『Overwatch』と『Call of Duty』の公式リーグ配信がYouTube独占契約に | GameBusiness.jp

『Overwatch』と『Call of Duty』の公式リーグ配信がYouTube独占契約に

Activision BlizzardとGoogleは『Overwatch』『Call of Duty』などの公式リーグ配信がYouTube独占になる契約を結びました。

文化 eSports
『Overwatch』と『Call of Duty』の公式リーグ配信がYouTube独占契約に
  • 『Overwatch』と『Call of Duty』の公式リーグ配信がYouTube独占契約に
  • 『Overwatch』と『Call of Duty』の公式リーグ配信がYouTube独占契約に

Activision BlizzardとGoogleは『Overwatch League』『Call of Duty League』『Hearthstone Esports』などのe-SportsライブをYouTubeで独占配信する契約を結んだと発表しました。Blizzard Entertainmentはかつて、Twitchとe-Sportsやライブトーナメントを配信する契約を結んでいました。

この契約の一環として、Activision Blizzardが提供するオンラインゲームにはGoodle Cloudが導入されることになり「より優れた、低遅延のプレイヤー体験を提供する」とのことです。これにはゲームホスト用のサーバーインフラの機能も含まれます。

同社によれば、いくつかのモバイルタイトルにおいて既に両社は協力しているとのこと。今後の関係が発展していく中で、Activision Blizzardは世界規模であるGoogle CloudサービスとAIツールを活用して、ゲーム内のオファーならびにゲーム体験の推奨を差別化できる最適なパーソナライズインタラクションを提供していきたいとしています。

この数年間に及ぶ契約のおかげで、 Blizzard Entertainmentの『Overwatch League』には新しいホームグラウンドができたと言えます。同リーグの2020年のシーズンは2月8日からYouTubeでのみ配信されます(ただし中国は除く)また『Call of Duty League』と『Hearthstone Esports』も同様に今後はYouTubeでストリーミング配信されます。

※『Call of Duty League』は2020年1月25日12時30分現在配信中です。
《麦秋@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら