『BF』シリーズ開発元のお蔵入りメガドラゲーム『Hardcore』が新型互換機「Mega SG」に内蔵へ! 25年越しのリリース | GameBusiness.jp

『BF』シリーズ開発元のお蔵入りメガドラゲーム『Hardcore』が新型互換機「Mega SG」に内蔵へ! 25年越しのリリース

『バトルフィールド』シリーズで知られるDICEのお蔵入りタイトル『Hardcore』が、新型メガドライブ互換機「Mega SG」に内蔵されることが明かされました。

文化 レトロゲーム

『バトルフィールド』シリーズの開発元で知られるDigital Illusions(DICE)が1990年代にメガドライブ向けとして開発したものの、完成直前でお蔵入りとなってしまった『Hardcore』ですが、ハードウェアメーカーAnalogueは昨年10月に発表したメガドライブ互換機「Mega SG」に本作を内蔵することを明らかにしました。


唯一残されていたソースコードが死んだハードドライブからかろうじて救出され、復活を遂げたという『Hardcore』。25年越しのリリースということで、多くの関係者やファンが喜んでいるのではないでしょうか。互換機「Mega SG」は2019年4月に出荷予定です。




なお、『Hardcore』はPS4/PSVita向けにもリリースされることが決定しています。
《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら