CryEngine 3、米国のバーチャルトレーニングシステムで採用される | GameBusiness.jp

CryEngine 3、米国のバーチャルトレーニングシステムで採用される

その他 その他

米陸軍は新たに発表した『Dismounted Soldier』と呼ばれるバーチャルトレーニングシステムの開発に、ドイツのCrytekのゲームエンジン「CryEngine 3」を採用したとのこと。同エンジンは『Crysis 2』などで知られます。

『Dismounted Soldier』は通常の作戦だけでなく、偶発的な衝突や、平和維持活動まで幅広いシナリオを導入したトレーニングシステムで、攻撃だけでなく、守備や市民のサポートなどにも対応します。開発には5700万ドル(約50億円)が投じられ、SIerのIntelligent Decisionsがプロジェクトを主導します。



公開された映像では非常にクオリティが高いことが分かります。実際のトレーニングでは、ヘッドトラッキングやステレオスピーカー、マイクなどを内蔵した特製のVRヘルメットを着用し使用し、より実際の戦場に近い感覚を実現するとのこと。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら