ジンガ、ソーシャルカジノゲームを提供するRising Tide Gamesを買収 | GameBusiness.jp

ジンガ、ソーシャルカジノゲームを提供するRising Tide Gamesを買収

企業動向 戦略

ジンガ、ソーシャルカジノゲームを提供するRising Tide Gamesを買収
  • ジンガ、ソーシャルカジノゲームを提供するRising Tide Gamesを買収
米ジンガが、スロットなどギャンブルをモチーフとしたソーシャルゲームを開発・提供するスタートアップのRising Tide Gamesを買収した。金額や条件は明らかにされていない。

Rising Tide Gamesは2014年にジンガとPlaytikaの元エグゼクティブが独立して設立したゲームデベロッパーで、現在ニューヨークとオースティンに拠点を置き、ソーシャルカジノゲーム「Black Diamond Casino」を開発している。今回の買収により、同社のスタッフは全員ジンガのオースティンスタジオに合流し、引き続きタイトルの開発・提供に従事し、「Black Diamond Casino」もZyngaブランドのもと運営を続けるという。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら