『Destiny 2』Steam版初日同時接続22万人超え、一方フレンド300人以上で起動不能の不具合も | GameBusiness.jp

『Destiny 2』Steam版初日同時接続22万人超え、一方フレンド300人以上で起動不能の不具合も

『Destiny 2』Steam版初日の同時接続ユーザーが22.6万人を達成。一方で、一部環境下での致命的な不具合も報告。

市場 デジタル流通
『Destiny 2』Steam版初日同時接続22万人超え、一方フレンド300人以上で起動不能の不具合も
  • 『Destiny 2』Steam版初日同時接続22万人超え、一方フレンド300人以上で起動不能の不具合も
  • 『Destiny 2』Steam版初日同時接続22万人超え、一方フレンド300人以上で起動不能の不具合も
BungieのアクションRPG『Destiny 2』。基本無料タイトルとして各機種で再ローンチを果たした同作の、Steam版初日の同時接続ユーザーが22.6万人を超えたことが明らかになりました。

これはSteam自体のデータによる発表。第三者によるSteamタイトルのプレイヤー数記録サイトSteamChartsでも確認可能です。なお、この値はSteam累計の同時接続ユーザー数ランキングTOP10には惜しくも届かない形。累計10位の『PAYDAY 2』はおよそ25万人となっています。

好評なローンチを果たした一方、同作ではSteam版での不具合も報告。キリル文字をSteamニックネームに使用しているユーザーのエラー報告があるほか、最大のものとして「Steamフレンドが300人以上の状態ではタイトルでクラッシュし、ゲームプレイが不可能」という内容が報告。Steamフレンドの多いユーザーはヘビーなゲーマーである可能性が高いことを踏まえれば、早急な修正が望まれるところでしょう。

Steamの仕様上、PC版については今後、具体的な同時接続ユーザー数が随時公開される同作。果たして、ユーザーの定着を図ることができるのでしょうか。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら