マッチロックのエフェクト制作ミドルウェアが『機動戦士ガンダム 戦場の絆 REV.3』に採用 | GameBusiness.jp

マッチロックのエフェクト制作ミドルウェアが『機動戦士ガンダム 戦場の絆 REV.3』に採用

シリコンスタジオ傘下のマッチロックは、同社のエフェクトツール&ミドルウェア「BISHAMON」が、バンダイナムコゲームスの『機動戦士ガンダム 戦場の絆 REV.3』の開発に採用されたと発表しました。

その他 その他
シリコンスタジオ傘下のマッチロックは、同社のエフェクトツール&ミドルウェア「BISHAMON」が、バンダイナムコゲームスの『機動戦士ガンダム 戦場の絆 REV.3』の開発に採用されたと発表しました。
  • シリコンスタジオ傘下のマッチロックは、同社のエフェクトツール&ミドルウェア「BISHAMON」が、バンダイナムコゲームスの『機動戦士ガンダム 戦場の絆 REV.3』の開発に採用されたと発表しました。
  • シリコンスタジオ傘下のマッチロックは、同社のエフェクトツール&ミドルウェア「BISHAMON」が、バンダイナムコゲームスの『機動戦士ガンダム 戦場の絆 REV.3』の開発に採用されたと発表しました。
  • シリコンスタジオ傘下のマッチロックは、同社のエフェクトツール&ミドルウェア「BISHAMON」が、バンダイナムコゲームスの『機動戦士ガンダム 戦場の絆 REV.3』の開発に採用されたと発表しました。
シリコンスタジオ傘下のマッチロックは、同社のエフェクトツール&ミドルウェア「BISHAMON」が、バンダイナムコゲームスの『機動戦士ガンダム 戦場の絆 REV.3』の開発に採用されたと発表しました。

「BISHAMON」は、爆発や閃光、立ち上る黒煙や煙幕などの3Dエフェクトのクオリティ強化と開発効率の向上を目的に採用されたとのこと。

「BISHAMON」は3D空間のエフェクトを制作できるツール&ミドルウェアで、制作できるエフェクトは爆発、砂埃、火花、水しぶきなどはもちろん、雲やオーロラなどのアニメーションする背景の一部、ビームやオーラなどのアニメ的表現、UIのグラフィックなど多岐に渡ります。また、直感的な日本語インターフェイスによりプログラム技術を持たないデザイナーでも複雑な制御のエフェクトを容易に制作できます。また、立体視出力でのプレビュー、ソフトパーティクル、法線マッピングなどの高度な技術や、最先端技術であるGPUパーティクルにも対応します。

(画像はBISHAMONで制作できるエフェクトの一例)
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら