弾の『神獄塔 メアリスケルター2』、第4弾の『竜星のヴァルニール』、そして第5弾の『アークオブアルケミスト』に続く第6弾として、PlayStation 4向けアクションRPG『ブイブイブイテューヌ』に、オールインワンゲームエンジン「OROCHI 4」およびリアルタイムレンダリングエンジン「Mizuchi」が採用されました。

『ブイブイブイテューヌ』は、「架空」のゲームハードを擬人化した美少女たちが登場する、「擬人化×萌え×変身」がコンセプトのRPG「ネプテューヌシリーズ」生誕10周年記念作品のひとつで、バーチャルYouTuber(Vtuber)とのコラボレーションを前面に押し出している作品です。ネプテューヌシリーズのキャラクターモデルを一新し、より可愛くなったキャラクターたちが縦横無尽に駆け巡り、物語中も生き生きした3Dモデルで展開します。コンパイルハートより2020年8月6日に発売されました。

当社は、アイディアファクトリーおよびコンパイルハートに対する技術支援により、今後も引き続き両社の開発クオリティと生産性の向上に貢献してまいります。


『ブイブイブイテューヌ』のスクリーンショット

「OROCHI 4」について

オールインワン型ゲームエンジン「OROCHI(オロチ)」は、グラフィックス、フィジックス、AIなど13のライブラリと40以上の開発ツールを備えています。トライ&エラーやプロジェクトごとのカスタマイズを許容する柔軟な設計と、日本人エンジニアによる手厚いサポート体制が特長です。ポストエフェクトミドルウェア「YEBIS 3(エビス 3)」も標準搭載。ゲーム開発の速度・効率を向上させることができます。「OROCHI 4」ではレンダリングに「Mizuchi(ミズチ)エクステンション」を利用することで、「Mizuchi」の特徴である世界最高レベルのグラフィックス表現を実現可能にします。
公式サイト:http://www.siliconstudio.co.jp/orochi/

「Mizuchi」について

「Mizuchi(ミズチ)」は、物理ベースレンダリングの考え方をサポートするレンダリングエンジンです。特に、光の反射を正確に扱うことで可能となる圧倒的な質感表現に強みがあります。リアルタイムグラフィックスでありながら、金属、木材、ガラスなど多様な材質を実物さながらの質感で表現することができます。柔軟な設計になっており、ゲーム業界をはじめ、映像、製造、自動車、不動産分野などのコンテンツ制作にも利用可能。高度な光学的表現を可能にするポストエフェクトミドルウェア「YEBIS 3(エビス 3)」も組み込まれています。
公式サイト:http://www.siliconstudio.co.jp/mizuchi/

なお、今回の発表に合わせ、アイディアファクトリー/ゲーム開発部開発II課 課長/内田浩輔氏のコメントも公開されています。

『ブイブイブイテューヌ』は「OROCHI」と「Mizuchi」の組み合わせで利用させていただいてから6作目となります。

今作ではキャラクター表現に対して更に磨きをかけるべく開発当初よりデザイナーからの要望に対応していただきました。見た目だけではなく動きに関する部分にも手を加えていただいており、お馴染みのキャラクターに加え新規のキャラクターたちも、これまで以上にイメージに近い絵作りが出来たと実感しています。また、内制環境の組み込みなど気軽に相談でき柔軟に対応いただけたことで、これまで培ってきた制作ノウハウを活かした開発をすることができ大変感謝しております。

弊社カスタムされたリッチなエンジンで構築された今作を是非お手に取って体験していただけると幸いです。
《Ten-Four》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら