ジンガのソーシャルゲーム『Adventure World』、インディー・ジョーンズとのタイアップを開始 | GameBusiness.jp

ジンガのソーシャルゲーム『Adventure World』、インディー・ジョーンズとのタイアップを開始

米大手ソーシャルゲームディベロッパー ジンガ がLucasFilmと提携し、ソーシャルゲーム『Adventure World』にてタイアップ企画「Indiana Jones and the Calendar of the Sun(インディー・ジョーンズ 太陽暦の秘宝)」を実施している。

その他 その他
米大手ソーシャルゲームディベロッパージンガがLucasFilmと提携し、ソーシャルゲーム『Adventure World』にてタイアップ企画「Indiana Jones and the Calendar of the Sun(インディー・ジョーンズ 太陽暦の秘宝)」を実施している。

『Adventure World』は「冒険」がテーマのソーシャルゲーム。ユーザーは自分のベースキャンプを拠点に世界の様々な秘境を冒険して宝を集めていく。元々テーマやアートワークも「インディ・ジョーンズ」風味だった同タイトルだが、今回正式にタイアップ企画を開始。

「Indiana Jones and the Calendar of the Sun」の各ステージにはインディ・ジョーンズ自身がキャラクターとして登場し、プレイヤーは彼と一緒に冒険を進めていく。また期間中はタイトル名自体も「Indiana Jones Adventure World」という表記になる。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら