ニコニコの新たな生放送ソフト「N Air」ベータ版配信開始!より軽く、別サービスとも連携可能に | GameBusiness.jp

ニコニコの新たな生放送ソフト「N Air」ベータ版配信開始!より軽く、別サービスとも連携可能に

niconicoは、戀塚昭彦氏が開発リーダーとして参加した新しい生放送配信ソフト「N Air」のベータ版をリリース開始しました。

企業動向 発表

niconicoは、戀塚昭彦氏が開発リーダーとして参加した新しい生放送配信ソフト「N Air」のベータ版をリリース開始しました。

同ソフトは、従来の「NLE(Niconico Live Encoder)」の後継となる高画質配信ソフト。機能の詳細は以下のようになっています。

「N Air」の便利な機能


CPU負荷が軽減
NLEではCPU負荷が高くなることが問題でしたが、「N Air」では軽減いたしました。
これにより、720p画質の高負荷配信でもより幅広い性能のPCでご利用いただけます。
別サービスにも配信可能
URLとストリームキーを入力することでニコニコ生放送以外のサービスにも配信可能です。
さまざまな新機能を実現
NLEでも好評だったクロマキー合成機能やシーン切り替え機能に加えて、下記のような機能もご利用いただけるようになりました。
・ニコニコ生放送の来場者数・コメント数の表示
・配信中に視聴者に見られることなく配信構成を編集可能なスタジオモード
・ショートカットキー設定
・各音声ソース別ミキサー設定

なお、記事執筆現在では映像ビットレートの標準設定は2500kbpsとなっており、720p配信以外の配信を行う場合は映像・音声の合計ビットレート上限が2000kbpsとなるように設定する必要があるとのこと。「N Air」のダウンロード方法や使い方はこちらから確認可能です。
《吉河卓人@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら