Win 10“クリエーターズアップデート”でゲーム動画配信機能が実装―XB1でも利用可能 | GameBusiness.jp

Win 10“クリエーターズアップデート”でゲーム動画配信機能が実装―XB1でも利用可能

その他 その他

Win 10“クリエーターズアップデート”でゲーム動画配信機能が実装―XB1でも利用可能
  • Win 10“クリエーターズアップデート”でゲーム動画配信機能が実装―XB1でも利用可能
  • Win 10“クリエーターズアップデート”でゲーム動画配信機能が実装―XB1でも利用可能

10月27日に発表された、2017年初頭に行われる予定の、Windows 10次期メジャーアップデート“クリエーターズアップデート”。4kゲーミングへの対応を謡うこのアップデートでは、ゲーム動画のストリーミング機能も組み込まれる模様です。

Xbox Wireにて発表されている内容によれば、この機能は8月にマイクロソフトが買収した、ゲーム動画のストリーミングサービス「Beam」を用いています。既にWindows 10には、Windowsキー + Gキーにて起動する“ゲームバー”と呼ばれるゲーム画面の録画・キャプチャ機能が搭載されており、このストリーミング機能は同機能を拡張するもの。時期は不明ですが、Xbox Oneでもストリーミング機能は利用可能となるとのことです。


また、ユーザーによるトーナメント機能を実装する“Arena on Xbox Live”も“クリエーターズアップデート”によってWindows 10へともたらされるようです。
《Arkblade》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら