GTMF東京会場で『聖剣伝説RISE of MANA』制作事例・・・GMOクラウドとFIXER | GameBusiness.jp

GTMF東京会場で『聖剣伝説RISE of MANA』制作事例・・・GMOクラウドとFIXER

GMOクラウドは18日(金)に開催される「Game Tools & Middleware Forum 2014」にて、『聖剣伝説 RISE of MANA』の開発事例を紹介します。

その他 その他
GMOクラウドは18日(金)に開催される「Game Tools & Middleware Forum 2014」にて、『聖剣伝説 RISE of MANA』の開発事例を紹介します。

スクウェア・エニックスの『聖剣伝説 RISE of MANA』はGMOクラウドが展開するオンラインゲーム開発エンジン「Photon」を採用。マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Windows Azure」上で環境が構築されています。

講演ではGMOクラウドのシステムインテグレーター 並木健太郎氏とネットワーク開発を担当したFIXERのジェネラルマネージャー 作原英輔氏が登壇し、ゲーム開発について振り返ります。

「Game Tools & Middleware Forum 2014」は18日(金)に秋葉原UDXにて開催されます。入場は無料ですが、事前登録が必要です。公式サイト: http://gtmf.jp
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら