リアル建築家が作った、パリ再開発シム『The Architect: Paris』―建築家として、街づくりゲームでどんな建物を建てるか決められないのが不満だった【開発者インタビュー】 | GameBusiness.jp

リアル建築家が作った、パリ再開発シム『The Architect: Paris』―建築家として、街づくりゲームでどんな建物を建てるか決められないのが不満だった【開発者インタビュー】

パリはとても綺麗で楽しい街です。コロナが終息したら旅行にも行きたいですね!

ゲーム開発 インディー
リアル建築家が作った、パリ再開発シム『The Architect: Paris』―建築家として、街づくりゲームでどんな建物を建てるか決められないのが不満だった【開発者インタビュー】
  • リアル建築家が作った、パリ再開発シム『The Architect: Paris』―建築家として、街づくりゲームでどんな建物を建てるか決められないのが不満だった【開発者インタビュー】
  • リアル建築家が作った、パリ再開発シム『The Architect: Paris』―建築家として、街づくりゲームでどんな建物を建てるか決められないのが不満だった【開発者インタビュー】
  • リアル建築家が作った、パリ再開発シム『The Architect: Paris』―建築家として、街づくりゲームでどんな建物を建てるか決められないのが不満だった【開発者インタビュー】
  • リアル建築家が作った、パリ再開発シム『The Architect: Paris』―建築家として、街づくりゲームでどんな建物を建てるか決められないのが不満だった【開発者インタビュー】
  • リアル建築家が作った、パリ再開発シム『The Architect: Paris』―建築家として、街づくりゲームでどんな建物を建てるか決められないのが不満だった【開発者インタビュー】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Enodo Games開発、PC向けに10月1日に正式リリースされたパリ再開発シミュレーション『The Architect: Paris』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、フランスの首都パリを自分好みに再開発できる建設シミュレーション。中世風や近未来風など、自分が思い描くパリを作るために建物を建設し、天候や時間帯を調整することで、思い通りの写真や動画を撮ることが可能です。記事執筆時点では日本語未対応。

『The Architect: Paris』は、1,840円で配信中


――まずは自己紹介をお願いします。一番好きなゲームは何ですか?

Jean-Baptisteゲームが大好きな建築家のJean-Baptisteです。特に一番好きなゲームやジャンルと言ったものはありませんが、多くの4Xと呼ばれるゲームをよく遊んでおり、中でも『シヴィライゼーション』シリーズが好きですね。以前は『Mass Effect』が大好きでしたし、最近だと『DEATH STRANDING』にどハマりしてました。 

――本作はなぜ開発が始まったのですか?

Jean-Baptiste私は建築家ですので、都市建設ゲームをプレイしていても、どんな建物を建てるか決められないことにとても不満がありました。大抵の場合、これらのゲームでプレイヤーの役割は建物を建てることではなく、様々な「数値」を管理することです。確かに実際に都市を作るのにおいて、このようなことは重要なのかもしれませんが、そこに実際に建つ建物もそれと同じぐらい重要なはずです。

――本作の特徴を教えてください。

Jean-Baptiste既に誰もが知っている大都市を自分の手で作り変えることができる、と言うのが本作の特徴です。世界で最も美しい都市の一つと言われるパリに、建築家として手を加えることができ、様々な案を試してみることができるのです。本作はまた、建物、地区、都市という様々なスケールのものを一度に扱う唯一のゲームでもあります。

――本作はどんな人にプレイしてもらいたいですか?

Jean-Baptiste『The Sims』をプレイする際、シムたちと遊ぶよりも彼らの家の方により多くの時間を使うような人に遊んで欲しいですね。そのような方達は、都市建設ゲームをプレイする際、都市のマネジメントなんかよりもModの導入の方が好きでしょうね。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Jean-Baptisteインスピレーションを受けた主なゲームは、『Townscaper』『ISLANDERS』そしてもちろん『Cities: Skylines』です。

――本作の日本語対応予定はありますか?有志翻訳は可能ですか?

Jean-Baptiste本作の翻訳は現時点ですべてコミュニティによって行われており、残念なことにまだ本作を翻訳していただける日本人プレイヤーの方は現れていません。もし本作を気に入っていただけましたら、ぜひメールでご連絡ください。一緒に日本語化しましょう!

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Jean-Baptiste1回目のロックダウンはほぼ問題なく乗り越えられました。2回目は仕事の仕方という面だけでなく、開発チームメンバーのやる気という面でも、1回目よりかなり大変でした。このような状況下において、私たちのような小さなチームが活動するには困難がつきまとうのです。しかし、私たちはこれもなんとか乗り越えることができ、とても誇りに思っています。

――本作の配信や収益化はしても大丈夫ですか?

Jean-Baptiste大丈夫です!

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Jean-Baptiste他の国の文化がフランスにどんな建物を作り出すのか、とても興味があります。本作はプレイヤーたちの交流や協力の上に成り立っているゲームです。日本のプレイヤーの皆さんが、どのようなノウハウやビジョンを本作に持ち込み、このバーチャルパリをユニークな都市にしていくのか、とても楽しみです。

――ありがとうございました。

◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に500を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。
《Chandler@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら