OnLive、iPadからWindows 7を利用するアプリが登場 | GameBusiness.jp

OnLive、iPadからWindows 7を利用するアプリが登場

その他 その他

OnLiveは、iPadからWindows 7環境を利用するアプリ『OnLive Desktop』を12日より提供開始すると発表しました。
  • OnLiveは、iPadからWindows 7環境を利用するアプリ『OnLive Desktop』を12日より提供開始すると発表しました。
  • OnLiveは、iPadからWindows 7環境を利用するアプリ『OnLive Desktop』を12日より提供開始すると発表しました。
  • OnLiveは、iPadからWindows 7環境を利用するアプリ『OnLive Desktop』を12日より提供開始すると発表しました。
  • OnLiveは、iPadからWindows 7環境を利用するアプリ『OnLive Desktop』を12日より提供開始すると発表しました。
OnLiveは、iPadからWindows 7環境を利用するアプリ『OnLive Desktop』を12日より提供開始すると発表しました。

OnLiveはクラウドとストリーミングの技術を有したスタートアップで、『OnLive Desktop』はクラウド上にあるWindows 7をインターネット経由で利用するアプリとなります。「Office」(Word、Excel、Powerpoint)や2GBのストレージも無料で提供されます。当初はiPadでのサービスですが、AndroidやMacにも広げていく計画。

Windows 7へのアクセスとOffice、2GBのストレージが利用できるスタンダードプランは無料での提供。ストレージが50GBになり、自由にアプリケーションを追加できるプロプランは9.99ドルで今後提供開始される予定。企業向けのエンタープライズプランや複数人での利用に最適化されたコラボレーションプランも計画しています。



OnLiveはゲーム機不要でクラウドストリーミングで高品質ゲームがどんな環境からでも遊べる「OnLive」サービスを米国で展開しています。今回の「OnLive Desktop」はそこで培ったストリーミングの技術を活かしたものと言えそうです。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら