日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2016」の全セッションが確定―ライブ配信スケジュールも公開 | GameBusiness.jp

日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2016」の全セッションが確定―ライブ配信スケジュールも公開

ゲーム開発 その他

日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2016」の全セッションが確定―ライブ配信スケジュールも公開
  • 日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2016」の全セッションが確定―ライブ配信スケジュールも公開
  • 日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2016」の全セッションが確定―ライブ配信スケジュールも公開
  • 日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2016」の全セッションが確定―ライブ配信スケジュールも公開
今年も8月24日(水)から8月26日(金)にかけて開催される、日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス 2016」(以下:CEDEC 2016)ですが、開催中に実施される全210のセッション内容が確定、公式Webサイトにて公開されました。

また、「PERACON2016」のテーマ発表&投稿受付開始や、特別企画「VR Now !」実機展示による体験会の実施、そして各セッションのライブ配信スケジュールも公開されました。主な公開内容は下記の通りです。


◆CEDEC 2016

■テーマ:Now is the time !
■会期:2016年8月24日(水)~2016年8月26日(金)
■会場:パシフィコ横浜(横浜市・みなとみらい)
■公式Webサイト:
 http://cedec.cesa.or.jp/2016/
■全セッション一覧ページ:
 http://cedec.cesa.or.jp/2016/session/


◆「PERACON2016」のテーマ発表&投稿受付開始

「PERACON2016 ~ガチバトル、カムバック!~」は、事前に設定されたテーマに沿った企画コンセプトをA4用紙1枚(ペラ)にまとめて競う、「コンセプトシートコンテスト」です。提出形式は、会場応募はA4用紙1枚、Web応募は1MB以下の画像データ。15秒ほどで内容が理解できるものであれば、ことば、イラスト、図式など表現は自由です。

今年のテーマは、連日の熱戦が報じられている「リオ・デ・ジャネイロ オリンピック」にちなんで、5 大陸に見立てられたシンボルマークを構成する「輪=リング」。参加資格は、CEDECチケットをお持ちの方。応募締め切りは、会場受付が会期初日の24日(水)19時、オンライン応募は同じく24日(水)の22時となっています。また、作品閲覧サイトからWeb投票で、面白い企画を応援することもできます。

■「PERACON2016」公式ページ:
 http://cedec.cesa.or.jp/2016/event/challenge_GD.html


◆特別企画「VR Now !」実機展示による体験会開催

2016年はVirtual Reality(VR)デバイスが多数リリースされ、VR元年ともいわれる大きな節目の年です。VRをテーマとした特別企画「VR Now !」では、今後のVRの可能性を体験し、VRアプリケーション開発の知見を広げるためのセッション、展示を多数実施するほか、HTC社のVRシステム「HTC Vive」の実機展示・体験会を行います。

■「VR Now !」公式ページ:
 http://cedec.cesa.or.jp/2016/event/vr.html


◆各セッションのライブ配信スケジュール決定

本年も、受講できない遠隔地の開発者の皆さんからの要望に応えて、セッションの一部をニコニコ生放送、YouTube Liveでインターネットによるライブ配信を行うことが決定しました。

■ニコニコ生放送/YouTube Live 配信一覧ページ:
 http://cedec.cesa.or.jp/2016/live/
※配信セッション、スケジュールは予告なく変更する場合がございますので、あらかじめご了承ください。


Copyright (C) CESA All rights reserved.
《Ten-Four》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら