『フォートナイト』開発元、海外YouTuberを提訴―チート紹介・販売のため | GameBusiness.jp

『フォートナイト』開発元、海外YouTuberを提訴―チート紹介・販売のため

人気バトルロイヤルシューター『フォートナイト』。同作の開発・運営を行うEpic Gamesがチートツールの紹介・販売などを行うYouTuberらに対し著作権侵害訴訟を提起したことが明らかになりました。

その他 事件
人気バトルロイヤルシューター『フォートナイト』。同作の開発・運営を行うEpic Gamesがチートツールの紹介・販売などを行うYouTuberらに対し著作権侵害訴訟を提起したことが明らかになりました。

VarietyEngadgetなどの報道によれば、今回訴訟を提起されたのは170万人ほどのチャンネル登録者を持つYouTuber「Golden Modz」ことBrandon Lucas氏ら2名。Lucas氏は投稿映像において「魔法の力」などと称し、自身が運営すると思しきウェブサイトへ顧客を誘導、チートツールの販売を行っていたと見られています。

これに対しEpic Gamesは氏の映像の削除要請を行うと共に、不正ソフトウェアのコードを『フォートナイト』内に導入する行為が著作権法違反であるとしLucas氏及びパートナーの「Exentric」Colton Conter氏の両名を訴えたとのことです。

一連のEpicの動きに対しLucas氏は「Epic Gamesによって差別を受けていると感じる」とコメント。自身はYouTube動画を作っているただの子供であり、多くの人が映像を楽しんでいるとしました。また、氏は訴えを受ける以前に投稿した映像において、多くの他のYouTuberが同様の行為を行っており、自身の行動を問題視していない旨を語っています。

果たして事態は今後どのように推移するのでしょうか。今後の『フォートナイト』のチート対策を占う上でも注目が集まる所です。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら