業績ニュースまとめ | GameBusiness.jp

業績に関するニュースまとめ一覧

業績 最新ニュース

もっと見る
カプコン、大型タイトル2作品を今後リリース予定―『モンハン:ワールド』出荷数は800万本突破 画像
企業動向

カプコン、大型タイトル2作品を今後リリース予定―『モンハン:ワールド』出荷数は800万本突破

カプコンは、2018年3月期の決算説明会を開催、事業戦略資料の中で2019年3月期までの事業戦略を発表しています。

カプコン、2018年3月期の連結業績を発表─『モンハン:ワールド』が牽引し増収増益で着地 画像
企業動向

カプコン、2018年3月期の連結業績を発表─『モンハン:ワールド』が牽引し増収増益で着地

カプコンは、2018年3月期の連結業績(2017年4月1日~2018年3月31日)を、5月8日に発表しました。

「Nintendo Switch Online」の詳細を来月上旬に発表─決算説明会でスイッチの好調ぶりなどを明らかに 画像
企業動向

「Nintendo Switch Online」の詳細を来月上旬に発表─決算説明会でスイッチの好調ぶりなどを明らかに

任天堂は、第78期(2018年3月期)決算説明会資料を公開しました。本資料にて、ニンテンドースイッチにおける様々な取り組みや現状などが報告されているので、その一部をこちらでピックアップしてお届けします。

任天堂、平成30年3月期 決算を発表─売上高は1兆円超え、スイッチは1,500万台を販売、『オデッセイ』1,000万本の大台に 画像
企業動向

任天堂、平成30年3月期 決算を発表─売上高は1兆円超え、スイッチは1,500万台を販売、『オデッセイ』1,000万本の大台に

任天堂は、平成30年3月期 第3四半期決算を発表しました。

ガンホー、2017年12月期連結業績は減収減益…『パズドラ』売上減をカバーできず 画像
企業動向

ガンホー、2017年12月期連結業績は減収減益…『パズドラ』売上減をカバーできず

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、2017年12月期の連結業績を2月2日に発表しました。『パズル&ドラゴンズ』の売上減少が影響し、減収減益の結果となりました。

ソニー、2017年度第3四半期決算を発表―ゲーム部門は大幅増収益、『FGO』も好調 画像
企業動向

ソニー、2017年度第3四半期決算を発表―ゲーム部門は大幅増収益、『FGO』も好調

ソニーは2月2日、同社の2017年度第3四半期連結業績(2017年12月31日に終了した3ヵ月間)を公開しました。

時価総額フェイスブック超え!急成長を続けるテンセント、未だ伸びしろあり 画像
企業動向

時価総額フェイスブック超え!急成長を続けるテンセント、未だ伸びしろあり

オンラインゲーム事業などを手がける中国のテンセントが、時価総額でフェイスブックを超えました。モバイルアプリに関して同社の収益はゲームに偏りすぎており、モバイル広告の面ではまだまだ伸びしろを残しています。

スクエニ決算Q&A─国内外で大型タイトル開発中、Switch展開へ意欲 画像
企業動向

スクエニ決算Q&A─国内外で大型タイトル開発中、Switch展開へ意欲

スクウェア・エニックスは、2018年3月期第2四半期決算説明会のQ&Aにて、今後の方針や展開などについて言及しました。

ソニー2017年度第2四半期決算は大幅な増収増益―PS4や『FGO』が好影響 画像
企業動向

ソニー2017年度第2四半期決算は大幅な増収増益―PS4や『FGO』が好影響

ソニーは2017年度第2四半期 連結業績を発表しました。増収増益にはPS4などゲーム&ネットワークサービス分野が大きく寄与。また音楽分野も『FGO』の好調が大幅な増収に繋がったとのことです。

マーベラス2018年3月期 第2四半期決算―『ログレス』不調も、コンシューマ・音楽映像は好調で増益に 画像
企業動向

マーベラス2018年3月期 第2四半期決算―『ログレス』不調も、コンシューマ・音楽映像は好調で増益に

マーベラスは2018年3月期 第2四半期決算を発表しました。オンライン事業の売上減少などにより売上高は減収となりましたが、コンシューマ・音楽映像事業の好調により、利益面では増益の結果です。

任天堂スマホゲーム事業、海外シェア高まる―今後も年2~3タイトル投入予定 画像
企業動向

任天堂スマホゲーム事業、海外シェア高まる―今後も年2~3タイトル投入予定

任天堂の2018年3月期 第2四半期決算説明会資料の中で、スマートデバイスビジネスの現状と今後の展開についての説明が行われています。『スーパーマリオ ラン』は2億DL突破のうち9割が海外など、海外でのシェアが高まっているようです。

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の販売台数が200万台に到達 画像
市場

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の販売台数が200万台に到達

任天堂は、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の販売台数が200万になったと平成30年3月期 第 2四半期決算説明会にて発表しました。

任天堂、2018年3月期の通期業績予想を大幅上方修正―Switchは1,400万台の販売台数見込 画像
企業動向

任天堂、2018年3月期の通期業績予想を大幅上方修正―Switchは1,400万台の販売台数見込

任天堂は10月30日に、2018年3月期 第2四半期決算を発表しました。今回の決算において、2018年3月期の通期業績予想の大幅な修正が行われています。通期で1400万台というSwitch本体の売り上げ予想が大きな影響を与えているものかと予想されます。

任天堂、平成30年3月期 第2四半期決算を発表─スイッチが躍進し増収増益、『スプラトゥーン2』361万本、『マリカ8 DX』442万本 画像
企業動向

任天堂、平成30年3月期 第2四半期決算を発表─スイッチが躍進し増収増益、『スプラトゥーン2』361万本、『マリカ8 DX』442万本

任天堂は、平成30年3月期 第2四半期 決算を発表しました。

グリー平成30年第6月期1Q決算は好調―日本アニメの海外ゲーム展開やVR事業も進行 画像
企業動向

グリー平成30年第6月期1Q決算は好調―日本アニメの海外ゲーム展開やVR事業も進行

グリーは平成30年6月期 第1四半期の決算を発表しました。売上、営業利益、経常利益増加と好調、ゲーム事業は新規開発6本に、海外展開やVR事業も進行中です。

Aimingの2017年第3四半期決算…最終損益は19億の赤字、売上も前期比28%減 画像
企業動向

Aimingの2017年第3四半期決算…最終損益は19億の赤字、売上も前期比28%減

Aimingは10月27日に、2017年12月期 第3四半期の連結業績を発表しました。売上高は49億8,700万円(前年同期比28.2%減)、純損失は19億5,100万円と前期に続き苦戦が続いています。

サイバーエージェント2017年9月通期決算…ゲーム事業は過去最高の売上記録も広告費増加で利益減 画像
企業動向

サイバーエージェント2017年9月通期決算…ゲーム事業は過去最高の売上記録も広告費増加で利益減

サイバーエージェントは10月26日、2017年9月通期決算を発表しました。

任天堂、第1四半期決算を発表─全世界で『マリオカート8 DX』354万本、『ARMS』118万本、『ゼルダの伝説 BotW』は更に116万本を積み上げ 画像
企業動向

任天堂、第1四半期決算を発表─全世界で『マリオカート8 DX』354万本、『ARMS』118万本、『ゼルダの伝説 BotW』は更に116万本を積み上げ

任天堂は、平成30年3月期 第1四半期決算を7月26日に発表しました。

CDPRが2017年Q1業績を報告、『ウィッチャー3』収益は前年比よりも上昇―『Cyberpunk 2077』プロモ計画も 画像
企業動向

CDPRが2017年Q1業績を報告、『ウィッチャー3』収益は前年比よりも上昇―『Cyberpunk 2077』プロモ計画も

CD Projekt Redは2017年第1四半期の業績を報告し、総収入が前期比17%増の9,930万ズウォティ(約30億円)に達したと発表しました。

スクエニ、『Hitman』『ケイン&リンチ』開発元IO Interactiveから撤退方針 画像
企業動向

スクエニ、『Hitman』『ケイン&リンチ』開発元IO Interactiveから撤退方針

スクウェア・エニックスは、5月11日付で公開した平成29年3月期連結決算にて、同社完全子会社のデベロッパーIO Interactiveの事業から撤退すると発表しました。

  • 437件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ