愛知県一宮市、『ポケモンGO』開発会社にシステム変更要望―「ポケGOながら運転」の死傷事件を受けて | GameBusiness.jp

愛知県一宮市、『ポケモンGO』開発会社にシステム変更要望―「ポケGOながら運転」の死傷事件を受けて

その他 事件

愛知県一宮市、『ポケモンGO』開発会社にシステム変更要望―「ポケGOながら運転」の死傷事件を受けて
  • 愛知県一宮市、『ポケモンGO』開発会社にシステム変更要望―「ポケGOながら運転」の死傷事件を受けて
愛知県一宮市は、36歳の男が『ポケモンGO』をしながらトラックを運転し、小学4年生の男の子をはねて死傷させた事件を受けて、同作の開発会社であるナイアンティックにシステムの変更を求める要望書を送ると発表しました。CBCテレビ等が報じています。

11月4日に行われた一宮市の会見で、同市の中野市長は、道路上では車の運転中に限らず、歩行中でも速度に応じて『ポケモンGO』の操作ができなくなるよう、ナイアンティックにシステムの変更を要望すると明らかにしました。また市長は、『ポケモンGO』に対して、「今回事故を起こしたトラックなど大型車両では、低速移動の場合でも大変危ない。是非、アプリ開発・運営会社それぞれで、この問題について考えてほしい」とも述べています。
《真ゲマ》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら