PC版『モンハン:ワールド』に早くも有志Modが登場―動作の更なる最適化など | GameBusiness.jp

PC版『モンハン:ワールド』に早くも有志Modが登場―動作の更なる最適化など

先日発売され、ピーク時プレイヤーは既に32万人以上と、人気のハンティングアクション『モンスターハンター:ワールド』。正式なMod対応は一切行われていない同作ですが、早くも有志のModがリリースされているようです。

ゲーム開発 インディー
先日発売され、ピーク時プレイヤーは既に32万人以上集まっている人気のハンティングアクション『モンスターハンター:ワールド』。正式なMod対応は一切行われていない同作ですが、早くも有志のModがリリースされているようです。

このModを手がけたのは『ニーア オートマタ』PC版の動作最適化Modなどを始め、日本作品の動作最適化Modを多く手がけるKaldaien氏。今回の『モンスターハンター:ワールド』向けMod「Special K」は、HUDレスのスクリーンショットの撮影機能やHUD以外のみへのReshadeの適応を可能にしたり、HDR10の修正、Alt+Tabでのスクリーン切替時にクラッシュする問題への対策などが含まれています。配布ページには記載されていませんが、ファイル内のドキュメントによれば、CPU使用率の最適化もなされているようです。

『モンスターハンター:ワールド』PC版はけして最適化が行われていないわけではないものの、更に便利になるように見えるこのMod。本作はオンラインゲームとしての性格が強く、あくまでも非公式なので、使用をおすすめすることはできませんが、いずれ同様の機能がオフィシャルサポートされることに期待したいところかもしれません。

「Special K」は、Steamフォーラムなどにて配布中。Reshade対応版はこちらから。いずれにしてもご利用は自己責任で。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら