これからのファンエンゲージメント醸成に必要なノウハウとは?アプリボットとシタテルが2月17日にセミナーで披露 | GameBusiness.jp

これからのファンエンゲージメント醸成に必要なノウハウとは?アプリボットとシタテルが2月17日にセミナーで披露

IPを活用してファンエンゲージメントを高める施策とは?アプリボットの新しい取り組みやグッズの果たす役割についての無料セミナーが2月17日にオンラインで開催されます。

その他 イベント
これからのファンエンゲージメント醸成に必要なノウハウとは?アプリボットとシタテルが2月17日にセミナーで披露
  • これからのファンエンゲージメント醸成に必要なノウハウとは?アプリボットとシタテルが2月17日にセミナーで披露
  • これからのファンエンゲージメント醸成に必要なノウハウとは?アプリボットとシタテルが2月17日にセミナーで披露
  • これからのファンエンゲージメント醸成に必要なノウハウとは?アプリボットとシタテルが2月17日にセミナーで披露

シタテルは、「IPコンテンツ活用事例 エンタメ業界でファンエンゲージメントを高める手法とは」と題したオンラインセミナーを、2021年2月17日に開催すると発表しました。

アプリボットと共同開催する本セミナーでは、アプリボットのMD事業部で事業部長を務める森将大氏と、シタテルの新市場サービス部 部長の林田拓郎氏を登壇者に、様々なメディアから日々生み出されている魅力的なキャラクターやコンテンツなど、IP(知的財産)を活用したファンエンゲージメントの向上を、具体的な事例を挙げながら講演する内容となっています。

ウェビナー詳細、視聴登録はこちら

IPコンテンツ活用事例 エンタメ業界でファンエンゲージメントを高める手法とは


セミナー概要

日々さまざまなメディアから誕生しているキャラクターや、そのキャラクター独自のストーリー・世界観は、多くの人々を熱狂させ、ファンを生みだしています。そのなかで企業側では、顧客との接点や、よりよい顧客体験の提供、さらには顧客・ファンのエンゲージメント向上の施策のひとつとして、キャラクターやコンテンツなどのIP(知的財産)を活用したビジネスを強化しています。

そこで今回は、魅力的なキャラクターやコンテンツをうまく活用し、自社サービスの成長に結び付けるという、新たなアプローチを仕掛けるアプリボット社 MD事業部 事業部長の森氏をお迎えし、取り組みの狙いや、IP(知的財産)を活用する際のポイントについて、具体的な事例をご紹介しながらお伝えいたします。

●こんな方におすすめ
  • IP(知的財産)事業関連の経営者様、事業責任者様、現場ご担当者様
  • エンタメ業界のマーケティングご担当者様



開催日時

2021年2月17日(水)15:00~16:00
※お申し込み締め切りは2021年2月16日(火)12:00までです。

セミナー内容

  • アプリボット社の取り組み
  • IP(知的財産)コンテンツを活用したファンエンゲージメントを高めるポイント
  • グッズの果たす役割について
  • これからのゲームビジネスにもとめられること
  • Q&A

イベント形式

zoomによるオンラインセミナー

登壇者の紹介(敬称略)


森将大


  • アプリボット/MD事業部/事業部長
  • 2014年、サイバーエージェントに新卒入社。スマートフォンアプリを開発する子会社に出向し、プロジェクトマネージャー、プロデューサーとして複数案件に従事。
  • 2020年、サイバーエージェントグループであるアプリボットに異動。同年に新設されたMD事業部/事業部長に就任。

林田拓郎


  • シタテル/新市場サービス部/部長
  • 2011年、NTTコミュニケーションズ入社。組織再編後の業務設計やグローバルIP-VPNプリセールス等に従事。
  • 2015年にアクセンチュアに入社し、新規事業立ち上げやDX事業推進コンサルティングに従事。
  • 2019年10月、シタテル入社。2020年3月より新市場サービス部 部長に就任し、企業やD2Cブランド、アニメ・ゲーム・スポーツ等、多岐に渡る事業領域およびパートナー戦略を統括。
《Ten-Four》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら