Gearboxが『Duke Nukem 3D』の楽曲使用の問題に関して作曲者と和解したことを発表 | GameBusiness.jp

Gearboxが『Duke Nukem 3D』の楽曲使用の問題に関して作曲者と和解したことを発表

作曲者が楽曲と効果音の使用に合意。

その他 事件
Gearboxが『Duke Nukem 3D』の楽曲使用の問題に関して作曲者と和解したことを発表
  • Gearboxが『Duke Nukem 3D』の楽曲使用の問題に関して作曲者と和解したことを発表
  • Gearboxが『Duke Nukem 3D』の楽曲使用の問題に関して作曲者と和解したことを発表


Gearbox Softwareは、2019年10月に伝えられていた『Duke Nukem 3D: 20th Anniversary World Tour』における楽曲使用の問題に関して、作曲家のBobby Prince氏との和解に至ったことを発表しました。


この問題はGearboxが『Duke Nukem 3D』の20周年記念版である『Duke Nukem 3D: 20th Anniversary World Tour』をリリースする際、楽曲の使用許可をとらなかったとして作曲者のBobby Prince氏が同社を訴えたというもの。


今回の和解の条件は明かされていないものの、3D RealmsはGearboxに『Duke Nukem』のIPを売却した際、Bobby Prince氏のライセンスを見落としてしまったことを認めています。また、Bobby Prince氏は問題の解決を喜ぶとともに、『Duke Nukem 3D: 20th Anniversary World Tour』に同氏の手がけた楽曲と効果音を残すことで合意したと伝えました。


『Duke Nukem 3D: 20th Anniversary World Tour』トレイラー


これにて一件落着の『Duke Nukem 3D: 20th Anniversary World Tour』はWindows(Steam)/PS4/Xbox One(海外)/ニンテンドースイッチを対象に配信中です。

《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら