ゼニマックスが『DOOM』や『QUAKE』で知られるid Softwareを買収 | GameBusiness.jp

ゼニマックスが『DOOM』や『QUAKE』で知られるid Softwareを買収

『Fallout 3』や『The Elder Scrolls IV: Oblivion』など近年その存在感を増しているベセスダソフトワークスの親会社であるゼニマックスメディアは、『DOOM』や『QUAKE』で知られる老舗デベロッパー、id Softwateの買収を完了したと発表しました。id Softwareが開発する

その他 その他
『Fallout 3』や『The Elder Scrolls IV: Oblivion』など近年その存在感を増しているベセスダソフトワークスの親会社であるゼニマックスメディアは、『DOOM』や『QUAKE』で知られる老舗デベロッパー、id Softwateの買収を完了したと発表しました。id Softwareが開発する『RAGE』など今後のタイトルはベセスダから発売になるとのこと。

id Softwareは1991年に設立。『Wolfenstein 3D』に始まり、『DOOM』や『QUAKE』といったFPSの第一世代に当たるタイトルを送り出し、その生みの親であるジョン・カーマックと共に広く知られるデベロッパーとなりました。idは買収後も創業者であるジョン・カーマック氏の指揮の下でゲーム開発を続けるとのことです。

id SoftwareのCEOであるTodd Hollenshead氏は「ユニークなパートナーシップであり、ベセスダのような素晴らしいパブリッシャーと組めることを楽しみにしています。これによりidは更なる成長のための財政的、ビジネス的なバックボーンを得ることになります」と述べています。

ゼニマックス創業者のRobert Altman氏は「私達は多くの皆さんと同様にidを世界で最も優れたゲームスタジオの1つだと考えています。彼らは素晴らしいゲームの開発と商業的な成功を繰り返し収めてきました。私達はidが今後もAAAタイトルを生み出し、成功するためにあらゆるリソースを提供するつもりです」とコメントしています。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら