タブレット端末、最も多い用途は「ゲーム」 | GameBusiness.jp

タブレット端末、最も多い用途は「ゲーム」

その他 その他

グーグル傘下のAdmobが発表した調査結果によれば、iPadなどのタブレット端末の主な用途はゲームや情報の検索だそうです。

調査は3月に米国で行われ、1430人の回答を得ました。

それによればタブレット端末の用途として多いのは、ゲーム(84%)、情報の検索(78%)、Eメール(74%)、ニュース閲覧(61%)、SNS(56%)、音楽や動画の鑑賞(51%)、電子書籍の閲覧(46%)、ショッピング(42%)といった行動でした。

利用環境としては圧倒的に家(82%)という回答で、外に出る際(11%)や仕事で(7%)というのは少数派でした。利用時間では夜間(62%)が日中(38%)を上回り、使う曜日では平日(69%)が週末(31%)を上回りました。

タブレット端末を主要なPCとして利用しているのは28%とそう多くありませんでしたが、全体の77%はタブレット端末を購入してからPCの利用時間が減少したとしています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら