米ZeniMaxによるOculus VR社訴訟問題、カーマック氏らを追加提訴―不法に技術データを取得 | GameBusiness.jp

米ZeniMaxによるOculus VR社訴訟問題、カーマック氏らを追加提訴―不法に技術データを取得

その他 事件

米ZeniMaxによるOculus VR社訴訟問題、カーマック氏らを追加提訴―不法に技術データを取得
  • 米ZeniMaxによるOculus VR社訴訟問題、カーマック氏らを追加提訴―不法に技術データを取得
2013年5月、米ZeniMax Mediaとid Softwareが、ジョン・カーマック氏がZeniMax在籍時に担当していたVR技術を無断で使用したとして、Oculus VR社と創設者パーマー・ラッキー氏を提訴していた問題。先日、ZeniMax側が新たに訴状を修正し、カーマック氏とOculus VR社CEOのBrendan Iribe氏、そしてFacebook社を追加提訴しました。

ZeniMax側が提出した訴状によると、Oculus VR社は2012年当時、VR技術を欠いた状態にあり、E3でZeniMax社と接触した際に第三者への開示が許されないNDAの元で技術支援を得ることができるようになったと報告。また、2013年にZeniMaxの知的財産を使用したことへの報酬を求める議論を開始した後、Oculus VR社が非協力的になり、最終的に報酬が支払われることは無かったとのこと。それにも関わらず、Iribe氏の主導でZeniMaxの提供した技術を使い続けたと主張しています。

また、2013年8月1日にZeniMaxとの契約を満了したジョン・カーマック氏が退職する前にZeniMaxのコンピュータから自分のUSBメモリーに、ZeniMaxが所有する知的財産を含む数千のファイルを密かにコピーしたと不法行為を告発。それらの件も含めてOculus側に損害賠償を求めています。

修正訴状に対してOculus VR社の広報担当者は「ZeniMaxによって提出された訴状は一方的であり、ZeniMaxのみの解釈を伝えている。」とコメントし、「法廷でZeniMaxの全ての主張に対処する」と徹底抗戦の構えを見せています。
《水京》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら