CAベンチャーズ、スタートアップに特化したファンドを組成 | GameBusiness.jp

CAベンチャーズ、スタートアップに特化したファンドを組成

その他 その他

株式会社サイバーエージェントの連結子会社で投資育成事業・ベンチャーキャピタル事業を展開する株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズが、日本国内のスタートアップベンチャー企業への投資に特化したファンド「CA Startups Internet Fund 1号投資事業有限責任組合」を組成した。ファンド総額は20億円(予定)とのこと。

「CA Startups Internet Fund 1号投資事業有限責任組合」は、同社が主催するビジネスプランコンテスト「Startups」の受賞者やインターネットビジネスにおけるスタートアップベンチャーに投資を行う特化型ファンド。事業会社や投資家からの出資を募り、年内までに最大20億円までファンドを拡大する予定だ。

現在、同社は日本国内の投資活動において、スタートアップ企業への投資活動を最重要方針として取り組んでおり、新しいインターネットサービスの創造を目指すビジネスプランコンテスト「Startups」を年2回開催しているほか、投資先企業に対しインキュベーションオフィス「Startups Base Camp」を提供・運営している。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら