定額ゲームサービス『Apple Arcade』発表―坂口博信氏の新作『FANTASIAN』を含む100タイトル以上を提供 | GameBusiness.jp

定額ゲームサービス『Apple Arcade』発表―坂口博信氏の新作『FANTASIAN』を含む100タイトル以上を提供

Appleは、ゲームのサブスクリプション(定額)サービス『Apple Arcade』を発表し、2019年秋より150ヵ国以上で提供開始されることを明らかにしました。

ゲーム開発 サーバー・ホスティング

Appleは、ゲームのサブスクリプション(定額)サービス『Apple Arcade』を発表し、2019年秋より150ヵ国以上で提供開始すると発表しました。

『Apple Arcade』は、定額を支払うことによって、『ファイナルファンタジー』シリーズの産みの親である坂口博信氏や、『Monument Valley』のケン・ウォン氏、『シムシティ』のウィル・ライト氏といった多数の著名クリエイターのオリジナル作品を含む、100タイトルを超える新作ゲームを楽しめるサービスです。クリエイター紹介動画内では、坂口博信氏の新作『FANTASIAN』も公開。


※日本語字幕付き動画はこちらのページから

広告やアプリ内課金が存在しないほか、家族6人までプランの共有が可能。さらに、すべてのゲームがオフラインでプレイ可能で、多くのゲームがゲームコントローラに対応しており、iPhone上で始めたゲームをiPad/Mac/Apple TV上で引き続きプレイすることもできます。

気になるラインナップタイトルは、現時点で『Sonic Racing』『Beyond a Steel Sky』『LEGO Brawls』『Oceanhorn 2: Knights of the Lost Realm』『Projection: First Light』『Enter The Construct』『The Pathless』などが明らかに。詳細はこちらをご確認ください。

■『Sonic Racing』

■『Beyond a Steel Sky』

■『LEGO Brawls』

■『Oceanhorn 2: Knights of the Lost Realm』

■『Projection: First Light』

■『Enter The Construct』

■『The Pathless』



(C)2019 Apple Inc. All rights reserved.
《茶っプリン@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら