AI/人工知能ニュースまとめ | GameBusiness.jp

AI/人工知能に関するニュースまとめ一覧

AI/人工知能 最新ニュース

Read more
AIボットでゲームテストが夢…Xbox Game StudiosボスがAIテスター開発の必要性を語る 画像
ゲーム開発

AIボットでゲームテストが夢…Xbox Game StudiosボスがAIテスター開発の必要性を語る

Xbox Game Studiosのマット・ブーティ氏は同社のAI研究者に、人間にとって代わるAIのテスターを考えるように指示したといいます。

ゲーム制作にも革命を起こすか?高性能画像生成AI『Stable Diffusion』が無料でリリース 画像
ゲーム開発

ゲーム制作にも革命を起こすか?高性能画像生成AI『Stable Diffusion』が無料でリリース

AIの画像のみでのゲーム制作も話題になった技術が商用、非商用問わず無料で利用できます。

AIボイスチェンジャーソフト「Voidol」無償配布スタート!期間終了後も引き続き使用可能 画像
ゲーム開発

AIボイスチェンジャーソフト「Voidol」無償配布スタート!期間終了後も引き続き使用可能

ボイスチェンジャーソフト「Voidol - Powered by リアチェンvoice -」の3か月無料キャンペーン開始!

最新作にはエキスパートAIレーサー登場?Sony AIが『グランツーリスモ』開発Polyphony Digitalとのコラボを発表 画像
ゲーム開発

最新作にはエキスパートAIレーサー登場?Sony AIが『グランツーリスモ』開発Polyphony Digitalとのコラボを発表

Sony AIは過去に『グランツ―リスモ』に関連したAI研究を発表しています。

ゴールドやギルを現金化!? スクエニが目指す「ゲーム×トークンエコノミー」の未来とは 画像
企業動向

ゴールドやギルを現金化!? スクエニが目指す「ゲーム×トークンエコノミー」の未来とは

2022年元日、スクウェア・エニックスの松田社長は年頭所感を発表しました。その中で、今後の戦略的な新分野への挑戦として、ブロックチェーン技術によるトークンエコノミーを中心とした、自律的な分散型ゲームを標榜しています。

ストラテジーゲームの人工知能がテーマ!三宅陽一郎氏がゲストの「GDM Vol.52 Online」10月26日開催 画像
ゲーム開発

ストラテジーゲームの人工知能がテーマ!三宅陽一郎氏がゲストの「GDM Vol.52 Online」10月26日開催

今回はスクウェア・エニックスのリードAIリサーチャー・三宅陽一郎氏が登壇し、ストラテジーゲームの人工知能の歴史や現在の技術解説が行われます。

スクエニ三宅陽一郎氏がゲーム開発におけるAI技術論文で「2020年度人工知能学会論文賞」を受賞 画像
文化

スクエニ三宅陽一郎氏がゲーム開発におけるAI技術論文で「2020年度人工知能学会論文賞」を受賞

「ゲームAIに関する記念碑的論文になり得る内容」とされています。

キャラのセリフチェックや会話の自動生成などゲーム開発に役立つ5つのAIとは?「モリカトロンAIソリューション説明会2021」をレポート 画像
ゲーム開発

キャラのセリフチェックや会話の自動生成などゲーム開発に役立つ5つのAIとは?「モリカトロンAIソリューション説明会2021」をレポート

6月8日にオンラインにて行われた「モリカトロンAIソリューション説明会2021」について、レポートをお届けします。

衛星データから“もう1つの世界”を自動生成するAIが開発!第1弾として「東京都内の一部」を再現―VRゲームや映像制作へ活用も 画像
ゲーム開発

衛星データから“もう1つの世界”を自動生成するAIが開発!第1弾として「東京都内の一部」を再現―VRゲームや映像制作へ活用も

「宇宙×データ」をテーマとした研究開発を行うスペースデータ社は、衛星データと3DCG技術を活用してバーチャル空間に“もう1つの世界”を自動生成するAIを実験的に開発しました。

AIによる会話生成にアニメ制作サポートなど―モリカトロン、自社開発AIソリューションのオンライン説明会で特許出願中含む5種製品等をプレゼン 画像
ゲーム開発

AIによる会話生成にアニメ制作サポートなど―モリカトロン、自社開発AIソリューションのオンライン説明会で特許出願中含む5種製品等をプレゼン

モリカトロンは、自社が開発してきた特許出願中タイトルを含む、AIソリューションについてのオンライン説明会を、6月8日に開催すると発表しました。

将来的にAIが代わりにゲームをプレイしてくれるかも?米SIEが人工知能でゲームを制御するモードの特許を取得 画像
ゲーム開発

将来的にAIが代わりにゲームをプレイしてくれるかも?米SIEが人工知能でゲームを制御するモードの特許を取得

どこまでAIが手伝ってくれるようになるのでしょうか。

ロックスター・ゲームスがNPCのAIや行動を改善する技術の特許を出願していた―『GTA』新作に向けて開発か 画像
ゲーム開発

ロックスター・ゲームスがNPCのAIや行動を改善する技術の特許を出願していた―『GTA』新作に向けて開発か

果たして『GTA』新作ではどんな驚きが待っているのか。

「野田ゲー」がAI時代に革命を起こす!?『もじぴったん』の生みの親・後藤裕之氏の「ゲーム作り」を野田クリスタルさんが根掘り葉掘り聞いてみた! 画像
ゲーム開発

「野田ゲー」がAI時代に革命を起こす!?『もじぴったん』の生みの親・後藤裕之氏の「ゲーム作り」を野田クリスタルさんが根掘り葉掘り聞いてみた!

遂に始動した「スーパー野田ゲーPARTY」製作に向け、ゲームクリエイターの後藤裕之氏さんに野田さん自らお話を伺いました。

『StarCraft II』や『SpringRTS: 1944』などのRTSがDARPA主導の軍事AI研究計画に使用される 画像
文化

『StarCraft II』や『SpringRTS: 1944』などのRTSがDARPA主導の軍事AI研究計画に使用される

DARPAが「Gamebreaker」計画に『StarCraft II』や『SpringRTS: 1944』を使用していることを明かしました。

ゲームで培ったAI技術をエンタテインメント全般の領域へ「スクウェア・エニックス・AI&アーツ・アルケミー」設立発表 画像
企業動向

ゲームで培ったAI技術をエンタテインメント全般の領域へ「スクウェア・エニックス・AI&アーツ・アルケミー」設立発表

CTO取締役には三宅陽一郎氏が就任しています。

話題の『BLUE PROTOCOL』からキャラクターAIの作り方等を学ぶ…「GDM Vol.41 エンジニア向け勉強会」2月21日開催 画像
ゲーム開発

話題の『BLUE PROTOCOL』からキャラクターAIの作り方等を学ぶ…「GDM Vol.41 エンジニア向け勉強会」2月21日開催

ゲーム業界の様々な業種に携わるクリエイター達に学びの場を提供するイベント「Game Developers Meeting」。その「Vol.41 エンジニア向け勉強会」を2月21日に開催すると、株式会社ディー・エヌ・エーより新たに発表されました。

将来は視覚に問題を抱えたゲーマーでもゲームを楽しめる?海外ソフトにAI技術利用の実験的機能が導入 画像
ゲーム開発

将来は視覚に問題を抱えたゲーマーでもゲームを楽しめる?海外ソフトにAI技術利用の実験的機能が導入

視覚機能に問題を抱えたゲーマーも、技術進歩で将来ゲームを楽しむことができるかもしれません。

10代の青年が深層学習型の『CS:GO』チーター検知AIを開発、約一日の稼働で15,000人以上をBAN 画像
ゲーム開発

10代の青年が深層学習型の『CS:GO』チーター検知AIを開発、約一日の稼働で15,000人以上をBAN

ゲームプレイを分析し、チートや嫌がらせ行為を15,336件も確認。アイデアの発端はValveスタッフの公演だったのだそう。

Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリが開発中―写真からタイトルを自動識別 画像
ゲーム開発

Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリが開発中―写真からタイトルを自動識別

家庭用アーケードマシンを手掛けているDream Arcadesは、Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリ「CART」の開発を進めていることを明らかにしました。

AIはいつか人の感情すら動かせるようになる…マイネットが見据える「DOMO」を活用したデータ・ドリブンなゲーム運営とAIの未来 画像
ゲーム開発

AIはいつか人の感情すら動かせるようになる…マイネットが見据える「DOMO」を活用したデータ・ドリブンなゲーム運営とAIの未来

AIはいつしか人の感情を予測・誘導できるようになる…そう語るのはマイネット執行役員でmynet.ai代表取締役社長 CEOの梅野真也氏です。ゲームとAIの未来、そして「DOMO」を活用したデータドリブンなゲーム運営について、その展望を伺いました。

  • 104件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ