最新技術で名作が美しく…『DOOM』にニューラルネット技術利用の高解像Mod登場 | GameBusiness.jp

最新技術で名作が美しく…『DOOM』にニューラルネット技術利用の高解像Mod登場

昨今数多くの場面で利用されるニューラルネットワーク技術。画像の拡大にも大きな力を発揮する同技術を用い、id Softwareの名作『DOOM』を高解像にしたModが登場しました。

ゲーム開発 その他

昨今数多くの場面で利用されるニューラルネットワーク技術。画像の拡大にも大きな力を発揮する同技術を用い、id Softwareの名作『DOOM』を高解像にしたModが登場しました。

この「Doom NeuralUpscale 2x」では、「Nvidia GameWorks」の超解像機能と、画像拡大において大きな効果を発揮するTopaz Labsの「AI gigaPixel」を用い、解像度を8倍にしたテクスチャ・スプライトを、ドット絵風味を出すため2倍サイズにまで再縮小したグラフィックでゲームを行うことができます。


また、テクスチャは透明部分を手作業でクリンナップされており、拡大縮小時に透明部分に発生するエラーも削減されています。


一昔前を考えれば、2Dグラフィックのゲームの高解像度化は特別な才能や、高解像度のオリジナル原画が要求されるものでしたが、今後さらなる技術の進歩に伴い、多くの過去の名作を違和感ない高解像度で楽しめる時代が来るのかも知れません。


制作途上のグラフィック

「Doom NeuralUpscale 2x」Modはこちらのページよりダウンロード可能です。

最新技術であの名作が美麗に!『DOOM』にニューラルネット技術利用の高解像Mod登場

《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら