『Doom Eternal』では課金要素は存在しない―60ドルですべてが体験できるとディレクターが明言 | GameBusiness.jp

『Doom Eternal』では課金要素は存在しない―60ドルですべてが体験できるとディレクターが明言

シリーズ最新作『Doom Eternal』にはゲーム内ストアや通貨は一切存在しないことが明らかになりました。

ゲーム開発 その他
『Doom Eternal』では課金要素は存在しない―60ドルですべてが体験できるとディレクターが明言
  • 『Doom Eternal』では課金要素は存在しない―60ドルですべてが体験できるとディレクターが明言
  • 『Doom Eternal』では課金要素は存在しない―60ドルですべてが体験できるとディレクターが明言

ID Softwareが手掛けるシリーズ最新作『Doom Eternal』には、アイテム課金要素が存在しないことが分かりました。

これは同作ディレクターであるHugo Martin氏が、Facebook上でファンの質問に答えて明らかになったものです。発言内では「ゲームを60ドルで購入することでユーザーはすべての体験ができる」と言及。また、ゲーム内でアンロックできるコスメティック用アイテムはゲーム内XPを消費して獲得でき、その装備は「スキルや性能などに一切影響が起こらない」ことも明かしています。

『Doom Eternal』はPC/PS4/Xbox Oneで2020年3月26日に発売予定。ニンテンドースイッチ版の発売日はまだ明らかになっていません。
《Mr.Katoh@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら