クラウドプラットフォーム「Windows Azure」とフルマネージドサービス「cloud.config」で、アジャイルなゲーム開発と安定した運用を実現 | GameBusiness.jp

クラウドプラットフォーム「Windows Azure」とフルマネージドサービス「cloud.config」で、アジャイルなゲーム開発と安定した運用を実現

私たちFIXERは、WEBサイト構築に関わる企画・戦略立案、設計・制作、デザイン、システム構築、編集企画、運用更新までのプロジェクトマネージメント業務全般をワンストップで提供しています。また、CSV(Cloud Solution Vendor)として、マイクロソフトのクラウドプラッ

その他 その他
私たちFIXERは、WEBサイト構築に関わる企画・戦略立案、設計・制作、デザイン、システム構築、編集企画、運用更新までのプロジェクトマネージメント業務全般をワンストップで提供しています。また、CSV(Cloud Solution Vendor)として、マイクロソフトのクラウドプラットフォームWindows Azureの正式サービスリリース前から導入を検討し、約4年間の事業活動を通して培ったWindows Azureの豊富な知見と経験、実績を有しています。

■FIXERが携わったWindows Azure活用ゲーム

FIXERは、ブラウザゲームでもネイティブゲームでも、またどんなプラットフォームでもWindows Azureを導入することができます。

スクウェア・エニックスの大人気アーケードゲーム『ロードオブヴァーミリオン』シリーズをアレンジした、Mobage向けソーシャルゲーム『ロードオブヴァーミリオン 煉』のサービス提供基盤の開発と運用を担いました。


ソーシャルゲーム『ロードオブヴァーミリオン 煉』


続いて、スクウェア・エニックスとGREEの協業により誕生したiPhone専用ソーシャルゲーム『ギャラクシーダンジョン』の基盤構築、運用、保守等に携わりました。


ソーシャルゲーム『ギャラクシーダンジョン』


『ロードオブヴァーミリオン 煉』はMobageプラットフォームのブラウザゲーム、『ギャラクシーダンジョン』はGREEプラットフォームのネイティブゲームです。

Windows Azureを活用することで、異なるプラットフォームで、ブラウザゲームでもネイティブゲームでも開発・運用ができます。しかし、効率、コストパフォーマンス、収益性等の面を考慮すると、改善する余地がありました。

そこで、改善策として、スクウェア・エニックスの次のゲーム開発において、Windows Azureを活用した独自のプラットフォームを開発することが決定。それまで開発・運用でスクウェア・エニックスの信頼を獲得してきたFIXERが、その開発を任されることになりました。

独自プラットフォームにより、ゲームメーカーがユーザー管理し、ユーザー認証、課金等を担えるようになり、大幅な収益性アップを実現。

さらに、効率、コストパフォーマンス、収益性等をより高めるため、独自プラットフォーム上で運用される複数のゲームを同時開発することとなりました。

その独自プラットフォームで近日リリースされる第1弾が、ネイティブゲームでスマートフォン専用ゲーム『GUNS N’SOULS』です。

ハイスピードアクションRPGで、超豪華制作陣と人気声優が多数集結。極上のグラフィックの中でのアクションによる爽快感と疾走感、音楽、個性的なキャラクターと映画のようなシナリオを存分に堪能できます。




スマホゲーム『GUNS N’SOULS』


■ゲーム開発・運用に適したWindows Azureの特長

FIXERは、LinuxベースでのAmazon Web Servicesや国内クラウド等のホスティングサービスを活用したこともあります。しかし、インフラ構築から運用へとスムーズなプロジェクト進行を実現できるのはPaaSサービスを備え、伸縮性が高く、スケールアウトしやすいWindows Azureが群を抜いていると考えます。加えて、FIXERはWindows Azureに対する深い知識と経験、実績、利点を熟知していることから、ゲームサービスの提供基盤としてWindows Azureを選択しています。

Windows Azureでは、さまざまな言語、フレームワーク、またはツールを使用してアプリケーションを作成できます。Windows Server、SQL Server、.NET といったマイクロソフト のテクノロジーはもちろん、Linux、Java、PHP、Ruby、Python、Oracle データベースやHadoopなども利用できます。また、Windows Azureの各機能とサービスはオープンなREST プロトコルを使用して公開されており、複数のプログラミング言語に対応したWindows Azure SDK(クライアントライブラリ)が用意されています。

このようにオープンなプラットフォームであるWindows Azureは、LAMP環境で培った開発技術をそのまま生かすことができます。

ゲームシナリオにおけるイベント開発においては、本番環境をコピーしたインスタンス(サーバー)を即座に稼働させ開発環境を複数用意できるので、複数イベントを独立させて開発作業を行えます。また、開発途中に急遽、テスト環境を追加したい場合でも、本番環境と同等規模の別インスタンスを稼働させ、迅速にテスト環境を準備できます。高負荷時を想定した試験では、増強したインスタンスはテスト完了とともに削除でき、最小構成でテスト環境を維持しておくことも可能です。

開発におけるこうした効率的で素早い対応が可能なので、開発スピードも維持することができます。

■運用面でもWindows Azureの活用でメリットを

インスタンス数を容易に拡大・縮小できるので、リリース直後の大量アクセスが予測される場合、高負荷のトラフィックに耐えられるようにインスタンス数を多めに設定し、トラフィックが落ち着いたらインスタンス数を減らすことができます。逆に、需要予測が立てにくい場合は、初期投資を抑えて運用を開始することができます。そして、運用後、急激に需要が伸びた場合でもすぐにインスタンス数を増強できるので、機会損失を防ぎ、ユーザーにプレイできないというストレスを感じさせることもありません。

また、分単位の従量課金制なので、需要に比例したコストしかかからず、無駄なくコストの最適化を実現できます。

さらに、国内だけでなく海外にもサービスを広げたい場合、Windows Azureは世界中にデータセンターがあるので、日本で管理・運用しながら海外展開することもできます。

バックアップも万全です。データを保管するSQLデータベースでは、同じデータセンター内に自動的に3つの複製ファイルが保存されます。地理的レプリケーション機能を使用すると、別拠点でも3つのファイルが複製され、実質的には6重ものバックアップが施されます。


Windows Azureの概要


■Windows Azureをサポートする cloud.config

FIXERのWindows Azureフルマネージドサービス「cloud.config」は、Windows Azureの導入設計・運用・監視等をワンストップでサポートします。

Windows Azureの導入設計やインフラ構築、プラットフォーム開発では、豊富な経験とノウハウ、独自技術により、迅速に安定したサービス基盤を提供することができます。

運用中は負荷状況に合わせた最適なサーバー環境をタイムリーに提供します。柔軟に素早く対応するエラスティック運用を実施していますので、どんな負荷がかかっても中断することなくサービスを提供することができます。余分なコストをかけず運用できるので、コストの最適化も図れます。

監視面では、アプリケーションレイヤはもちろん、OSおよびミドルウェア以下のレイヤも、24時間365日サービスの運用要件に合わせた監視・保守サービスを提供します。

さらに、cloud.configではさまざまな基盤のテンプレート、プランを用意していますので、短納期・低コストで多様な要望に柔軟に対応できます。例えば、前述のソーシャルゲーム『ギャラクシーダンジョン』では、ゲーム基盤に「cloud.config for GREE」が採用され、cloud.configのゲーム向けパッケージを適応して構築したため、Windows Azure上での短期で安定した運用を実現することができました。

また、cloud.configでは、クライアント企業の細やかな要望に応えるため、独自技術のサービスメニューも用意しています。例えば、新規リリースする『GUNS N’SOULS』では、今までのゲーム開発によって蓄積した経験やノウハウをもとにFIXERが独自開発した「KPIデータ取得システム」「マスタメンテナンスシステム」を実装しています。これらのシステムにより、リアルタイムでユーザー動向を把握できるので有効な新たな施策を実行でき、ゲームデータの操作・メンテナンスを容易にします。

Windows Azureの導入設計、運用・保守をサポートするcloud.configを活用すれば、Windows Azureの導入がスムーズに行えるのはもちろん、オンプレミス環境よりもずっと安価にインフラ整備やサーバー管理ができ、アジャイルなゲーム開発および理想的なサイト運営を実施できます。



FIXERは、今までの丹念に積み上げた実績が評価され、マイクロソフトのPartner of the Year 2013のWindows Azureパートナーアワード(Cloud Service Vendor) を受賞しました。

また、2013年10月、FIXERが発起人となり設立した一般社団法人Azure Council Experts(略称:ACE) アジュール評議会は、FIXER代表取締役社長の松岡が代表理事に就任し、パートナー各社の技術情報の共有と、日本におけるWindows Azureの普及およびビジネス拡大を目的として活動しています。

■ゲームビジネスの必然になるクラウド活用

私たちは、Windows Azureとcloud.configを併用して活用していただくことで、ゲーム開発および運用は従来の手法よりも安定し、収益を高められるビジネスになると確信しています。

ソーシャルゲームを含めたスマホゲーム、またはインターネットを介したゲームはますます活況になると予測されます。世界においても、スマートフォンやタブレットを所有する人々が非常な勢いで増加している現状から、スマホゲーム、オンラインゲームの隆盛は日本国内にとどまらず世界的なトレンドになっています。

ユーザーがインターネットによって世界のさまざまなゲームをプレイできる今
そのようなユーザーがますます増加するであろう未来

近い将来、確実にゲーム開発・運用において「クラウドファースト」を超えて「クラウドマスト(必須)」という状況になると予測できます。

このようなすぐ近くの未来に備え、Windows Azureとcloud.configを活用いただければ、より充実したゲームビジネスを構築できる近道となることを、私たちは提案いたします。


この記事は株式会社FIXERが執筆しました。

『ロードオブヴァーミリオン 煉』
(C)2012,2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

『ギャラクシーダンジョン』
(C)2012,2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

『GUNS N'SOULS』
(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《株式会社FIXER》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら