SIEJA、「ゲーム機のプレゼント」に関する調査結果を発表─「ゲーム機を贈りたいor贈った人」は5割以上に | GameBusiness.jp

SIEJA、「ゲーム機のプレゼント」に関する調査結果を発表─「ゲーム機を贈りたいor贈った人」は5割以上に

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、日本国内でのゲーム機における購買および活用状況に関する調査データを公開しました。

市場 調査


ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、日本国内でのゲーム機における購買および活用状況に関する調査データを公開しました。

ゲームビジネスに特化したマーケティングリサーチ&コンサルティングファーム「ゲームエイジ総研」が行った今回の調査は、日本に在住する20~69歳のゲームをプレイした経験がある方(ゲームの所有非所有は問わず、一度でもプレイした経験がある方)4,669名を対象に、インターネットによるアンケートを実施。2017年12月6日から12月8日にかけ、国内のゲームに関する状況およびゲーム機活用状況を分析したものです。

その報告によれば、ゲーム機所有者がゲーム機をプレゼントとして「贈ってみたい」、「贈ったことがある」と回答した人は、5割以上という結果に。また、PlayStation 4を誰かのために購入したケースでは、女性が「配偶者のために」と回答したケースが28.4%と最も多く、「子どものために」を上回る結果になりました。

また、PS4をプレゼントとして贈る時期は「誕生日」「クリスマス」といった回答が5割を超え、「なにかを達成したごほうび」という回答も2割を占めています。記念日のプレゼントや頑張ったご褒美にPS4が贈られるケースが多い模様です。

この他にも、PS4の購入動機やゲーム以外のサービス利用割合などの調査報告も寄せられており、いずれも興味深い結果となっています。

◆ゲーム機所有者のうち5割以上が、ゲーム機をプレゼントとして「贈ってみたい」もしくは「贈ったことがある」と回答

※調査対象のうちゲーム機所有者を抜粋し、各年齢男女のバランスが均等になるように人数調整

「家庭用ゲーム機」のプレゼント意向について尋ねたところ「贈りたい」とした人は50.8%、「贈りたいと思わない」とした人は 49.2%となり、5割以上のゲーム機所有者がゲーム機を贈りたいとしていることがわかりました。また、30代では男女ともに5割を超えるプレゼント意向があり、若い世代でもプレゼントとしてゲーム機を贈りたいと考えていることがわかりました。




◆PS4をプレゼントとして贈りたい時期は「誕生日」、「クリスマス」との回答が5割以上、「なにかを達成したごほうび」にと回答した人も2割

※上記設問より、PS4のプレゼント意向がある方を抜粋し、本設問に進行(複数回答)

PS4のプレゼント意向がある方に、プレゼントしたい時期について尋ねたところ「誕生日」という回答が最も多く57.2%、「クリスマス」という回答が 56.8%、「何かを達成したごほうび」との回答が19.6%という結果になりました。



◆PS4所有者のうち、“誰のために購入したか”については「自分自身のため」との回答が最多、 次いで「配偶者のため」、「子どものため」と配偶者のためが子どものためを上回る。特に女性では「配偶者のため」が3割近くに

※調査対象のうち PS4所有者を抜粋し、本設問に進行(複数回答)

PS4所有者に、“誰のために購入したのか”という購入動機について尋ねたところ、「自分自身のため」との回答が最も多く86.7%。次いで「配偶者のため」との回答は17.5%、「子どものため」との回答は16.1%の順となりました。また、女性全体でみると、「配偶者のため」が28.4%、「子どものため」が21.9%となりました。自分自身でなく、他者に対するプレゼントでは「配偶者のため」が最も多く、特に妻が夫のために贈っているケースが多いことがわかりました。



◆PS4所有者のうちゲーム以外のサービスを利用したことがある人は4割以上。そのうち「YouTube」、「Amazon ビデオ」、「Hulu」などが多く利用されている

※調査対象のうち PS4 所有者を抜粋し、本設問に進行(複数回答)

PS4所有者に対してゲーム以外のサービスについて利用したことがあるかどうかについて尋ねたところ、「利用したことがある」と答えた人は43.8%で4割を超えました。その中で、動画・映像コンテンツ配信サービスである「YouTube」、「Amazon ビデオ」、「Hulu」などが多く利用されていることがわかりました(詳細な数字については非公表とさせていただきます)。




◆PS4購入動機は「欲しいゲームがリリースされたから」が7割以上、タイトルの充実が購買に繋がる結果に

※調査対象のうちPS4所有者を抜粋し、本設問に進行(複数回答)

PS4所有者に対して購入した理由について尋ねたところ、「欲しいゲームがリリースされたから」との回答が最も多く71.2%。次いで、「発売されるゲームのラインナップが充実しているから」との回答が31.9%、「能力・スペックが魅力的だから」との回答が27.3%という結果になりました。PS4の購入動機としてはタイトルのラインナップの充実に関する回答が主に挙げられ、タイトルの充実が最も購買に繋がることがわかりました





■調査内容
・調査名:ゲーム機の所有に関する調査
・調査期間:2017年12月6日(水)~ 12月8日(金) 3日間
・調査方法:インターネットアンケート
・調査主体:株式会社ゲームエイジ総研
・調査対象:全国の20~60代の男女4,669名(有効回答数)
《臥待 弦@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら