海外メーカーがセガレトロハード“公認”周辺機器を開発中―第1弾はPCにも対応のコントローラーか | GameBusiness.jp

海外メーカーがセガレトロハード“公認”周辺機器を開発中―第1弾はPCにも対応のコントローラーか

様々なレトロハードの互換周辺機器の制作を行う海外メーカーRetro-Bitは、セガと公式なパートナーシップを結んだことを明らかにし、セガのレトロハード用の周辺機器を開発中であると発表しています。

市場 海外市場

様々なレトロハードの互換周辺機器の制作を行う海外メーカーRetro-Bitは、セガと公式なパートナーシップを結んだことを明らかにし、セガのレトロハード用の周辺機器を開発中であると発表しています。

具体的にどのようなデザインの、どういった内容の周辺機器が登場するのかは明らかになっていませんが、Retro-Bitでは、メガドライブ・セガサターン・ドリームキャストやそれ以外のハード向けの周辺機器を、セガ公式と同等のクオリティで作っていくとしています。


Retro-Bitのマーケティングを担当するKris Mendez氏は、この発表について「セガと協力して、メガドライブ・セガサターン・ドリームキャストのコントローラーをお届けする」と発言しており、まずはコントローラーが市場に登場することになる模様です。なお、アナウンスでは周辺機器について「USBやBluetoothでPCにも対応」と明言されており、PCゲーマーにとっても嬉しい所ではないでしょうか。

詳細な製品については2018年1月9日よりラスベガスにて開催されるCES2018の中で公開されるとのことです。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら