映画版『ロックマン』は制作初期段階―プロデューサーのマシ・オカ氏が明らかに | GameBusiness.jp

映画版『ロックマン』は制作初期段階―プロデューサーのマシ・オカ氏が明らかに

文化 その他

20世紀フォックスの映画版『ロックマン』は制作初期段階―プロデューサーのマシ・オカ氏が明らかに
  • 20世紀フォックスの映画版『ロックマン』は制作初期段階―プロデューサーのマシ・オカ氏が明らかに
2015年に制作が伝えられていた20世紀フォックスの映画版『ロックマン』ですが、海外メディアColliderのインタビューを受けたプロデューサーのマシ・オカ氏が現在の状況を明らかにしました。

マシ・オカ氏によれば現在は制作の初期段階にあり、作家/監督が脚本に取り組んでいるとのことです。ゲームの映画化特有の課題については「ゲームのメカニクスが中心で物語は少し軽いかもしれません。それは間違いなく挑戦的なものです」としつつ、監督のヘンリー・ジュースト氏とアリエル・シュルマン氏は素晴らしい映画監督であるとともに、『ロックマン』の大ファンであるためワクワクしていると語っています。

公開時期は現時点で未定。完成までにはまだまだ時間がかかりそうです。果たしてどのような作品となるのか、今後の続報にも期待です。

20世紀フォックスの映画版『ロックマン』は制作初期段階―プロデューサーのマシ・オカ氏が明らかに

《RIKUSYO》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら