『The Last of Us Part II』海外版声優への脅迫にNaughty Dogが声明、「いかなるものであれ嫌がらせや脅迫には非難する」 | GameBusiness.jp

『The Last of Us Part II』海外版声優への脅迫にNaughty Dogが声明、「いかなるものであれ嫌がらせや脅迫には非難する」

「みなさんは、ゲームを好きになることも嫌いになることもできますし、その考えをシェアすることもできます」

その他 事件
『The Last of Us Part II』海外版声優への脅迫にNaughty Dogが声明、「いかなるものであれ嫌がらせや脅迫には非難する」
  • 『The Last of Us Part II』海外版声優への脅迫にNaughty Dogが声明、「いかなるものであれ嫌がらせや脅迫には非難する」
  • 『The Last of Us Part II』海外版声優への脅迫にNaughty Dogが声明、「いかなるものであれ嫌がらせや脅迫には非難する」

The Last of Us Part II』の海外版に声優として出演するLaura Baileyさんに届けられた脅迫について、同作開発元のNaughty DogはSNSを通して声明を発表しました。

Naughty Dogは公式Twitterで「批判的な討論は歓迎するが、開発チームや出演者に向けられた嫌がらせ・脅迫は、どのような形であろうと非難する」とコメントしながら、「私達にとって、スタッフの安全を確保することが最優先」「しかし、全員が協力してこの種の行動を根絶して、建設的で思いやりのある言動を続けていく必要がある」と述べています。


また、同作ディレクターのNeil Druckmann氏は自身に送られた差別的・暴力的なメッセージをTwitterで公開。「みなさんは、ゲームを好きになることも嫌いになることもできますし、その考えをシェアすることもできます」「(これらのメッセージを)公開することが重要だと感じてください」とコメントしています。
《高橋 良明@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら