グランゼーラ、『絶体絶命都市4Plus』と「ゼンリン」のタイアップを発表─提供された3D都市モデルを活用 | GameBusiness.jp

グランゼーラ、『絶体絶命都市4Plus』と「ゼンリン」のタイアップを発表─提供された3D都市モデルを活用

企業動向 発表


グランゼーラは、PS4ソフト『絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-』の制作において、ゼンリンと タイアップすることを明かしました。

災害に襲われた都市を舞台に描く人気シリーズの最新作となる『絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-』は、巨大地震に端を発する未曾有の災害に見舞われた主人公が、生存と脱出を目指して奮闘するサバイバル・アクション アドベンチャーです。


今回のタイアップでは、ゼンリンより提供を受けた3D都市モデルデータを、ゲーム内に登場する街のグラフィック制作や、主に人々がたくさん集まる街の造形に活用しているとのこと。現在開発中の画面写真もお披露目され、該当するエリアには、主人公(プレイヤー)が巨大地震から数日経過したタイミングで訪れます。この駅前の広場は、帰宅難民のための避難所になっている模様です。




『絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-』は、2018年10月25日発売。価格は、7,200円(税抜)です。

(C) Granzella Inc. All rights reserved.
《臥待 弦@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら