『GTA V』Rockstar GamesがModへのスタンスを明言、シングル向け非商用Modには基本不干渉に | GameBusiness.jp

『GTA V』Rockstar GamesがModへのスタンスを明言、シングル向け非商用Modには基本不干渉に

その他 その他

『GTA V』Rockstar GamesがModへのスタンスを明言、シングル向け非商用Modには基本不干渉に
  • 『GTA V』Rockstar GamesがModへのスタンスを明言、シングル向け非商用Modには基本不干渉に
Rockstar Gamesの人気オープンワールドクライムアクション『Grand Theft Auto V』。同作にて起こっている、Modツールの配布停止を巡る騒動ですが、Rockstar Gamesは新たにサポートページにて同社タイトルのシングルプレイヤーModについて、そのスタンスを発表しています。

公開された内容は、直接的に「シングルプレイヤーModは許可されるのか」というもの。Rockstarはその回答として、「Rockstarはファンの創造性を信じており、クリエイターが私達のゲームに対する彼らの情熱を示してくれることを望んでいます」と発言。Take-Two Interactiveとの協議の結果、シングルプレイヤー向けの非商用プロジェクトについては、例外を除き、今後基本的には法的処置を取らないことを表明しました。例外としてはマルチプレイヤーまたはオンラインサービスに影響を与えるツール、ファイル、ライブラリまたは機能、及びプロジェクト内でRockstar Gamesの別IPを含む、他のIPを使用したものが挙げられます。

なお、この発表は何らかのライセンスや第三者Modの承認ではなく、Take-Twoは任意の第三者プロジェクトに対する権利を放棄してはいないとのことです。

また、このニュースを報じる海外メディアPC Gamerによれば、Rockstar Gamesは、一連の騒動のきっかけとなったModツール「Open IV」の作者に新たに連絡を取っているとのこと。また、それと関連しているのかは不明ながらも、「Open IV」は、既所有者に向けて小規模なアップデートの配布を行っている模様です。Steamのレビューを始め、多くの波乱を巻き起こしたMod騒動ですが、良い方向へと向かうことを願いたい所でしょう。
《Arkblade》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら